サイレントマジョリティ


こんにちは。主将の高橋佳亮です。この一週間ブログに何を書こうか考えてました。考えすぎて、いっそ好きなアイドルのデビュー曲をPR…でもやはりマモさんに今シーズンにかける熱い思いを期待していただいているそうなので少しだけ真面目に書こうと思います。

皆さんはなんで大学でサッカーをしてますか?率直に気になります。自分の場合はサッカーが好きだからなのは前提として、好きなことには尽力して努力する義務があると思うからです。生きている人にしか好きなことをする権利は与えられていません。それを奪われた人の分まで最低限好きなことくらいは真剣に向き合わないといけないと思ってこの5年間ほど自分は過ごしています。皆さんもきっと異なる熱い気持ちを持ってサッカーをしていると思います。もしそれらの気持ちが一つに向いているならそれは主将として最高の喜びです。今年は幸い分かりやすく大きな目標がチームに存在しています。「二部全勝優勝」です。日々違うことを感じたり考えてていても良いので、この目標だけは常に全員で見据えていたいものです。そこでみなさんに一つだけ問いたいです。去年のリーグ戦直後何を考えましたか?      実際、あの時の感情自体はあの時のものなので正確に同じ感情を持つのは不可能だと思います。でも、自分が何を考えて今シーズンに入ったかは覚えているはずです。もう少しで公式戦が始まろうとしている今だからこそもう一度思い出しましょう。また、忙しい中自分たちのために指導に来て下さった恒さんを始めとする多くの先輩方の期待に応えることをを考えたら今後の取り組み方は決まってくると思います。

さてちょっと長くなってきたので、最近感じたことを一つだけ。あまりに元気がないと感じます。盛り上げる声、指示する声、主張する声、練習試合どちらを取っても足りなすぎると思います。無言のチームとしっかりとコミュニケーションを取っているチームのどちらが相手として嫌か考えたらその大切さはわかると思います。まぁ何よりも、静かより騒がしいくらいの方がなんだか楽しくないですか?せっかくみんなでやるなら楽しくやった方が良いと思います。逆に黙ってるとつまらないとか不満を持ってるのかなと他人からは勘違いされてしまうと思います。

ある人のスピーチの一節によると人生は30000日しかないと言われてるそうです。10歳くらいからサッカーを始めた自分ももう20歳になりました。練習頻度やサッカーに触れなかった時期を考えて日数でざっくり計算してみますと今までの人生の1/3を余裕で超える日数をサッカーの練習や試合に費やしていました。今期のリーグが終わるまで約7ヶ月あります。30000日における同じ0.7%なら今までの人生の大きな割合を占めるサッカーで実りある0.7%をみんなで作っていきましょう。

暑苦しい長文失礼致しました。次回は副将すりすり門脇にお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください