【遺言ブログ⑤】エモいって言葉マジ便利だけどマジで中身ねえよな


こんにちは。工学部材料科学総合学科4年の三輪泰斗です。タイトルは最近思ったことです。この言葉使うやつ正直下に見てます。

今回のブログ書くにあたって、書くこと思いつかなくて先輩の引退ブログ見直してたら、最初はしょーもない雑談でいいみたいなので、そうします。

部活引退してからもうすぐ三週間経過しようとしています。早いですね。自分はうまく切り替えて、思い残すこともなく、今までできていなかった卒論に向けての実験をこなしています。

って、そんなわけあるかーい!

未練タラタラだわ!今週も練習行っちゃったわ!部活楽しいわ!ちゅーそんブログ風に言うと、うまく切り替えられないですねwww って感じでしょうか。あの読点のない文体好きなんですよね。

まあ、それでも暇な時間は多いわけで(実験しろよ)、最近は自分の将来について考える時間が増えました。自分は何になりたいんだろう?と自問自答して、ラーメン食べてたらラーメン屋さんをやりたくなってしまったので僕はもうだめです。

今年いろいろな学年とカラオケ行って(実験しろよ)気づいたんですけど、各学年カラオケに色があっておもしろいなーって思います。勝手にカテゴライズしました。

1年 オタクカラオケ

2年 バカ騒ぎカラオケ

3年 ガチ採点カラオケ

4年 自分の歌う曲以外興味ないカラオケ

こんな感じです。クソどうでもよくて草ァ!

はい。雑談終わりです。雑談の内容に一貫性がなさ過ぎて自分でも笑ってしまいました。ツイッターかよ。

本題入ります。自分は正直サッカー部でやってきたことなんて楽しくサッカーしていただけで、みんなみたいにチャリンコ部入ろうとしたり、悔しいから本気出そうとしたり、これから書かれるであろう地球外から来たロボットだから股関節の故障をなおせなかったみたいな苦しいエピソードなんてほとんど持っていません。なのでやっぱ語れることはどうやったらうまくなるのかぐらいしかないんですよね。幸せなポジションにいたわ~

部活では4年間試合に出ました。なぜか首脳投票では副部長に一票しか入りませんでしたが。1年生の頃はほとんどヘディングしかしてなかった気もしますが、3~4年ではいろいろなことができるようになりました。正直4年が一番サッカーうまくなった気がします。で、試合に出るためには何が必要かちょっと考えてみたので、ご参考までに読んでみてください。とはいっても割と菅野と書いてること同じだったりします。

①自分を知る

自分は何ができて、何ができないのかということを考えてください。そのあとに、自分の成長できるポイントはどこかということを考えてみてください。

大学サッカー、試合に出るためには自分のストロングポイントを持つことが重要だと個人的には思っています(あと守備ができる)。そのストロングポイントだけはどこの大学の選手にも負けないという武器を持っている選手は強いです。この大学には本当にいろいろな種類の選手がいて個性もよりどりみどりです。まずは自分にとっての一番の武器を知りましょう。

ただ、武器というものはやはり使いどころが重要で、いくら足が速いFWでも相手のラインと駆け引きしなければ怖くないし、シュートがうまくても相手ゴール付近まで侵入できない、いいポジションをとれなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。そこで一歩踏み込んで、どういったプレー、ポジショニングをすれば武器をフル活用できるのか考えてみてください。ここで重要なのが菅野の言っていた85分間です。準備の時間と考えるのがいいですね。

もう一つ、チームではどういうプレーが必要か考えて、そのなかでも自分が身につけられそうなプレーを伸ばしていってほしいと思います。スキルの取捨選択とでも言いましょか。自分は、身の程を知るというか、できないことはできないと割り切ることは結構大切なことだと思っています(守備以外)。これ引退するまでにできるようにならなそう、そう思うプレーは捨てちゃっていいです。自分はロングキックとシュート捨ててました。時間は有限なので今はできないけれど今後できるようになりそう、そんな技術を伸ばしてほしいかなって思います。

②見て学ぶ

よく言われてることですけど自分はプロの試合から学ぶというよりかは身近な人から学んでいったことのほうが多いです。

ヘディングは高校の先輩を見て覚えました。守備は1年の時の先輩を見て、最近できるようになった背負うボールキープは響や中村こうたが練習や試合で手使うのがうまいのに気づいて、自分も背負うとき手を使うようにしたら急にできるようになりました。

手を使うことなんて多分基本中の基本だけど、視点を変えてみることで分かるそういった何でもない『気づき』って結構大切だったりします。そしてさっき言ったようにこのチームはいろいろなストロングポイントを持った選手がいます。ほかの人のうまい部分にどんどん気づいていって、どんどんお互いに吸収出来たら、サッカーうまくなれそうじゃないですか。

自分がサッカーについて伝えたいことはこの2つですかね。

こうやって書いてみると、結構去年の先輩とかとおんなじこと思ってるんだなーて思います。Timさんみたいにもっとサッカーうまくなれたと思うし(最後が一番成長期だった)、舜さんみたいに後輩みんなうらやましいし、一朗さんみたいな基準の話はミーティングでみんなにした話です。感慨深いです。まあこうたさんみたいにすごいことは考えなかったし、E岡さんみたいに空き缶を積み上げたりはしてないけど。

ただ5年、10年後にインカレにいけるチームの基盤を作ってもらったら2年後に行っちゃいました(笑)的な話をこうたさんにできなくなったのは残念です。来年に期待してます。

あともう1つ、後輩のすばらしさについて二ッ森から語ってほしいといわれたのでちょっと書こうかな。

もともと自分はそんなに先輩後輩にコミュニケーションとっていくタイプではありません。高校の時もそうでした。しかし大学2年になって同期理系が減っていき、4年で続けるの俺だけ説が浮上し、これ後輩と仲良くなっとかないとやばいな…という、そんな思いから積極的にコミュニケーションし始めました。

自己中心的な、打算的なそんな考えは、自分の大学サッカーのみならず、大学生活を華やかで、豊かで、それでいて刺激的なものに変えてくれました。

正直こんなに関わりが深くなるとは思っていませんでした。一緒にサッカーする以外にも一緒にカラオケ行ったり、ウイイレしたり、旅行に行ったりベガルタ見に行ったりライブに行ったり飲み会したりキモい恋バナ聞いたり…幾らでも思い出があふれてきます。特に3年生が招待してくれたキャンプは最高でした。あれは来年もやるべきだね。

本当は一人一人との思い出を語りたいところですがクソほど長くなりそうなのでやめときます。こんなに未練タラタラなのも、自分が思っている以上にこの部活が大好きになってしまっていたのも、君たちあってこそです。最高のクソ野郎達だったよ。

といってもこれでお別れなわけではないので。まだ2年は仙台いる予定だし、練習にもちょくちょく顔出すし、次に会ったときはこのブログ思い出して気まずい顔するかもしれないけどよろしく。

終わりが近づいてきました。最後に流れに乗る感じで感謝を。

まずは同期。菅野とはもう出会って13年(半生以上とかエモすぎる)、港斗とは7年、響、パイソン、颯太、ちゅーそんとは4年 本当に長い間サッカーをしてきたなぁって思います。結局最後同期と撮った写真が一番心に残っています。ありがとう。来年就職してもまた仙台戻ってきてね。社会人なんだからお金出してね。

あと今まで自分のサッカーにかかわってくれた人たち。あなた達のおかげで今の自分があります。ありがとう。

家族は遠いところから応援に来てくれました。片付けスキルは成長していませんが、サッカーでは成長した姿は見せられたでしょうか。様々なサポートありがとう。いつか恩返しします。

なんか今生の別れみたいになってしまったので、最後は自分らしく締めたいと思います。やっぱ堅苦しいのは性に合わないので、一言で。

شكرا لترجمتك

また会いましょう。では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください