Chromecast


3年冨田です.

現在サッカー部は主要な大会である秋季リーグを中心として,他にはIリーグ,クラブリーグを戦っています.前々回の東北工業大学に対する秋季リーグは14-1で勝利しました.この試合は他の大学との得失点との兼ね合いもあり,勝利はもちろん大量得点をすることが必要となっていたため,まずは大差で勝てたことはよかったと思います.ただ,不運な形でカードをもらったり,不用意なミスにより失点してしまったことは今後の課題だと感じました.今後は一戦一戦しっかり勝ち切り,日程が進んだ後の試合を見据え,怪我や戦い方について改めて考える必要があると感じます.

また先日行われた日本大学工学部戦は7-2で勝利しました.内容をより高めて,一試合ずつ勝ちましょう.

試合が多くあることから,部員は原付を使用して移動することが多いと思います.3年の佐藤が怪我をしてしまったこともあり,より一層交通法規を守り,自らの安全を確保しましょう.

 

以下は雑感です.とても長いです.

秋季リーグが始まりました.サッカー部が参戦している大会は数多くありますが,部員である以上トップのチームとやり合うことのできる秋季リーグが一番の主要な大会ということになります.1部の大学と今シーズンは戦う機会はありませんが他大学とトップチームで戦うため,ベストメンバーで秋季リーグを戦うということになります.いい意味でも,悪い意味でも,サッカー部の主要役職を担っている3年全員に秋季リーグに出場するといった気持ちがあるとは私は感じません.

先日の試合には怪我などの要因はありますが,3年としてメンバー入りしたのは2人しかいませんでした.結果的にメンバー入りが2人となってしまうのは仕方ないとは思いますが,今シーズンを通して3年の学年がチームの中心となったことはありません.3年の部員の大半は2年以上大学生活の半分以上の時間をサッカーに費やしているといっても過言ではなく,だからこそ,やっているからこそ,試合に出なければ意味がないと考えるのは体育会系の思考として正しいと思います.

大学生活の青春を捧げている以上,個人の目標はあるにせよ最終目標である,秋季リーグに出るといった目標は各個人がもつべき目標なのです.レギュラーを確保している人からレギュラーを奪う方法として,2つあり,サッカー技術を向上させること,レギュラーを故障させることです.後者について,試合に出ていない部員がレギュラーを壊すほどのプレッシャーをかけてこない現状はもはや体育会系の部活ではありません.怪我をさせるプレッシャーをかけてください.その姿,競争こそがサッカー部にあるべき原理であると私は思うのです.

話が蛇行していますが,つまり限られた時間である今を最大の利益を得られるように努力することを求めたいということです.3年は部員である以上もっと努力することを求めます.

 

また夏休みも終盤に差し掛かり,暇を持て余すことが多くなりました.3年ということもあり,自分の進路について考えることが多くなりました.自分の夢や志を何か模索しているようなそんな青臭い感じです.3年の同期はインターンに行ったり,釣りに行ったり,サーフィンをしたり,暇人だらけです.そのようなこともあり,暇な私が最近読んでいる本は若者がいかに成長していくかといった青春小説を読むことが多いです.

また,こないだは最近買ったChromecastを使って「桐島,部活やめるってよ」という青春映画っぽいものを観ました.登場人物を異なる視点から描写し人物の悩みや人間関係を表現しており,個人的にはほどほどの映画だったなと思います.

自分の中で印象に残った映画はショーシャンクの空にという映画です.元サッカー部に在籍していた人に紹介してもらい観ました.殺人罪で刑務所に入れられた主人公が様々な困難に出会い,希望を捨てずに生きていくという物語で,主人公の困難を乗り越えていく精神力に感動しました.

映画を観るのが好きなので,何か面白い映画があれば教えてほしいです.そこで来週はTSUTAYA八幡店に勤務しているという1年レオ君佐久間遼にお願いしたいと思います.

誠一郎さんがどうしても書きたいとのことなので,来週は某大手企業に内定をいただいた高橋誠一郎さんにお願いします.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください