男子大学生(23)の飽くなき挑戦


以下の文章は東北大学学友会蹴球部最年長のメッセージである。みな心して読んでいただきたい・・・

 

 

 

 

 

冗談です。大変失礼しました。僕のブログなんて心して見るものなんか何もないです。けど最後まで読んでもらえたらうれしいなっていう気持ちで書きたいと思います。

 

改めましてこんにちは。農学部4年の扇隆介です。

 

ブログリレーも4年生は残すところあと4人となりました。終盤戦ですね。作山マネージャーのとてもとても癒されるブログによってみなさんの体力も完全回復したと思うので、ここからまたお付き合いください。後に控えてる3人はなかなかの曲者ぞろいなので、僕のブログは気楽に見てくださいね。

 

私事ですが、今年の秋季飲みが行われた11月4日に誕生日を迎えました。祝ってくれたみなさん、ありがとうございました。こんな誕生日を経験する人はそうそういないと思うので、新鮮でした。

ついに迎えてしまいました、23歳です。(ここで24だろ、いや25だろとか言うやつは裏でぶんなぐっt…

晴れて正真正銘の最年長になってしまったわけですが、秋季飲みで4年生は引退というのが例年の形なので、ぎりぎり23歳プレーヤーを免れるという結果になりました・・・

 

 

 

 

・・・はずなのですが、知ってる現役プレーヤーもいる通り、僕は一昨日から練習に復帰しています。やっぱりサッカーしたくなっちゃいました。23歳プレーヤーの誕生です。オーバーエイジ枠選出です。国の代表として3人しか選ばれないあの枠です。事情があって復帰が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。試合に出る出ないに関わらず、あと1週間ですがもう少しだけ頑張りたいと思います。

最終節以降ほとんど動かずに大丈夫なのかという心配の声もあがってきそうなので、秋季飲み後の1週間の生活についてまとめてみたいと思います。

 

11/5(月) 500円を課金して購入したヘパ〇ーゼの効果で二日酔いもほとんどなく、午後から研究室へ。夕方に研究室対抗バスケ大会の1回戦があり、サッカー部という理由だけで20分フル出場。快勝を収めた。

11/7(水) 部活の区切りがついた(つもりでいた)後、初めてのバイトへ出勤。ふたつもりゆういちろうとか言う新人バイトがいたが、彼のサポートのために店内を走り回る。彼の今後の活躍に期待。

11/9(金) 研究室対抗バスケ大会の2回戦。またまた20分フル出場。辛くも勝利を収め、同日に決勝戦。こちらも20分フル出場したが敗北。結果準優勝となった。

11/10(土) この日は学部コース対抗サッカー大会の1日目。グラウンドコンディションが悪く試合は中止となってしまった。芋煮会行けなくてごめんなさい。

11/11(日) 学部コース対抗サッカー大会2日目。前日中止だった分の試合も行うため、15分ハーフのゲームを4試合行った。もちろんフル出場なので120分試合をした。無敗無失点だったが結果は準優勝。

 

こんな感じです。結構な量の運動をしました。肝心の研究がおろそかになってる気がしますが、関係ありません。これで農学部も羨ましいと思われる学部になったことでしょう。特に僕の所属する動物コースはスポーツが盛んなので引退後の運動不足解消にも期待できそうです。1年生の3人はコース決めの参考にしてね。

 

 

くだらない話をしてしまいました。長々としゃべったので終わりにしようと思えばできますが、サッカー部の話を全くしていないのでもう少し続けます。遺言なので許してください。

 

みなさんは日々の部活で“努力”をしていますか?

試合に勝つために、試合に出るために、他の人よりもうまくなるために・・・。他にもいろいろありますね。

僕もこの4年間、自分なりにうまくなろうと、試合に出ようと日々の練習から努力してきたつもりです。けれど、1年生の時はクラブリーグというCチーム向けの社会人リーグ(とんぺークラブよりもカテゴリーが2つくらい下なのかな)にしか出れなかったですし、2,3年生の時もアイリーグに出たり出なかったりを繰り返していました。まぁはっきり言えば、自分の努力はどこか足りなかったんだと思います。

3年生にもなってこんなもんならもう引退してしまおうかなと思った時期もありました。でも、2年の時も3年の時も秋季飲みの場などで

「お前はもっとできるはずなのになんで頑張らないの?」

みたいな言葉をいろんな人からかけられた気がします。飲みの場なので記憶違いなのかもしれませんけど。

こういう言葉を、1回だけではなく何度もかけられる自分には何が足りないんだろうなってふと思い、4年目もその答えを探りながら部活を続けることにしました。

練習中に掛け声でもいいから声を出すとか球際激しくいくとか目の前の1対1に食らいつくとか空中戦負けないとか怪我しないためにストレッチをしっかりするとかプロテインを飲むとか・・・。意識すればできる努力はたくさんあったと思います。

そのおかげかどうかはわからないですけど、4年生になってやっとトップチームの公式戦に出られるようになりました。初めて出た時の緊張感は今でも忘れられないですし、仙台大の強さを目の当たりにしたのも、岩大福大でふがいない試合をして悔しい思いをしたのも、東日本に勝って初勝利を喜んだのも、後期シーズンで岩大にリベンジできたのも、最終節勝ちたかったけど勝てなかったことも・・・。自分が出た試合って結構覚えてるもんです。この感触をみんなに味わってほしいと僕は思っています。そのためにも、自分の中で努力の限界を決めないで、できる限りのことをみんなには普段からやってほしいです。

 

もうひとつ、今シーズンうまくいかなかったなと思う人へ

自分も今シーズンずっとうまくいったわけではないです。前期の終盤から調子を落とし、そのまま院試を迎え、関東遠征で復帰したころにはチームに一気に置いて行かれたような感じがしました。後期シーズンもチームが勝つ中でなかなか試合に出られず歯がゆい思いをしました。後期シーズンはトップチームの公式戦に出ないで引退することも覚悟していました。それでも練習は全力で取り組んできたつもりです。試合に出られないとモチベーションを上げたり保ったりするのは難しいと思いますが、チームの総合力を上げるのはそういった現状で燻っている人たちだと僕は思っています。

これを見て自分かなって感じる人がいたら、自分次第でチームが変わるくらいの気持ちで日々の練習に取り組んでください。僕目線にはなりますけど、今のチームはサッカーがうまい人がたくさんいると思います。恵まれた環境、恵まれた能力を存分に発揮してこれからも頑張ってください!

 

長くなりすぎました。実験が立て込んでいるのでそろそろ終わりにしたいと思います。(miwaくんカラオケ行けなくてごめんね。また今度行きましょう)

ということで明日のブログはmiwa大好き田宮遼太くんです。クラブリーグからともにずっと頑張ってきた彼はサッカー部への思いとmiwaへの思いのどちらをより熱く語るのか期待しましょう。よろしく!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください