そうは言っても人間なかなか変われない。


はじめまして。快速フォワードと名高い遠藤くんの指名を受けた、キックの精度に定評がある中山くんの指名を受けた、田舎の股抜き職人、理学部化学科一年の丸田陸です。中山くんに女のことなら彼にお任せと言われてしまったのでそれについて少し話したいと思います。正直面倒なので簡潔に。


その前に活動報告を。三月の練習試合がたくさん潰れて、その分紅白戦をやったり、新入生がちょくちょく練習に来てくれたり、試合がなくなってしまった割には今月も楽しく部活動ができています。来月の試合もどうなるかわかりませんが、高いモチベーションで続けられています。目指してやってきているビルドアップについても紅白戦などでどころどころとても良いシーンが出てきています。これからもっと精度を上げていきましょう。個人的には雰囲気自体は悪くないと思っていますが、紅白戦などで3番目や4本目になってくると強度が落ちてぐだってきてしまうのをみんなで直していきましょう!

試合がないと活動報告で書くことがなくてこんなんになってしまいすいませんでした。

ここからが正直本題だと思っています。気づいたら僕は女の子には困ってないだの、遊び歩いているなどと変な印象がついてしまい、股抜き職人という、遠藤くんに習ってつけた僕の異名も意味深になってしまいました。僕は決して女たらしではありませんが、せっかく話題を指定してもらったので、彼女の欲しい新入生にためになる話をしたいと思います。大学に入ったからといって女の子の友達が増えたり、彼女ができたり、そんなのは高校生が描きがちな妄想ですよね。僕もその1人でした。そーゆーのを求める新入生にはサークルや、女の子も多いバイト先などをお勧めします。そういったところから合コンなどを組むといいでしょう。(僕は合コンに行ったことはありませんが、否定しているわけではありません。)しかし、真実の愛とはなんでしょうか?互いに支え合い、自分の夢を応援してくれて、ときには衝突するほどに自分と向き合ってくれる。そんな人が、この広い世界で探して見つかるものでしょうか。焦って出会いを求めず、待っていればきっと運命の人に出会えるのではないでしょうか。

すみませんいまのは嘘です。前言撤回。待ってばかりで受け身の人にはなかなか彼女を作るのも難しいです。どんどん自分からアプローチしましょう。相手に好意を向けられたら人間意識しちゃうものです。それでも意識してくれない人はもう諦めた方がいいです。とにかくまずは相手に意識させる。そしたらそのあとはグイグイ行きすぎても女の子も引いちゃいますので、ときにはおしたり、押してダメなら引いてみたり、状況次第で動いてください。ここが腕の見せ所ですよね。ここまできたらもうこっちのものですね。あとは言わなくてもわかると思います。そうです。あの二つの山に手をかけたらもうその子は自分のもの。けどこの説明じゃアプローチの仕方や意識のさせ方などわからないことも多いでしょう。それが知りたい新入生には、サッカー部の練習にぜひ参加して欲しいと思いますし、そうすればそのあと食事でもしながら深く語りたいと思います。けどそこで聞いたことは広めないでください。そしたらみんながもうモテすぎて、僕の狙える女の子も減っちゃうからね。

そういえばすっかり忘れていて投稿が遅くなってしまいましたすいません。面倒と言いながら少し長くなってしまい、しかも読み返したらあんまり面白くないですね。すいません。タイトルの意味も考えてみてください。次回のブログは先日怪我をしておそらく暇してるであろう星くんに頼もうと思います。話題はなんでもいいですよ。けど星くんはネタをたくさん持ってるらしいので僕よりは面白いの期待してますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください