夏休みだ!!

梅雨のどんよりとした天気が続いた仙台は数日前から晴れ間が覗くようになり、あっという間に夏らしくなりました。あっついですねー。この間まで20度を少し上回るくらいの気温だったのが急に30度を超えてくるんですから耐えられたもんじゃありません。原付の風も熱風に変わり始めて乗ってても爽快感を感じないほどです。それでも自分が通っている青葉山キャンパスへと続く道は森に囲まれて涼しいですよ。オープンキャンパスもありますから、高校生の皆さん是非青葉山まで足を運んでみてくださいね!

申し遅れました。私、理学部化学科3年の田村祥太郎と申します。本日(7/29)テストを全て終え、残すところレポート1つとなり、実質夏休みがやってきました。このセメスターはヘビーな実験が多く、部活に参加できない日もチラホラとありましたが、なんとか無事に終わってくれました。次のセメスターから研究室に配属なので、まとまった休みはこれで最後です!有意義な時間を過ごしたいと思います!

・・・・・・

それでは前置きが長くなりましたが、今週の活動報告です。

学生リーグ vs仙台大学

結果  1-6     

練習試合  vs仙台大学  45×2本

結果  0-5    

30度を超える炎天下の中での試合でした。学生リーグに関しては、自分たちの力の無さも痛感しましたが、手応えをつかんだ人もいるのではないでしょうか。最近の練習のテーマが実際の試合で形になっていたことや今まで自分たちがやってきたことが強豪相手に通用したことは自信につながると思います。ひとまずは夏の暑さの中でも戦えるだけの体力を夏休みの練習でつけていきましょう。練習試合では1年生も多く出場しましたね。貴重な相手との試合だったので学ぶことも多かったように思います。結果は結果で受け止めて、チームとして、そして個人としての改善点を整理して練習に励んでいきましょう。以上、活動報告でした。

・・・・・・・

ここからは雑記です。もうブログを書く機会もあまりないので、今回は自分のことを知ってもらう場にしたいと思います。そんなことより次回のブログの担当が知りたい人はさっさと下にスワイプしてください。

じゃあ、まずは経歴からいきますか~

小学校4年  都城SSS(宮崎)

   6年  通町SSS(仙台)

中学校    仙台二中サッカー部

高校     仙台二高サッカー部

大学     東北大学サッカー部

っとまあこんな感じですかね。特に有名なチームにいたわけでもなく一番身近にあるチームでサッカーをやっていたという感じです。自分は高校からキーパーをやっていますが、実は宮崎でいたチームでGKのポジションをお試しで何回かやらされたことがあるんです…。

当時は「GKって失点したら責められるんだよな…」と思ってたくらいですから当然全くやる気はなく、素人が急にキーパーやったってそりゃ今まで学校の友達とのドッジボールに命懸けてたくらいなんで枠に入らなさそうって思ったらボール避けたりもしてましたね。それでも、理由は覚えてませんが自分のことをすごく贔屓に見ていてくれたコーチ(友達の親)がAチームのキーパーとして試合に自分を出してくれたんですよね。でも上級生ばかりいる中に足ガクガクのど素人がキーパーやったって何も起こるはずなく、案の定ボコボコにやられましたよ。練習試合でしたが、まー、みんなの目が怖い。何やってんだよって言わんばかりの目つきで見られて恐怖以外の感情なかったですね。

結局その後も自分がキーパーとしての才能を開花させることはなく、キーパーというポジションに対する偏見をより一層ひん曲がらせて1年も経たないうちにやめることになりました。その後、高校に入るまで自分は主にディフェンスとして頑張っていたわけですが、高校で再びGKをやる事になります。

理由としてはキーパーに対する偏見がなくなったのが大きいですかね。あと遊びでキーパーやってる時に楽しいって思ったことも一つの理由ですね。身体能力にはある程度の自信があったので、派手な形でボールを弾くとみんなが褒めてくれるんですよ。すげぇすげぇって。そんなの楽しいに決まってるじゃないですか。その楽しさが失点への恐怖を超えていったことが大きかったのかなと思います。歳を重ねるにつれてサッカーが頑張るものから楽しむものへと認識が変わっていったこともあって、後先のことはあまり考えずに自分が楽しいと思う方向に進んでいってましたね。キーパーとしてサッカーをやってる約5年間ほどですが、ひたすら楽しんでプレーできているのでこの選択は間違ってなかったなと思っています。

高校では奇想天外と天真爛漫を合わせたような先輩Aと、優しくていつも先輩Aにいじられている先輩Bの二人の先輩方からキーパーのあれこれを教わりました。練習は、やるときはやる、やらない時は何もやらない、を完全に現実化していました。やる時はやります。熱心にフォームを教えてくれたり、これでもかと思うほど手本を見せてくれたり。でもやらない時は何もやりません。アップ終わったと思ったら「ちょっと座っか」って。そっからはおしゃべりタイムです。誰々が相変わらず可愛いだの、誰々が面白かっただの、他愛もない世間話をしてましたね。今思えば何やってんだって話ですけど、こういった時間があったからこそ、慣れないポジションで思い通りにいかない歯がゆさを紛らわしてくれたり、練習に向かうモチベーションの一つになっていたと思います。さすがに二人が引退してからは周りのモチベに影響するのでおしゃべりタイムは無くしましたけど、それでもどこか楽しい要素を入れながら練習をするようになっていきました。

そんな感じで高校までザーッと振り返ってきましたが、もうお分かりの通り、自分は楽しくサッカーがしたい人です。その点、東北大学サッカー部は”Enjoy Football”を理念に掲げていることもあり、自分としてはすごく居心地の良さを感じています。選手のみんなも楽しんでやってる人が多いですしね!それでも、決して不真面目になることはなく、一人一人が真摯にサッカーに向き合っているからこそ今の東北大のサッカーがあると思います。あやとくんも言っていたように、この「東北大学サッカー部」を後輩たちに継承していくためにも、自分はこの東北大学サッカー部としてのアイデンティティを大事に、これからも楽しくサッカーに取り組んでいきたいと思います!

・・・・・・

かなり長くなってしまった上、何を言いたいのかよくわからない文章になってしまいました。すいません。来週は貴雄にお願いしよっかな。来年のREFとしての入部希望者を増やすためにも今回バチっとレフェリーの魅力について語ってくれ!(大内MGには3年のラストを任せた!)

1年生紹介!

みなさんどうもこんにちは。斐都くんからご紹介を受けました。水面下のロシアンマフィアSこと田村祥太郎です。まずはじめに誤解を生みそうな点を修正させてください。斐都くんのブログでは私だけガチで他の人はそんなに興味がないぜというような書かれ方をしていますが、全くの間違いです。みんな本気です。本気でやってるのにも関わらず結果が出てないだけです。みんなほとんど諦めてます。このまま放っておくと傷心旅行の計画を立て始めそうです。逃げるのダメ、絶対。

まずは近況報告です。
7/15 練習試合 vs東北大医学部
1本目0-0 2本目0-0 3本目1-1 4本目4-0
1、2本目はなかなか攻め手を欠いている印象がありました。新しいフォーメーションでやりづらさを感じているようです。トップチームはこのフォーメーションで手応えを掴んでいるようなのでなるべく早くフォーメーションを理解できるようにしていきましょう!3.4本目は点が取れた一方、守備に不安が残ったのではないでしょうか。簡単な縦パスを通されたり自分たちのミスから相手の決定機を招く場面もありました。暑い中ですが集中して守っていきたいですね!あとは、全員ヘディングの競り合いに負けてなかったのが印象的でした。練習の成果出てますね!継続して頑張っていきましょう!
7/16 Iリーグ vsTGNEXTFC 3-4 負け
先制点を許すも前半のうちに追いつき、後半で2点差としますが、追いつかれ、ラストワンプレーで逆転を許すかなり悔しい結果となりました。流れの中からの得点は非常にいい形から生まれていたのでいい収穫になったと思いますが、逆に自陣からの相手のセットプレーの面での弱さを露呈してしましました。マークの受け渡しであったり相手コーナーのときのマークに関しても自分から積極的に声を出していく姿勢を見せるべきだと感じます。また個人的にも久々の試合で結果を出したいところでしたが要所でチームを救うプレーができず残念です。自分のプレーを振り返って次に生かしたいと思います。
ここからは雑記なので読みたくない人は飛ばして結構です。今回は何か熱く語ろうとは思っていたのですが、やっぱやめます。面倒なので。そこで熱冷めやらぬW杯の話題でも書こうかと思ったのですが、3決、決勝と眠さに負けてリアルタイムで見れなかった自分にこのことについて書く資格はないと思ったのでやめます。何もなさすぎて原に相談したら1年生紹介すれば?というありがたいアドバイスをいただいたので、完全に乗っかります。それでは簡単に1年生の紹介をしていこうと思います!!
伊藤真亜沙
二高出身。もともと他の部活のMGになるつもりだったが、サッカー部のMGになってくれた。理由は不明だが、ナイスな選択。
梅田龍太郎
なんか未だに掴めない人物の一人。ループが得意。ゴールを決めた後のゴールパフォーマンスに注目。
鬼澤大介
とりあえずうるさい。試合中のかけ声の中に怪獣が鳴くような声が混じることがある。これがめちゃ怖い。
小渕瑛周
小柄な体格ながらそこから放たれるシュートはクリロナ並みの重さがある。あんまり喋ったことないから今度話そうね。
駒井快吏
イケメン。足速い。性格○。完璧。自分もこんな人間だったら人生もっと楽に生きていけたはず。
佐久間大河
ニキJr. 農学部に所属しているので私の敵である。個人的にタイガという名前は一番カッコいいと思ってる。
佐々木道滉
二高出身。今はクールぶっているが実はド変態。高校サッカー部の中では一番怖がられてたらしい。
佐々木玲南
体を張ったボールキープが上手いと思う。ドルトムントのジャージを上下揃えてる男。レフェリー3級頑張ってね。
佐藤空
二高出身。頼りになる後輩。ザ・フォワードというに相応しい人物。足の速さを生かした裏抜けとシュートセンスが売り。
鈴木由斗
この度、PK師匠となった男。一通りルーティンを行った上で外す。この一連の流れを見るのはかなりオモロイ。
鈴木涼平
Mr.クールボーイ。一朗さんの後輩ということもあってかとても落ち着いた雰囲気を醸し出している。
長浜慧昌
新潟高校出身期待のレフティー。練習後に自主練でFKを蹴っているがかなりうまいと思う。FKでの得点にも期待。
高松脩
高校でサッカーをやっていなかったがそのブランクは感じさせない。シュート外した後の悔しがる顔が特徴的。
田中遼太郎
リョウタロウ・タナカやなと。本田ばりの金髪で気合いを入れてきた。これがまた濃い顔面と合っててカッコよい。
中川綾介
東北のフッキ。サッカーも上手いが、高校からの先輩である原の扱いも上手い。ちなみに彼女はいたことがない。(原談)
袴田真有
クールなお姉さん系MG。少食そうに見えて実はラーメン大好き。物理が好きなのに農学部に入り、案の定生物の勉強に苦しんでいる。
久松基史
序盤に怪我をしてしまい練習できていない。それなのに練習に来てくれている。暇なのかな…?焦らずに治してね。
廣瀬海音
神奈川から来たナイスガイ。入学してまだ3ヶ月ほどだが、彼の家は既に1年生の溜まり場となっているらしい。
二ツ森友一朗
方言が抜けない小太りおじさん。1年生の中では見た目一番年上だが、実は2000年生まれ。部内で下から2番目という若さを誇る。
溝口睦望
審判2級を目指して入部してくれた。審判という立場ながら練習に積極的に参加し、声で練習を盛り上げてくれる。
向川大成
三高出身。無口なイメージだが、実はいじられ役である。他とは一線を画すイケメンな原付を持っている。
吉迫大輝
遠く広島の地から来た男。字がすごく綺麗。いつか「吉迫半端ないって!」と言われるくらい覚醒する日が来ることを期待している。
以上期待の1年生22名の紹介でした!自分はGKというポジションゆえに練習中に1年生全員とコミュニケーションを取るということはあまりできないので、もしかしたらそれぞれもっと面白い話題があるのかもしれません!またその時はその時で紹介してもらいましょう!
それでは読んでいただきありがとうございました!次回は愛しの剣山みーくんこと古賀広見くんにお願いしようと思います!よろしく〜

応援歌は歌うんじゃなくて叫ぶもんやで

はじめまして!

理学部化学科一年の田村祥太郎です。

北陵魂といえば田村、田村といえば北陵魂ということで二高出身として意気揚々とサッカーしております。最近は一部の先輩方に顔を見られるたび「キモい」とのご指摘を受けるので少々悲しみつつカッコよくなる方法を模索しながら、4セメの24/25コマに怯える日々を送っています。正直言って‥‥

化学科やめてぇ!!!!!!!

・・・

先日11月27日から29日の3日間Iリーグの全国大会の主管をしてきました!Iリーグは育成リーグなのでトップチームの人たちは基本的に参加しない大会なのですが、全国大会ということもあり、「これ本当に育成リーグかよ!!」って思うくらい体格から技術から戦術からもう何から何までレベルが高くてとても勉強になりました。東北地区からは仙台大A2が代表として参加してましたが彼らが予選1位突破で決勝トーナメントに残ったことが僕たちとしては全国に通用するような相手が身近にいるということでかなり刺激になりましたし、目指すべきところも明確になったんじゃないかなと思います。あと応援も良かったですね!高校の頃を思い出して応援歌とか歌いたくなってしまいました。特に関西学院大の「どんな時も~ここに集い~関学への~愛を歌う~」っていうのが個人的には一番ハマって、ボールボーイしながらずっと一緒に歌ってました笑 東北のリーグでは応援するチームを見たことがないので何かやっちゃいけない理由があるのかもしれませんが、やっぱり応援あるとプレーしてる選手たちも頑張る気持ちが一層強まっていいですよね。いつかやる機会があればいいなと思います!試合の内容や応援など、この大会を見てもっと上手くなりたいと思いましたし、サッカーできるだけ長くやっていたいという思いが一層強まりました。特に僕は今シーズン後半戦を怪我で棒に振ってしまいサッカーができずチームに迷惑をかけた申し訳なさとサッカーがやりたくてもできないもどかしさと悔しさを痛いほど味わったので今復帰してサッカーができる幸せを感じながら練習に取り組んでいきたいです。

さて!ここからは僕の好きなJリーグのチームの話に行きましょう!僕は仙台市民でありながら浦和レッズを応援しています。みなさんご存知かとは思いますがこの度、浦和レッズ、ACL優勝しました~!いやぁ最高の気分ですね。ホームの決勝なんかは本当に激アツでしたね!生で見たかったんですけどチケット取れず無念でした‥‥。田宮さんは埼スタに行ったようなのでもう本当に羨ましい限りでございます!僕は携帯で生で見てたのですが、最後のラファエルシルバのゴールの時は思わず店内で叫んでしまいました。(あの時お店にいた方々驚かせてしまってごめんなさい)今季はリーグ戦でかなり苦戦してペトロヴィッチ監督が解任されるという衝撃的な出来事があったり関根選手がドイツのクラブに引き抜かれたりしたのでまさかこっちで優勝するとは思ってなかったんですが、さすがですね!特に長澤選手が着々と成長してるのが嬉しいですね。というのも、彼がケルンというドイツのチームにいた頃一度会ったことがあってありがたいお話をしていただいたことがあるんです!それからというもの密かに応援してたんですね。浦和に加入すると聞いた時はかなり嬉しかったですし、結果としてACLの優勝に貢献してくれて感動もひとしおです!!余談ですが、ペトロヴィッチさんはコン◯ドーレ◯っぽろの監督になってしまったので昔のサ◯フレ◯チェひ◯しまみたいに来季になって次々に浦和の選手が引き抜かれてしまうのではないかとヒヤヒヤしております。今年はユアスタでの試合もチケットが取れず、ACLも取れずさらにはクラブW杯もUAEで行われるということで今年は1回しか応援に行けてないので来年はきちんと応援に行きたいですね!誰か一緒に行きましょう!!

もうちょっと浦和の魅力については語っていきたいところですが読んでる方の興味なさそうな顔が浮かんで仕方ないのでこの辺で終わりにします。

最後に、東北大学を目指して勉強している受験生の皆さんへ。もうすぐセンター試験ですね。緊張しているかと思います。本番まで残りわずかですが最善を尽くして風邪ひかないようにして頑張ってください。合格したら是非学友会サッカー部に足を運んでみてください。1年の中で一番家庭的な関根航太君が美味しい手料理を振舞ってくれるかもしれません!もしくは最近金遣いの荒い原雄飛君が気まぐれで高級料理店に連れて行ってくれるかもしれません!来年、楽しみに待っています!

さて、次のブログですが、中村航太君は置いといてクラシコについて書きたいと言っていたティティこと舘野君にクラシコが来る前に回してしまいたいと思います。頑張って他に話題見つけてね!!よろしく!!