もう10月かぁ


こんばんは。仙台の街中にも金木犀の香りが漂い、過ごしやすい気温となってきましたね。銀杏の匂いさえも愛おしく思える素敵な季節、皆さまいかがお過ごしでしょうか。文学部2年の駒形です。文学部らしい書き出しを試みましたがいまいちでした。反省しています。あと最近練習後についつい一口カツ定食を食べにどん屋に行ってしまうことも反省しています。ジュビロ磐田についてですが今週末の新潟戦に敗れたことで完全に残留争いに巻き込まれました。残る相手は名古屋、浦和、仙台・・・。どうなってしまうのか心配でなりません。。。一年での降格はなんとしても避けてほしいところです。

 

今週の試合の結果をお伝えします。

【9/28 練習試合】
VS 仙台二高 3-0 得点者:鈴木彰、佐久間、三橋
相手は高校生でやりづらさもあったと思いますが、しっかり勝ち切ることができてよかったと思います。三橋君はもう少しゴールの後喜んでもいいのではないでしょうか。

【10/1 秋季リーグ第6節】
VS 東北工業大学 7-0 得点者:石川(湧)、柴田2、石橋、藤本、櫻田、坂元
怪我や体調不良による主力メンバーの欠場という不安材料もありましたが、初スタメンや初出場の選手もゴールを決め、守備でも久々に無失点に抑えるなど満足のいく結果となりました。

ブロックの残り3試合の対戦相手は山形大、宮城教育大、東北大医学部です。3チームとも去年の秋季リーグでは勝利できなかったので、リベンジのつもりで頑張りましょう。

さて、明日から東北大の後期セメスターが始まります(もう始まっている学部もあったようですが・・・)。つまり夏休みが終わってしまうということなんですよね。悲しいです。この夏休み、北大定期戦に始まり、波崎遠征、泉練、秋季リーグ開幕、というように部活中心の日々を送ってきました。個人としてもチームとしてもレベルアップできる場がたくさんありましたが、本当にできたのでしょうか。チームは秋季では苦しい試合でもきっちりと勝利をつかめていますし、Iリーグでも前期よりは試合らしい試合ができているように思います。それは意識高く厳しく取り組んできた成果だと思うのでいいことですね。僕個人としては、秋季リーグの序盤は登録メンバー20人に選ばれていましたが、最近の試合ではベンチ外となることが多くなっています。原因は自分の力不足が一番だと思うので、気合を入れなおさないといけません。また、これまでの試合で何度か出場するチャンスがありながらも、それを生かすことができなかった悔しさもあります。再びチャンスをもらえるように、そして今度はそれを生かせるように、これからの練習を頑張っていきたいです。秋季も残りわずかですが、これからはチームの雰囲気もこれまで以上に重要になってくると思うので全員でチームを勝たせるんだという気持ちが持てるといいと思います。絶対昇格しましょう。

たまにはこういうのもいいと思って真面目に書いてきましたが疲れたのでそろそろキングオブコントでも観ようと思います。次回のブログは公式戦デビューからおそらく最速となるゴールを決めた石橋君にお願いしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください