私のサッカー、みんなのフットボール


こんにちは。文学部2年の羽成隆太郎です。今回から2年生のブログが始まるので良い流れを作っていきたいと思います!文学部という理由で文章を書くことがうまいと思われがちなんですが、私は本を読まない文学部です。拙い文章になってしまっていると思いますが、最後まで読んでいただけると幸いです。まず、土曜日、日曜日の試合について報告いたします。

東北1部リーグ vs東日本国際大学 2-1 ○ 得点者 関根×2

Iリーグ vs八戸学院大学 1-2● 得点者 古賀

練習試合 vs仙台高専 3-0○ 得点者 佐久間 長浜 小渕

嬉しい報告。今シーズン初めて1部リーグで勝利を収めることができました!やったー!!ここでこの試合の内容について書きたいと思ったんですが…、正直ほとんど覚えていません。試合の中でいろいろなことがありすぎて、未だに整理はできていません。先制点を取られる、レッドカード、そして10人での逆転勝利。肉体的にも精神的にもタフな試合であったことは確かです。今回のような試合で勝ち点3を取れたことは、チームが成長している証だと思います。まだまだリーグ戦は続くので、気持ちを切らさず、チーム一丸となって戦っていきたいと思います。私自身、後半早々に負傷交代してしまったことが悔しいです。もう少しタフに。

Iリーグ、練習試合については観ていないのでなんとも言えないのですが、得点力不足であるチームにとってそれぞれの試合で得点を取れたことはかなり収穫ではないかと思います。シーズンは始まったばかりなので、まだまだ張り切っていきましょう!

試合の話はここまでにして、個人的な話について。

4年に1度サッカーの祭典、W杯が開催されています。国の威信をかけて戦う選手たちは強さ、勇ましさ、そして激しさを私たちに観せてくれています。かっこいいという言葉が1番あっているのかな。そしてかっこいい選手たちが所属している32国家の中で私が推しているチームはフランス。フランスはヨーロッパのビッグクラブに所属している選手が多く、グリーズマン、ポグバをはじめ魅力のある選手が多いです。そこで、私が考えるフランスの1番の魅力は若くて優秀な選手が多いということです。先ほど挙げたグリーズマン、ポグバはまだ20代。バックラインも22、22、24、25とかなり若い選手が多いです。4年後もほぼ同じメンバーで戦えるかも…。若さを活かして、勢いのまま勝ち進んでほしいと思っています。できれば日本と戦っているところを観たいかな。

もう1つ別の話題。あなたの周りにサッカーが好きと豪語する人はいませんか?サッカー好きの私からすればかなり嬉しいことです。W杯の時期ですし、もしかしたら増えているかもしれません。みなさん、そんな人に好きなサッカー選手は?と聞いてみてください。うっちー(内田篤人)、長谷部と満面の笑みで答える女性はいませんか?もしこう答える人がいたら、疑いの目を向けよう。そして、岡崎、酒井宏樹と答える人はいましたか?こんな人は積極的に信頼していこう。

最後の話題は書き手の戯言です。もし暇があるならば、それぞれ文の意味を考察してみてください。今回はここまで。次ははらひこと原雄飛選手に書いてもらいましょう。またね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください