こんにちは。法学部3年の田端仁です。二週間ほど前から公務員講座を受講しているため、あまり部活には来ていません。そろそろ僕のことを忘れている同期もいそうなので、このブログを読んで思い出してもらえると幸いです。

まずは先週の試合結果の報告から。

東北学生リーグ第5節 vs青森大学

6-1 ○ 得点者 羽成(三輪)、関根(中村)、小山(菅野)、中村(三輪)、菅野(関根)、向川(PK)

序盤は相手の早いプレスに苦しんだり、PKを与えてしまうなど厳しい展開となりますが、前半のうちに逆転に成功するとその後も追加点を挙げて結果的に大差での勝利となりました。先制されても勝ちきれるというのはチームにとっても大きな自信になったと思います。この勢いで勝ち点を積み上げて行きましょう。

次に、Iリーグ第5節 vs仙台大学FC

1-7 ● 得点者 向川(由斗)

こちらは逆に前半立ち上がりで先制するも、前半に3点、後半に4点を失い大差での敗戦となりました。前節でのB2戦でも、先制するが逆転されて差を広げられるという展開でした。先制した後のメンタルやリスクマネジメントの問題というよりも、単純な実力差を感じました。その差を埋めるべく、個人の実力や戦術理解度をさらに高めていきましょう。

活動報告は以上です。それでは前回のブログ投稿者の雄飛の期待に応えて僕のサッカーに対する熱い気持ちを書こうかと思いましたが、サッカーより講座を選んだ人間がそれを書くのはちょっと違うと思ったのでやめます(そもそも考えたことがないので書けない…)。ごめんな雄飛。

なので、前回の雄飛の自慢とは対照的に今回は最近の悩みについてでも書こうと思います。その悩みとは、趣味がないことです。悩みというほどではないかもしれませんが、困ることは時々あります。例えば休日。1日自由に時間を使えるとします。テスト前ではないので当然勉強はしません。一緒に遊びに行くような友達もいません。すると普通は趣味や好きなことをしようと思います。しかし僕には特にありません。なので寝ます。尋常じゃないほど寝ます。気が付くとすでに夕方で、何もせずに1日を終えたという絶望感に苛まれるというパターンに陥りがちです。漫画ドラえもんの主人公のび太は「寝てる間は、死んでるのと同じことだ」と言いました。つまり彼の言葉を正しいとすると、休日の僕は1日死んでいるらしい。趣味がないために人生を楽しめないだけでなく、死んでいるとさえ言われる。とても悲しい。その他にも人間関係を構築する手段を失っているというのも痛い。今の時代、趣味で繋がっている人は結構います。直接会うことは少なくてもSNSで繋がっていることは珍しくありません。好きなことを共有出来るというのはとても嬉しく、その人たちと語り合う時間はとても充実しているはずです。

そんなわけで、僕のQOLはとても低いです。それに比べてサッカー部の法学部生はリア充ばかりです。その明るさを全面に出し、少数精鋭の親友たちと大学生活を謳歌する宗村先輩、得意のトークで皆を盛り上げる雄飛など、どこか遠くに感じてしまいます。彼らに少しでも近づくためにも、自分のやりたいことを見つける、そのためにいろんなことをまずはやってみようと思います。あと、おすすめの趣味などがあれば是非教えてください。

ここまで読んでくださった方、駄文にお付き合いいただきありがとうございました。次回のブログは、カッコいい、サッカーが上手い、成績優秀など多くの長所を持ち合わせ、サッカー部で一番人生を楽しんでいるであろう羽成隆太郎君にお願いしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください