内省


学友会蹴球部に入って約1年。この間、自分はどのように変わった(成長した)のか、自分の今をふと振り返るとなんとも言えない気持ちになることが多い。

変わったことが全く無いわけじゃないし、その成長を実感できたときもある。でもやっぱり心の底では「うーん…」と、まだ出来たのではないかと違和感が残る。

過ぎた過去に執着するのに意味はないが、過去を反省し未来に活かすことに一定の意味はあるはずである。ここで、自分は今までどのようにこの1年を過ごしてきたのかを考え、今後に活かしていきたい。読者の方々は「こいつなんか1人で喋ってるな」ぐらいの感覚で読み流してほしい。

 

さて、まずは学友会に入った経緯から。今までサッカー以外の競技を本気でしたことがなかったので、まあとりあえず大学もサッカーかな、という気持ちだったと思う。また高校の3年間、地元ということもあってすぐそばにある川内の人工芝を横目に羨ましいなと思いながら土の上で練習していたのも理由の一端だろう。あとこれを知っている人はほぼいないと思うのだが、高校時代、土で痛い思いをするのが嫌で何度か川内にお邪魔してGKだけでも練習参加させてもらえないかと頼み込んだこともあった(仮に怪我した場合の関係で実現はしなかったが)。

だが入部した後は、コロナウイルスの影響でリーグ戦が後期だけだったことや、何よりも自分が思い描いた理想と現実との乖離に苦労したこと(ここでは触れないが本当に様々な面で)などもあり、非常にあっという間にシーズンが終わった。何も出来なかったままもう1年目が終わるのかという虚無感と、あの時もしこうしていればという後悔、そして自分がずっと追いかけていた同じ高校出身の4年生に対する申し訳なさなど、色々な感情が入り混じっていた。

そして現在。長い自粛期間が明けと活動再開から約2ヶ月、良い意味でも悪い意味でも環境に慣れてきてしまっている。日々の練習で全力を尽くせているか、今の目標は何か、入部時に何を掲げたか、それは達成できているか。自分の中で伸びたと感じるところもあるが、客観的に振り返ると、まだまだ理想には程遠い。一対一のセーブ率をもっと上げる。ストロングであるキックでチャンスを演出する、相手がどれだけ強くプレスをかけて来ようとも高い確実性を持って味方にパスを供給する。

自分の課題をつぶすことが、チームの成長にも繋がる(と信じる)。だからこそ、自分のプレーにもっと責任と自信を持つ。

 

あまり長く書いてもお互いに得をしないので、最後に決意じみたことを1つ。

部の強化は、チームのための部員各人の帰属精神や行動による。もちろんこれは間違いではないと思うのだが、やはり僕は人間としてあくまで自分の幸福を追求したいし、他者や集団の幸福ばかり考えるというのもなんとなく違うと感じる。なので、目の前のやりたいこと・やるべきことをやり続け自分が豊かになることを継続していく中で、その過程で形成された僕という存在が他者や集団にとって、少しでもプラスになれば、冒頭のやるせない感情も解決するとと思う。そのような人間になれるプレー、そして行動を心がける日々にしたい。

 

初のブログ投稿だったのですが、思うままに書いた結果、気づけば過去の形式を全く無視したものとなってしまいました。最初に名前を敬体で紹介すると、以降の文章も敬体で揃えないといけないので個人的にあまり好きではないんですよね。まあ自分の考えを整理し備忘録的に記した、という良い機会になったのではないかと思います(以後気をつけます)。週2本投稿なので、活動報告等は木曜担当の吉迫さんにお願いしようと思います。

そして、先週の鈴木愛乃ちゃんから受けたテスト期間の乗り越え方ですが、やはり時間をかけて取り組むしか無いと思うので、そのためにまずは少しの時間からでも始めてみることですかね。自分も今一度心がけようと思います。

ということで次回ですが、4年生へと移りますね。ここはやはり高校の大先輩で最近はよく練習後にシュートを打ってもらっている、佐々木道滉さんにお願いしようと思います。みっちーくんの好きなように書いてください、よろしくお願いします。それでは。

2年 板橋康知

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください