新入生へ向けて


工学部化学バイオ工学科一年高橋佳亮です。あっきさんに一年生に頼むと言われたので自分が最初に書かせていただきます。また、書くのが遅くなって申し訳ありません。

自分はあっきさんのようなユーモア溢れる投稿や、まもさんのようにサッカーの戦術についての投稿などはできないので、主に新入生に向けて少し真面目に書こうと思います。

プレイヤーを希望する人へ

大学に入ってサッカーをしようと決めている方、または迷ってる人へまず伝えたいことは一回練習にきて部の雰囲気を味わってほしいということです。部員のサッカーに対する熱意、お互いを高め合う関係、部活外での親密さ、それらを見て自分で判断して欲しいのです。これは自分の考えですが、大学でサッカーを学友会で真剣にやるということは見方によっては大学生として多少異質なことだと思います。それは大学生になると自由が増え、多くのやりたいこと誘惑も増え部活動というものに生活の多くを捧げると決める人が多くないと自分は感じるからです。だからこそ、そのことを考慮した上で、この部活で4年間サッカーをする未来を想像できるのかを直接部の雰囲気を感じて決めて欲しいのです。ただ、自分はちょうど1年前に入部を決めてから今まで一回として後悔をしたことはありません。先輩、仲間と過ごす時間は毎日楽しいし、なによりサッカーが本当に好きだからだと思います。何を判断基準にするかは個人次第ですが、サッカーをするのが本当に好きなら入ることをオススメします。多くの仲間が増え、お互いに切磋琢磨できる日を楽しみにしています。

マネージャーをやりたい方

サッカーが好きな方、今興味が無くてもマネージャーの仕事に興味がある方、何か大学で新しいことを始めたい方、どんな方でも歓迎します。もちろん友達と一緒に入ることも可能です。むしろ歓迎します。高校時代にマネージャーがいなかった自分としては女の子がいるだけで少し気持ちが明るくなります。新歓では女子会なども企画してますので、是非是非お越しください。

ちょい長くなってきましたがここらへんで終わろうと思います。

かなりカタイ内容になってしまいましたが、次回はこうすけに頼みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください