夏がきたゾー


皆様いかがお過ごしでしょうか。暑さが厳しくなってきたので水分補給をこまめにして熱中症、夏バテに気を付けましょう。申し遅れましたが、工学部機知3年の早坂裕真です。
 ...。改めまして、早坂裕真です。漢検4級落ちの藤本くんからHPを更新しろという圧力がかかっていますがこれは本当にすみません。このセメスターが終わり次第随時更新していく予定ですのでもう少々お待ちを。

では、前節の結果をお知らせします。

学生リーグ 第5節 VS 東北学院大学体育会サッカー部

  • 1-3 得点者:黒田

もやもやの残る試合となりました。全体を通してボールを支配される展開でしたが、最後の部分で体を張ったディフェンスや前線での崩し・球際の勝利などいい部分も随所に見られたと思います。失点シーンは連携ミスや判断ミスといったものが重なって起きてしまったのでこれは今後無くしていかなければいけませんし、攻撃でも得点できる機会はもっとあったはずなので決めきる力も求められます。加えて、3失点中2失点はカウンターによる失点なので攻撃中のリスクマネージメントについては特にDF陣で見直したいところです。とは言っても、そこまで悲観はしていません。出た人、見ていた人の中にも戦えていると感じた人は少なからずいたはずで、あとは勝ちを知るのみだと思います。勝ちを知るためには一度がむしゃらにでも”勝ち”という結果を出すしかないと思うので前半戦の残り2節は勝ちに執着して臨みましょう。

Iリーグ VS 東北学院大学SC

○ 3-1 得点者:石川、羽成、藤本

Iリーグは前節に続いて2連勝です!試合の方は見れてないんですけど、全体を通して危なげない試合だったようですね。ただ、こちらもチャンスはもっとあったということでしたし、失点もしているので改善点をしっかり洗い出して次に繋げたいところです。勝ち癖をつけていきましょう。

ということで、以上が試合結果についてでした。(それにしても毎週実験レポートに追われているからか皮肉なことに結果と考察を書くのがあまり苦じゃなくなってきました。)

 

以下、圧倒的雑感です。

季節は夏ですね。僕は夏が大好きです。春がなければ一番好きな季節になっていたでしょう。世間は夏に向かおうというのに部員を見てみると春を迎えた人もいれば冬入りした人もちらほら見られます。忙しない人たちです。かく言う自分はというとここ数年ずっと晩夏くらいでしょうか。際立ったこともなくただ残暑を耐え忍ぶような心持ちになって久しくなります。

そっちの季節はさておき、夏の訪れを感じる今日この頃です。夏といえばやっぱり海、祭り、花火、スプラトゥーン2などといったイベントが目白押しなのがいいですよね。しかもどれもワイワイ楽しいイメージです。今年の夏はそういったものを余すとこなく味わい尽くすくらいの意気込みでいます。と言うのも部活をやっていると自分で選択したことではありますが、ある程度時間的に拘束されますしお金も掛かります。バイトも必要になるでしょう。部活をしていることでそういった様々な制約がかかっているわけです。でも、逆に言うとそういう中でしか感じることのできない余暇の喜びがあります。部活を中心に生活をしていると言っても過言ではないような夏が自分にとっては最後になるかもしれないのでやり残すことがないようにしたいです。もちろん、試合で負けた日の夜に集まって花火でもしようものなら、それはもう心は散り際の線香花火状態ですからやはりサッカー面での充実が肝になりますね。がんばります!

そんな感じです。本当はアニメやらゲームやらフリースタイルバトルやら語りたいことは多々あったのですが、とても短くまとめられないと思ったのでだらだら~っと書きました。読んでくれた人はありがとうございます。

次回は就活を意識し、黒染めしたものの中身の切り替えが全く感じられないサッカー部の母、作山あゆみさんにお願いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください