こうやって毎週ブログを書く意味ってなんだろう。


 こんにちは。今週のブログを担当します、文学部三年の羽成隆太郎です。順番で回ってくるとはいえ、東北大学学友会蹴球部を多くの人に広報できる良い機会なので、一生懸命書きたいと思います。どうか最後までお付き合い願います。

 まず、今週の活動報告です。今週は学生リーグ、Iリーグ共にお休みでした。その代わりと言ってはなんですが、岩手県の方で地区大会に参加してきました。

  vs青森中央学院大学  1-2◯  得点者 小山

 結果は1-2で負けました。結果だけ見ると、上手くいかなかった部分が多くあったのかなと思います。今回対戦した相手は、2部リーグで首位を走っているチームで、中途半端な状態では勝てない相手だったと思います。ただ、うちは1部を戦っているチームです。負けていいはずがありません。全員が1部で戦っているチームに所属しているという自覚を持って、メンバーが変わったとしても、勝てるチームを目指しましょう。今回の負けを反省して、次は勝ちましょう。また、地区大に呼ばれなかったメンバーは、アピールの機会を一つ失ったことを自覚して、日々の練習から試合に出るための準備を怠らずしましょう。今週の活動報告は以上です。

 ここからは何を話そうか。色々な人が見ているせっかくの機会なので、今年から本格的に導入された班制度について個人的な話も踏まえながら話していきたいと思います。私は、広報班に所属しています。広報班はその名の通り、東北大学学友会サッカー部を広報する役割を担っています。活動内容は様々ですが、主にSNSの管理などを行なっています。そんな広報班を私が選んだ理由は、正直なところ、「楽そうだから」でした。他の班はめんどくさそうなのがいっぱいですよ、マジで。そんな私がひょんなことから一時的に(春休みの間)広報班の班長をやることになりました。当時は「どうしよう、やること知らねぇ」って感じでした。こんな感じで、一時的に班長を引き継いだ私ですが、春休みのはじめにキャプテンからある一言が。「春休み中に各班それぞれ何か一つ活動してください。」と。活動と言われましても…。私は、広報班が今までどんな仕事をしていたか詳しく知りませんでした。活動をする上で、班の仕事内容を知らないようじゃ何もできません。私はまず、広報班の仕事を整理しました。SNSの運営だけしか知らなかったので、知らない仕事がわんさか出てきました。例を挙げると、SNSの更新、SNSに載せる写真撮影、部内イベントの運営など。このように整理していくと、それぞれの仕事の欠点が見えてきました。ということで次に、欠点の整理をしました。これはこれでわんさかわんさか出てくる出てくる。SNSの更新は不定期、SNS用の写真撮影をする人が限られている(その人がいない時に、写真を撮る人がいない)、そして仕事のない班員が多くいたなど。ここで、私たち広報班の春休みの活動が決まりました。それは、欠点をなくすことです。欠点をなくすために、私たちが行なったのは、班員をそれぞれの仕事に振り分けるというものです。SNSの更新をする人を数名、SNSの写真を撮る人を数名、イベント運営に数名といった感じで振り分けていきました。「えっ、それだけ?」と思うかもしれませんが、これが定着していくのに結構な時間がかかりました。そして二ヶ月でできることなんてこんなものです。今は班長を退きましたが、これからもずっと続いていく活動の基盤を作れたことは非常に嬉しく思っています。ちなみに、Twitterの方にあがっている新歓pvも、春休み中の広報班の活動として作りました。まだ見ていない方は、ぜひご覧になってください。

 ここまで長々と広報班の活動について書いてきましたが、何が言いたいかというと、特に何もありません。ただの活動自慢です。この経験を経て、学んだことがある!とか、こんな経験は大事だ!とか、そんな偉そうなことを言うつもりはありません。言いたいことを強いて挙げるなら、サッカー部の宣伝かなぁ。

 広報に興味のある一年生やこれからどんどん入学してくる新入生の皆さんは、広報班に加入して、ぜひその活動を肌で感じ取ってみてください。サッカーには興味ないけど、広報はしてみたいという方も大歓迎です。我々の活動が広報として成り立っているのかわかりませんが、これからも未熟者ながら精一杯活動していきます。そして、東北大学学友会サッカー部のことも何卒よろしくお願いいたします。

 ここまでお付き合いいただきありがとうございました。来週は、用具班班長である古賀くんに書いてもらいましょう。よろしくお願いします。来週の内容は用具班のことじゃないからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください