感謝


ブログを開いてくださりありがとうございます。杉本から指名されました東北大学経済学部三年のゴールキーパーをしている田中悠貴と申します。彼は純愛が好きでいろいろな恋愛エピソードを持っているのでぜひ後輩の皆さんは聞いてあげてください、照れながらも答えてくれるでしょう!

さて活動報告です。

学生リーグ

vs富士大学1-1(0-0/1-1)

vs八戸学院大学1-4(1-1/0-3)

今週は土日両方とも試合がありました。土曜は富士大学、日曜は八戸学院大学との上位連戦でした。

富士大学戦は、後半に先制されたものの後半残り10分あたりからの東北大の勢いとなりその中で遠藤の絶妙クロスに由斗さんが相手GKも動けないドンピシャヘッドで決めてくれました。追いついた後も何度か決定気が訪れますが決めきれず、そのまま試合が1-1で終了。前期0-4で負けた相手に善戦することができました。

八戸大学戦は前半ボールを持たれる展開の中、駿がプレスからボールを奪取しそのまま稜介さんと繋ぎ、相手GKを動かしてミドルシュートを決めたものの、前半にPKで同点、後半にもPKで勝ち越され、その後攻めに出たところを立て続けに2点取られてしまい、終わってみれば1-4のスコアで敗戦を喫してしまいました。チャンス自体は作ることができており戦えていただけに悔しい敗戦です。PKが二本ありましたがどれも止めることができませんでした、一個でも止めてチームに貢献したかったですが悔しいです。

上位連戦は1分1敗という結果でしたが来週には最終戦である、東北工業戦が残っています。勝って今シーズン終われるよう良い準備をしましょう。

今週は駿のお父さんがバスを出してくださり岩手→青森と送迎してくださりました、とても感謝しています。ありがとうございました!

 

ここからは雑記です。

 

テーマも特に与えられなかったのでサッカーにおいて大切にしていることを書こうかなと思います。文才は皆無なのでまとまっていないですがお許しください。

 

私が大切にしていること、それは失敗を恐れないことです。

 

身長もそこまで大きくない、反射神経も人並みである自分が試合に出るためにどうすれば良いか、それはたくさん失敗してそこからたくさん学ぶことだと考えています。

例えば、キックに関しては、

最低限の蹴り方をキックがうまい人から見て学び→近い距離で蹴ってみる→距離を伸ばして蹴ってみる→実践でも失敗を恐れず蹴ってみる

これを繰り返していくと失敗や成功のデータが取れてきて次第にどのようにやれば成功できるか見えてきます。理論より実践です。

これは1例ですが失敗をすればするほどうまくなるチャンスがあると私は考えています。ただここでいう失敗は積極的な失敗であり挑戦した結果失敗してしまうことなのでそれは少し注意が必要ですが、これは自分自身のとらえ方次第でどうにでもなります。また失敗したときの心の持ちようも大切なのでマインドも大事だと思います。

要は失敗することとそれを受容するメンタルを持つことですね。

サッカー以外でも同じことを言えるのではないでしょうか。

 

話は変わりますが四年生の方々とサッカーできるのもあと1週間です。

入部当初から非常にお世話になりました。練習や試合でも四年生の方々は常に頼もしい存在です。そんな方々もうサッカーが一緒にできないのは本当に残念で仕方がありません。ラスト何回かの練習と土曜日にある学生リーグという少ない時間をかみしめていきたいと思います。

四年間お疲れ様でした、そして三年間ありがとうございました‼(まだ終わってないですが)

 

そして田邊君をはじめとした首脳陣の皆さんもお疲れ様です。特に田邊君はいろいろと悩み事が多かったと思いますが非常にキャプテンとして頼もしかったです。

 

今回はそんな田邊君にブログを回そうと思っていたのですがトリを務めたいらしいので(笑)副キャプテンである駿にお願いしたいと思います!お題は副キャプテンを通して感じたことなどでお願いします。

 

それでは皆さんいい夜を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください