心を整える.

 おはようございます.工学部 化学・バイオ工学科 学部4年,はたはたなまはげきりたんぽの河村一朗です.今更ですが,僕は秋田市出身なので,きりたんぽ鍋の地域でもなければ,なまはげの地域でもないです.僕の地域では“やまはげ”という神様がいます.神様ですよ,鬼ではないですからね(本当です).

 ついこの間,大学に入学したような気がするのですが,もう半年で卒業と思うと,感慨深いです.あっという間でしたね.光陰矢の如しですね(去年も同じこと書いたな).

 最後のブログにも関わらず,残念ながら(いつも通り)すべらない話は持ち合わせていないので,また本の紹介でもしようかなと思います.風の谷のナウシカ,The Secretに続いて,今回は日本代表主将,長谷部誠選手が執筆した“心を整える.”です.

 この,“整える”という感覚,僕としては非常に共感を覚えます.普通のことを着実に,丁寧に,そして“普通に”やるということがいかに大切か,それを実行するためにどうするかを教えてくれる本です.先日,研究室の先生から「“普通より少しいい自分”を毎日続けていると,それが普通になります.」というお言葉をいただきましたが,つまりそういうことです.「日を追うごとに“普通”の基準が上がっていく」と言うと分かりやすいでしょうか.…話が飛躍しましたね.二つの話を繋げて,僕の伝えたいことに話を持っていくつもりでしたが,僕の文章力では無理でした.ブログなので許してください.

 何が言いたいかというと,東北大学は一昨年に1部へ昇格して2年連続で1部残留となったので,僕が入部した頃は2部リーグで昇格争いをしているのが“普通”でしたが,おそらく今の1,2年生にとっては1部リーグで残留争いをしているのが“普通”だと感じているだろう,ということです.是非,数年後には,全国大会出場を目標としてリーグ戦上位をうろうろしているのが“普通”なチームになっていてくれると嬉しいですね.応援してます.

 …なんか,終わりそうな雰囲気になりましたが,遺言なのでもう少し書きます.

 今まで,数多くの先輩方の遺言(引退の言葉)を聞いてきましたが,最も心に残っているのは樫村涼平さん(2014年度主将,僕が1年生のときに4年生だった先輩)の,「ぜひ,両親に感謝の気持ちを言葉で伝えてください.」という遺言です.最も心に残っているので,後輩たちに伝えます(特にエピソードはありません).

 最後になりましたが,この4年間,たくさんの方にお世話になりました.児島監督をはじめ,部の仲間,先輩方,OB会の方々,亀井先生,斎木先生,体育部,学生支援課,サッカー協会,大学連盟,公式戦会場の管理者の方,ユニフォームを提供してくれる企業等々,挙げたらきりがありません.また,両親には,サッカーのみならず,私生活の様々な面でもたくさん支えてもらいました.ありがとうございました.この場を借りてお礼を言いたいと思います.

 後輩の皆さんへ.東北大学蹴球部は,想像の何倍もの方々に支えられています(昨年度,会計を担当しているときに幾度となく体感しました).そういった方々への感謝を忘れず,“Enjoy Football”を体現してほしいと思います(まさか僕の長年の信条を書いただけの雑な案が部全体の理念になるとは驚きでしたが,嬉しい限りです).僕は,東北大学は全国大会に出場できると本気で思っています.近い将来,それが現実になることを楽しみにしています.

 次回は佐久間(兄)です.飯岡の言う通り,楽しさの欠片も無いブログになってしまいましたが,明日は面白さも深さも半端ないブログを書いてくれると思います.英語の勉強もしたいので,英文のブログも一緒に書いてくれると嬉しいなあ.

それでは.Enjoy Football !!

染まらない白(髪)

こんばんは。法学部4年の飯岡です。
ブログリレー3日目です。
そろそろ飽きたかもしれませんが、ごめんなさい。実はまだ序盤です。

今日はみなさん芋煮会だったようですね。残念ながら僕は参加できませんでした。
醤油味だったのかな。味噌味だったのかな。
ちなみに僕は味噌が好きです(1回しか食べたことないけど)。
行きたかったなあ。広瀬川で水切りしたかったなあ。

さて、ここから本題(?)です。

今日のテーマは、こちら。

題して「飯岡が思う。学生生活これだけは気をつけよう!3か条」!!

惹かれなかった人は静かにスマホのホームボタンを押してください。

では、続けます。

一「バイトはほどほどに…」
ある一人の男の物語を紹介します。
彼は、週5(6)バイト、週5で1限、週6部活の生活を送っていました。
「おれ、毎日1限通ってるんだぜ!」とイキっていたその男は、英語の期末試験で初の寝ブッチをかまし、落単したそうです。
再履するはめになった彼が、次のセメスターから徐々に学校に出現しなくなったことは言うまでもありません。
それでも飽き足りない彼は、部活の大事な新歓を、バイトを理由にブッチし、いろんな方から盛大なバッシングを受けたそうな。ああ、懐かしいなあ!!(ごめんなさい)

二「マネさんと仲良くしよう!」
これめちゃめちゃ大事です。
たしかあれは前回のブログのこと。ついつい僕はS山ネキをいじってしまいました。
後日、練習の際にグラウンドに到着すると、秒で「あれはひどい!ビエエエーン(;_;)」と猛烈な抗議。それだけならまだしも、後輩マネさんにも大ブーイングをくらってしまいました。
これにはさすがの僕も反省し、家で一人涙を流したものです(?)

そして最近。どうやら反省が足りなかったようで、同じ轍を踏んでしまいました。
お食事会で、愛のあるいじりをかましてしまったのですが、空気はありえんくらい凍りつきましたね。
自分で作り出しといて言うのもなんですが、めちゃ怖かったです。
みなさん、大丈夫だとは思いますが気をつけてください…。

三「絶対になるなよ?お腹ポッコリマン」
ぼくの身体を思い出してみてください。だらしないと思いませんか(?)
私を反面教師として、くれぐれも食生活には気をつけてください。
サッカー部には、ちゃんと筋トレをして栄養バランスも気にしている人はいるようなので、ぼくもちゃんと学ぶべきだったなあと思っています。

そんな僕は、とにかく不摂生でした。
某牛丼チェーン店で夜勤をしたときは、牛カルビ丼大盛り(1081kcal)を深夜3時にバクバク食っていました。いま考えると意味が分かりません。
さらに、1年ほど前、晩酌に猛烈にはまってしまった時期があり、これがもうめちゃくちゃよくないです。コンディションが悪くなるのが自分で分かります。やめましょう。
練習中にミスをし、F本洸太選手に「おい!デブ!」と罵られた時は、ガクガク足が震え、驚愕しました。
己が「デブ」であるとしっかり自覚している自分に。

ちなみに、当時の僕の趣味は「空き缶積み」です。これはまあ楽しい。
ある日、玄関に乱雑に置かれた空き缶を眺めていた僕は、急に積み上げたくなってしまいました。
イスに乗ってまで缶を必死に積み上げる男子大学生(22)。もう見てられませんね。
(自己最高記録は19本。よかったら挑戦してみてください。)

これで、終わりです!

 

と、思ったんですが、サッカーの話を全然していないので最後にちょっとは真面目なことをいわせてください…。長くなってすみません。

みなさん、今年は“やりきった!”って言えますか?

残念ながら、僕はやりきったと胸を張って言える年にはできませんでした。

チームとしては、シーズン当初から掲げた目標を達成し、充実した1年だと言えます。
僕もうれしかったです。

ただ、一方で、試合に出ているメンバーを見ながら悔しいなあと思う自分がいたのも事実です。
チームにこれだけ多くのの人がいれば、みんなそれぞれさまざまな想いがあると思います。

正直、ぼくとしては、後輩のみなさんにいい姿を見せられる先輩ではなかったのかなと思います。
スタメンを見れば、4年は2人、いても3人。僕はその中に入ることすらできませんでした。
昨年の先輩方に比べれば、後輩のみなさんを引っ張る姿を残念ながら見せられませんでした。

でも、個人個人なにかを見せようと頑張っていたはずです。
ぼく個人のテーマで言えば、とにかく声を出す、元気よくプレーする。これです。
サッカーがうまい方ではないので、これだけは意識しました。

現役のみなさんにはまだまだチャンスがあります。
精一杯がんばってみてください。
ふざけた大学生活を送ったやつが何言ってんだって感じですが、これが4年間を終えての僕の想いです。
ほんとに期待しています!がんばってください!!
4年間ありがとうございました。

これでほんとに終わりますが、最後に、最後に一言だけ言わせてください。

ぼくはE岡ではなく、I岡です。(どうでもいいわ)

明日は、はたはたなまはげきりたんぽ河村一朗くんです。真面目なことを書いてくれるんだろうなあ。お楽しみに!

連絡はお早めに

こんにちは.工学部電気情報物理工学科4年の三橋です.

遺言ブログ2日目ですね.遺言ブログはいつもと違って毎日更新していく予定です.

昨日下書きを書いておき,朝学校に行ったら更新しようと思っていたのですが,バイト終わりにブログを見たらまさかのネタ指定があったので,下書きが全部吹っ飛びました.

駒形くんからのネタ縛りは2回目ですが今回もやってくれましたね.何の事かわからない人はあたまを柔らかくして考えてみてください.

さて,今回のお題は以下の3つです.

・三橋,おもいでに残る試合ベスト30

・三橋,オフサイドなんて無かった

・三橋,うちに秘めた思い(長編)

1個ずつ消化していきたいと思います!

1個目!!

・三橋,おもいでに残る試合ベスト30

第30位 クラブリーグ初出場

第29位 クラブリーグ初得点

第28位 クラブリーグ初スタメン

長いんだわ.数が多すぎるよ駒形さん.ベスト3くらいにしてほしかった.1個目は終わり!

 

2個目!!

・三橋,オフサイドなんて無かった

今シーズンのIリーグ最終節,4年間で初めて仙台大から得点することが出来ました.前日の福島大戦でのレンタカーから菅野に点取って下さいよと言われてたので結果を残せて満足でした.試合後に4年生からあれはオフサイドだったといわれましたが,知りません.審判がオフサイドの判定をしなかったので無かったと思いこんでいます.

真実は鈴涼だけが知っている….今度会ったら教えてね.

 

ラスト!!

・三橋,うちに秘めた思い(長編)

ここに関しては最後のサッカーノートに書きたいことを書けたのでいいかなーと思いましたが,1つだけ小言を言って終わりにしたいと思います.

今年はミーティングを開くたびに予定時間を超過しました.鋭い指摘が立て続き,議論が終わらなかったのが原因です.はっきり言って移動費の件なんかは指摘した本人も答えを持ち合わせていないんじゃないかと思うこともありましたが,僕が言いたいのはああいった視点を持つことができるようになってほしいということです.

次の代は首脳陣が全員3年生で固まりました.同学年ということもあり,やりやすいことの方が多いと思います.ただ,外部からの指摘が無いから上手くいっているとは限らないということを頭に入れておいて欲しいです.移動費の件はなぜその額なのか理由をつけて答えられるか,戦術もなぜ4-4-2なのか,フォーメーションのメリット,デメリットは?この練習の意図は?などチームの方針に「なぜ?」と常に疑問を持ちその疑問を納得いくまで解決していってほしいなーと思います.

 

これで駒形さんからのお題をすべてクリアできたので終わりにしたいと思います.

サッカー部の来年度の活躍を陰ながら応援しています.首脳陣中心に頑張って下さい.

明日のブログはサッカー部で一番愛されているであろう飯岡に託したいと思います.

ブログは家か図書館でかくのが好き

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
文学部4年の駒形舜です。

 

はい、ごめんなさい。
きっと多くの方が隙あらばこれ見よがしに実家に帰ろうとするフッカルで、真の陽キャである鈴木由斗くんのブログを楽しみにしていたことと思いますが、なぜか22歳男性のブログが始まったのですから…

今日からしばらくの間、今シーズンをもって引退を迎える4年生と一部の3年生による最後のブログ(遺言ブログ)リレーをはじめさせていただきます!!!!!

例年ですと引退する部員は秋季飲みでスピーチをするのですが、今年は人数が多いことなどを考慮し、ブログというかたちで最後のご挨拶をさせていただくことになりました。

しばらくの間、引退にあたって現役部員および未来の部員に伝えたいことをつらつらと書くブログが続きます。おそらく熱量がとんでもないブログやおもしろいブログ(とまらないT宮くんとか愛されてるE岡くんとか)も出てくるでしょう。最後までお付き合いいただければ幸いです。


ここで改めて10月27日の学生リーグ、28日のIリーグをもって鈴木港斗を主将とするシーズンが終了したことを報告いたします。部員のご家族、OBの皆さまなど多くの方々のご支援のおかげで今シーズン目標としていた1部リーグ5位(自動残留)を達成することができました。本当にありがとうございました。

鈴木主将をはじめとする首脳陣の皆さん、一年間お疲れさまでした。
そして、監督の児島さん!!!毎試合私たちとともに戦ってくださったこと、特にリーグ戦終盤には遠くから駆けつけてくださったことは私たちにとって本当に大きな力になりました。3年間ありがとうございました。今度は同じOBチームで児島さんと一緒にボールが蹴れる日を楽しみにしています!

 

そこそこ書いたので今回のブログはこの辺で終わり…と、いつもならするところですが最後のブログですのでもう少し書きます。書きましょう。書かせてください。

この4年間を一言で表すなら、そう

「一言でいえば、一言でいえない」

って感じです!

「は?」

っていう顔するのやめてください。

でもとにかく東北大学学友会蹴球部での4年間は毎日が濃密でした。悔しいことや悲しいこともありましたが、こうして振り返ると楽しいこと、嬉しいことの方がはるかに多くありました。サッカー部に入ってよかったなぁ、と心から思える4年間にできたことは私の一生の自慢となることでしょう。(ここでふと一年生の頃に当時の上級生から部活やめそうな奴ランキング1位に選ばれていたことを思い出す。)(あと私が4年間対外試合で挙げた5得点の相手がFCガンジュ岩手、仙台大学、富士大学、福島大学、東北大学医学部という強豪揃いだったこともついでに自慢させてください。)

そして、これから先にもまだこんな充実した時間を過ごすチャンスのある現役部員の皆さんが羨ましくて仕方ないです。いいなぁ!

もっとみんなとサッカーがしたいし、試合の分析もしたいし、ふざけた話もいっぱいしたいです。あー羨ましいなぁ!!!!

 

もちろん4年間続けることだけがいいことではないはずです。留学、筋トレ、YouTuber、大福を美味しそうに食べること、などなど何か新しい楽しみや目標が見つかることも素敵なことだと思います。

そしてただ4年間続ければいいというわけでもないでしょう。チームのために自分のために何ができるかよく考えるようにしてください。

いい4年間にしてね。

 

長々と書いてきましたが、そろそろ卒論をやらなくてはいけない時間がきてしまったようです。外来語名詞の助数詞としての使用について研究をしてこなきゃ。4年間ありがとうございました。部員のみんなはこれからも頑張ってね。応援してます。

さて、明日のブログは

・三橋、おもいでに残る試合ベスト30

・三橋、オフサイドなんて無かった

・三橋、うちに秘めた思い(長編)

の3本です!

三橋くんの愛にあふれたブログ、楽しみにしてます!

北海道胆振東部地震に東北大蹴球部として

 

はじめに、先日発生しました北海道胆振東部地震において亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。本地震において最大震度7の揺れ、およびそれに伴う停電、断水、土砂崩れなどの被害があったと聞いております。札幌市内においても停電や、日用品、食料品の不足などで困窮したとのことで、北海道大学体育会サッカー部の皆様をはじめ被災された方々には部員一同、心よりお見舞い申し上げます。

 

本ブログは、この度発生いたしました、北海道胆振東部地震に東北大蹴球部として何ができるか、どう向き合っていくのかを部員を代表して藤本が書かせていただきます。

 

私たち東北大学学友会蹴球部は、前身である東北帝国大学蹴球部の頃より、北海道大学体育会サッカー部(当初は北海道帝国大学蹴球部)と定期戦を設けており80回を目前としています。現在まで、戦時中および戦後の混沌や経済不況などにも負けず、良きライバルとしてボールを追いかけ続け、交流を続けてきました。

それ故、私といたしましても、東北大蹴球部の一員として、この度の地震に対しては他人事ならぬ想いがあります。

 

また、先の東日本大震災においては、北大サッカー部が北大定期戦の際に揃いのポロシャツを着て運営をし、「仲間とトモに」のメッセージを東北大側に送っていただいた過去もあります。
(参考:https://sites.google.com/site/hufc1922/news/dongbeizhantshatsunitsuite)

当時私は中学生ですし、東北の地で被災したということもないのですが、このメッセージに当時の東北大蹴球部のメンバーがどれだけ勇気づけられ、復興に向けるモチベーションとなったことは想像に難くありません。

 

私たちはVisionの一つとして、「周囲への感謝を忘れずに、それを体現できる組織」を目指し、活動しています。この度の震災についてもこれに基づき、北大サッカー部をはじめとした北海道の皆様へメッセージを送り、微力ながら復興に向けたお手伝いをしたいと考えております。

東日本大震災にて彼らから受けた恩に感謝するとともに、それを返すのは今しかありません。今後、北大サッカー部および東北大蹴球部のOB会とも協力して支援活動に取り組んでいければと考えております。

 

それに先立ち、9/8に東北大蹴球部のTwitter (@Tohoku_soccer)およびInstagram (tohokuuniv.football_official)にて北大サッカー部へのメッセージを掲載しました。

それに対し、9/9には北大サッカー部側から感謝と応援のメッセージを返していただきました。それによると、北大サッカー部では部員にケガなどはなく、無事が確認できているとのことでした。

また、当日より練習も再開できたようで、こちらとしては一安心です。後は一刻も早く普段の生活が取り戻せることを願うのみです。

 

以下参考(両校のtweetおよび写真)

東北大蹴球部:https://twitter.com/Tohoku_soccer/status/1038340283430100992

北大サッカー部:https://twitter.com/hokudai_soccer/status/1038628619159973888

写真拡大

東北大

北大

この度の地震で、北大サッカー部との絆、今まで切磋琢磨してきた仲間としての愛情を実感しました。また、このような非常事態に、互いの身を案じ、エールを送り合える両組織の関係のすばらしさを再確認できました。

これは一朝一夕で築くことができる関係ではありません。長きにわたる先輩方の交流、またそれを支える皆様の努力あってこそのものであると考えております。今後も東北大蹴球部、北大サッカー部の関係を深め合い、後輩に繋いでいきたいと強く思います。

 

先の話にはなりますが、来年の北大定期戦は80回の記念大会となります。OBの皆様もお忙しいとは思いますが、ぜひご参加していただき、盛り上がる一戦にできればと存じます。

それがこの度の地震において、私たちにできる一番の支援になるのではないかと考えております。私自身も、皆様と共に北海道を盛り上げ、北大と東北大の絆を深める一端を担えればと思っております。どうかご協力の程よろしくお願いいたします。

 

この度のブログは部員に無理を言って私が書かせていただきました。個人的な雑感も含め、稚拙な文章となってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

また、最後になりましたが、この度の活動の発端となる意見をだしていただいた駒形およびメッセージボード作成を手伝ってくれた4年生をはじめとした東北大蹴球部員、OB会の皆様、その他多くの協力していただいた方に心より感謝いたします。

今後とも東北大蹴球部および北大サッカー部の応援の程、よろしくお願いいたします。

 

 

4年 藤本洸太