ヘンダーソン、真冬で一人だけ半袖きて鳥肌たててるのみて好きになった


どーも、経済学部3菅野隼也です。前回のブログでちゅうがお猿ネタについて触れていましたが、自分からはあまり公表したくないことがバレてしまったって感じです。飲み会でなら話すかもしれません。

さて、今週の試合結果お知らせします。

東北1リーグ3節 vs仙台大 0-3

Iリーグ3     vs仙台大A2  0-2

練習試合(30分1本) vs仙台大 0-5

1リーグから振り返ると前半立ち上がり102失点その相手ほぼボール支配攻めるがなんとか耐え奪ってからのカウンターなどでいくつかチャンスつくる決められずおわった試合でした。

守備に関しては一人一人しっかり戦い粘り強く守れていただけに前半の2失点悔やまれる内容でした。前線、中盤相手への寄せもっと厳しくいくことや立ち上がりの入り方など修正できる見直し次につなげたいです。

攻撃関しては奪ってから1パスよいカウンターにつなげられたシーン今季リーグでは一番多くみられたかと思います。ただ、シュート打ちきまでいったシーンはまだまだ少ないので増やしていくことが今後の課題です。

Iリーグ今節から1年生多く出場してよいプレーみせてくれました。全体としては集中力切らさずしっかり戦えていました。相手の先制点流石仙台大いった感じのミドルシュートでしたね。出足よいインターセプトゴールしっかりはねかえすなどよいプレーこれからも続けてほしいです。

課題としてはラインコントロール奪ったボールを丁寧に繋ぐことがあげられるかと思いました。特に奪ったボール繋ぐこと関しては簡単に失いすぎだと思われるシーンたくさんあったのでビデオ見返してほしいです。ボールを繋げれば攻撃のチャンス増えるし守備負担を減らすこともできます。ボールを繋ぐにはボールホルダーだけじゃなく、周りのフォローも重要になるので、全体の意識をかえていきましょう。

練習試合関しては1年生多く戦術理解足りないこともあり厳しいゲームなってしまいました。戦術徐々に慣れてくると思うので試合しながら学んでいきましょう。ところどころで良いプレーがあったのでこれからに期待です。

ここまでが試合の報告です。来週はリーグ戦、Iリーグはお休みで、東北地区大会が行われます。今年は宮城県開催で、東北大が主催です。審判講習には、西村雄一レフリーもくるそうなので、いろいろと楽しみです。良い結果が報告できるよう頑張りたいです。

さて、今週はCL決勝戦行われたのでそれについても少し書いときたいな思います。

サッカー部ならみんな知っていると思っていたのですが、以前斐人君が決勝の対戦カードを知らなかったことには驚かされました。

そのため一応確認しとくと、決勝はレアルマドリード vsリヴァプールの試合でした。結果はレアルが勝ちCL三連覇を達成しました。

試合内容、解説はプロの方がわかりやすくやってくれると思うので、書きません。そのため僕なりに思ったことを書きたいと思います。

試合をみてて一番印象に残ったのは、クロースモドリッチいつも通りプレーしていたことです。リヴァプールはプレスの速さ、上手さが世界トップのクラブです。そのリヴァプールを相手にあの大舞台でいつも通りにプレスをかわすあの二人は世界のトップクラスだと改めて思いしらされました。この人らはどうしてこんな大舞台で力を発揮できるのかと考えると、技術面だけじゃなく、メンタルがとても重要なのではないかと思いました。

近年サッカー界では、徐々にメンタル面の重要性が認知されるようになってきたそうです。フィジカル面のように科学的アプローチをとって数値化しにくいメンタル面ですが、だんだんと数値化できるようになり、メンタルコーチを雇うクラブも増えてきているそうです。

メンタルの研究を通してわかってきたことは、ポジティブなイメージをつくることで自然と良いプレーにつながるということです。

例えば、シュートを打つ際に、「絶対に外してはいけない」というネガティブなイメージをつくるのではなく、ゴールを決めるイメージをつくることで決定率がかわってくるとのことです。

今回の決勝では、普段通りのプレーをしたクロース、モドリッチや大活躍したベイルと、ミスを連発してしまったカリウスとではメンタル面に大きな差があったのではないかと個人的には思います。

ポジティブなイメージによって僕らの決定力不足が解決したらいいなと思って書きました。これから頑張りましょう。

このへんで今回のブログを終えたいと思います。

次回は、授業がわかんなすぎて卒業できないかも的なことを言っていた朋仁君ではなく、ウイイレでトリノからアーセナルを使うようになり無双している三輪泰斗君にお願いしたいと思います。よろしく😃✌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください