ご無沙汰しています


ご無沙汰しています。昨年は怪我をして手術をしたうえに、1学期間の交換留学に行っていたため完全な幽霊部員になってました、工学部化学・バイオ工学科2年の佐々木怜南です。今週末のミーティングから部活に戻るので、皆さん話しかけてくれると嬉しいです笑

まず、最近の活動について報告したいと思います。しばらく部活に行っていないので詳しくはわかりませんが、今年は自主トレのグループをベンチプレスのMAXに応じて分けたので、例年以上にグループ内で高めあってトレーニングできていると思います。今週はマラソン大会があるので、ランも頑張っていきましょう~

それでは、この数か月の間に私が何をしていたのか謎だったと思うので、空君の言う通り近況報告をしたいと思います。

私は昨年の8月から5か月ほどアメリカのサウスカロライナ州のクレムソン大学に交換留学していました。(多分ほとんどの人がどこにあるのかわからないと思います、私も知りませんでした)大学には25,000人ほどの生徒が在籍していて、スポーツが非常に盛んな大学です。アメフト部は昨年全国優勝を果たしていて、大学が所有するスタジアムは8万人が収容できる巨大なスタジアムで、ヘッドコーチの年俸は10億円ほどで、全てにおいて日本の大学スポーツとは桁が違います。


開幕戦には7万5千人以上が見に来ていました。

また、サッカー部もそこまで強くはないものの専用のスタジアムを持っていて、大学が非常にスポーツに力を入れているのを感じました。ちなみにアメリカでのサッカー人気は、最近ミランに復帰したイブラや昨年神戸でも活躍したダビド・ビジャが過去にはMLSに所属していたり、カカやジェラード、ピルロなどの往年の名選手がMLSで引退したりと年々盛り上がりつつありますが、アメフトや野球、バスケに比べたらまだまだ人気は及んでいないかなと感じました。

アメフトのスタジアムほど立派ではありませんが、J3のチームと同じくらいの設備が揃っていました。

授業は、クレムソン大学には留学生受けの英語の授業はないので、現地の学生と一緒に通常の授業を受けていました。話している内容をすべて理解するのは難しいし、宿題も毎授業20ページほどのリーディングが必要だったので、とても大変でした。そのうえアメリカの大学は日本と違い、それぞれの科目で週に2~3回授業があるので、多くの学生が大学の図書館で深夜まで勉強していました。


板書の一部です。教授の話を聞きながら、板書をとるのはめちゃくちゃ大変でした。

住まいについて話をすると、留学中は大学内にある寮に住んでいました。私の部屋は4人部屋で、アメリカ人とドイツ人、フランス人の3人のルームメイトと一緒に暮らしていました。他の部屋ではルームメイト同士のいざこざも多かったようですが、幸いにも私の部屋はみんな仲良く、よく遊びに出かけたり飲んだりしてて楽しく過ごせました。留学が終わった今でも連絡を取ってますし、とてもいい友達を作ることができて良かったです。

ルームメイトとは、大学内にあるレクリエーション施設でよく遊びました。

留学を終えた今一番に思うことは、留学をして本当に良かったということです。それは、ありきたりな話になりますが、留学を通して世界が広がったし、自信がついたからです。実際にアメリカで生活して、海外の人たちの価値観や習慣を知ることができたし、逆に日本についての理解も深めることができました。また、留学をする前は英語を話すことが億劫だったけど、ちゃんと話せる話せないは関係なしに、まず話してみることが非常に重要だということに気づけました。そして、今まで以上に多くの人と出会うことができて、人とのつながりの大切さを身にしみて感じました。

最後はまじめな話になってしまいましたが、このあたりで近況報告を終わりにしたいと思います。もしこれから留学を考えている人がいたら、役に立てるかはわかりませんが相談に乗りますので、ぜひ声をかけてください。

ついに次回からは、お待ちかねの1年生の番です。トップバッターは、私の高校の後輩である吉田竜也君にお願いしたいと思います。お題は、一年を振り返ってでも、趣味のことでも、会場設営のバイトのことでもなんでも好きなことについて書いてください。それではよろしく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください