「クリぼっち神回避講座」


 

みなさん、ごきげんよう。最近急に寒くなってきましたね。体調管理には気をつけましょう。ちなみに私は今朝お腹の調子が悪うございました。星からのバトンを受け取りました、経済学部3年の新海太智です。星は一昨年の冬に大ケガをしてしまい、1年間のリハビリ生活を乗り越え、今楽しそうにサッカーをしているのを見るととても嬉しく思います。なにより今年1年彼に怪我がなくて良かったです。来年も怪我なく一緒に頑張りたいですね!

さて、今週の活動報告です。

といっても田中君が詳しく述べてくれていたので結果は割愛させていただきます。今年は昨年負けた上位3チームから1勝もすることができませんでした。この差をどう埋めるか、試合に出ていた3年生以下の選手たちがチーム全体に還元できるかどうかがカギになってきます。来年のリーグ開幕まで時間があるようでありません。他のチームもさらにレベルを上げてくると思われるので我々も一つ一つの練習にこだわりレベルアップしていきましょう。

また、今週の土曜日には最終節が我らのホーム、川内グランドで行われます。約2年ぶりに川内での試合です。是非見に来て欲しいと思います!最後は気持ちよく勝って笑顔で今シーズンを締めくくりましょう!

ここから本題に入りたいと思います。星からのお題、今年のアイリーグを振り返ってとの事でしたが、真面目な1年間の総括は日曜の代替わりミーティングの時に話したいと思うので、今回は全10試合をゆるくウラ話も含めた振り返りをしていきたいなと思います。ちょっと長くなりそうなので読みたい人だけお付き合い下さい。それでは行きます!

7/4()1節 vsCommon Sense  1-6

思えばこの試合から波瀾万丈アイリーグ監督生活が始まりました。監督として迎える初戦、アウェイのノースアジア大学へと向かう最中、一本の電話が私の元へ。それはTY貴の運転する車がパンクしたとのこと。しかもこの日はGK1名だけ。(この試合以降キーパーを2名連れてくことを決意。)会場に到着した私はどうにかキックオフ時間を遅らせてくれないかとノースアジア大学の監督の元へむかいました。そこに待っていたのは某任侠映画、北野作品に出てきそうな顔つきをしたスキンヘッドの監督。チビリそうになりながらもキックオフ時間の変更を交渉。するとあのいかつい顔から予想だにしない可愛らしい満面の笑みで「いいよ」との一声。どうにか1時間遅らせキックオフしたものの、結果は1-6の敗戦。事故のショックも隠せず、また試合中にはT中君が痛がって試合が止まっていると相手選手から「あのキーパーまた試合時間伸ばしてるぞ。」との罵声が。T中君にとっては散々な1日となってしまったのではないでしょうか。

10/2()2節  vs八戸3rd 2-1

3ヶ月の中断期間を経て、この試合は現キャップ田邊、副キャップ大芽、そして昨年のアイリーグ監督大成さんを擁した、いわゆる豪華メンバー“(田邊が言ってました)でのぞみました。「このメンバーで負けたら監督引退だな!」とバイト先でK泉、EN藤くんらに笑顔で恐ろしい一声をもらいのぞんだ一戦。大成さんは去年のアイリーグの借りを返そうといつもよりも10倍ほど目が開いていたのではないでしょうか。しかし、由斗さんのゴールをオフサイドで取り消してしまう空回りぶりも見せてくれました。試合は何とか2-1で勝利。監督解任を免れました。しかしこれが最初で最後の勝ち点3となってしまいましたね。

10/3() 3節 vs八戸3rd 0-2

2日連続の対戦となったこの試合はメンバーを大幅に入れ替えてのぞみました。この試合の見どころは何と言っても喜一キャプテン。今年から私は試合ごとにゲームキャプテンを指名してやってもらうシステムを導入しました。試合前に首脳のみんなにキャプテンを五ノ井にしようと思うと言うと駿からの猛反対。そして喜一でいいとの事で喜一にやってもらうことに。するとさすが元湘南高校キャプテン、試合中はプレーと声でみんなを鼓舞する姿がありました。同じ湘南高校の後輩の高井とは微妙な距離を感じるので相当こわいキャプテンだったのでしょう。でも、後の飲み会で戸波が喜一のキャプテン姿をベタ褒めしてましたよ。まあ戸波に褒められても嬉しいかは分かりませんが。(冗談だよ、戸波!)試合は終了間際の2失点で負けてしまいました。

10/9() 4節 vsTG NEXT  1-1

この試合のMOMはなんと言っても梅本でしょう。0-1のビハインドで迎えた後半、CB五ノ井からのロングボールにこれまたCBの梅本が右サイドをドリブル。中に上げたボールは相手に当たりコースが変わりキーパーの頭上を超えて同点ゴール。喜びを爆発させた梅本はベンチにむかってきてベンチメンバーと熱いハグ。私も歓喜の輪に入ろうと梅本の方へ。しかし梅本を見るとユニホームが汗でビチョビチョ。私は着替えを済ませたキレイな格好でいたので熱い抱擁ではなく、急遽グータッチに変更することに。ごめんね、梅ちゃん!来年は是非学生リーグで熱い抱擁を交わしましょう。最近彼は髪型を一新しノリにのっています。プライベートでもいいことがあったのでしょう。試合はその後攻め続け決定機を作るも決めきれず引き分け。

10/16() 5節 vs八戸2nd  1-6

この試合の相手は某YouTuber、マイケルFC擁する八戸2nd。試合は先制するも前半のうちに追いつかれ、後半は精度の高いセットプレーに苦しめられ5失点を喫し敗戦。後の彼のYouTubeではダイジェストだけで終了しており、それも悔しさを倍増させました。

10/23() 6節 vs富士大学U-22  0-2

この試合はコーナーからの2失点で敗戦。前節とは違いそんなに精度の高いボールではなかっただけに防ぎたい失点でした。後半は何本か決定機を作るも決め切れず敗戦。この試合は特に何もなかった気がします。

10/30() 7節 vs八戸2nd  0-2

この週は学生リーグ、アイリーグ合わせて6試合の超過密日程の中行われました。相手は前回大量失点で負けているチーム。前半はゴール前のFKPKなどチャンスを沢山作るも得点には至らず。後半は相手が学生リーグに出場した選手らを投入し攻撃の勢いが増し失点。そして2失点目は某マイケルFC。やられました。そして後日YouTubeに得点シーンを掲載されてしまい、悔しい結果となりました。彼は3年生らしいので来年リベンジしたいですね。それにしてもいい選手でした。(ブログ見てくれてるかな?まあ恐らく見ないでしょう)

10/31() 8節 vsCommon Sense 1-2

上で述べたように学生リーグの過密日程、アイリーグの連戦に伴いメンバーを多く入れ替えてのぞんだ一戦。今までなかなか出場機会のなかった選手が多くいた中、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。試合は一年生エース野村のゴールで先制。ただ、身だしなみを大事にする新海BIG BOSSとしては野村のチリチリヘアをどうにかして欲しいところです。しかし、後半は一点を守り切れず2失点を喫し敗戦。最下位のチーム相手に痛い敗戦でした。

11/7() 9節 vs富士大学U-22  0-3

この日は新海監督の過密日程でした。午前中は練習試合の人手が足りないと田邊キャップにかりだされ七ヶ浜に。そして15時に評定に集合し岩手県サッカー場で19時キックオフの試合にむかい仙台に帰ってくるという1日。こんな過密日程の専属ドライバーを務めてくれたのは石原駿くん。父親譲りの安全運転長距離ドライバーぶりを見せてくれました。ありがとう。お礼にコンビニで肉まんをあげると照れ臭そうに食べてました。可愛いですね。誰か彼を拾ってあげて欲しいものです。そして帰りは川邊くんのぶっとび行動を目の当たりに。試合を終えた我々は川邊以外が車に乗り込み「先に行っちゃうか!」と出発。我々の考えでは「待ってください!」と必死に追いかけてくる川邊を想像していました。しかし川邊は富士大の選手が乗る山形ナンバーの車を見つけるとその車を叩き、乗り込もうとし始めます。するとその車は見知らぬ人が乗り込もうとするので速度を上げ逃げていきます。置いてかれてしまう川邊も必死になって100mほどダッシュし追いかけますが車には敵いません。この一部始終を眺め大爆笑し満足した我々は、諦めた表情を浮かべた川邊の前に車を止めます。すると川邊は驚いた表情を見せ、全てを悟ったのかとても恥ずかしがっていました。残念ながら動画を撮るのを忘れてしまいましたがいいものを見せてもらいました。

11/13() 10節 vsTG NEXT  0-2

最終節となったこの試合はN浜さんの遅刻からスタートします。いつもの道が混んでいたので5分前到着を理想とする彼にとっては誤算だったのでしょう。この試合を落とすと最下位が決まってしまうため落とせない試合でしたが前半に2失点を喫します。後半はメンバー交代や相手の運動量が落ちてきて相手陣地でのプレーが続き押し込みましたが点が取れず0-2で敗戦となってしまいました。この試合では怜南さん、吉田の盛一コンビを一緒に出場させたいという密かな狙いがありましたが無事達成できて良かったです。帰りの牛角では2人の可愛いバイトの女の子を見ながら丸と五ノ井と力輝でどっちが可愛いかゲームをして帰りました。しかし五ノ井の声が大きかったため、あの会話は恐らく聞かれていたことでしょう。そういう気が利かないところがダメなんです。五ノ井先生。力輝は彼を反面教師として、我々丸田、新海の長野県コンビを見習って欲しいと思います。バイトの彼女らもきっと我々2人に釘付けだったことでしょう。ね、丸田君。

以上、10節を振り返っていきました。振り返ってみても色々ありましたね。今年のアイリーグは最下位となってしまいましたが例年と比べ出場した選手が多かったのはとても良かったと思います。また今年出場できなかった選手も是非来年は自らの手でその枠を勝ち取って欲しいなと思います。監督というのは将来指導者をやらないと中々出来ないような経験なのでやってみて純粋に楽しかったなと思いました。

また、八戸や富士などの上位チームはアイリーグに学生リーグでも活躍する選手が出場したりしているのでまずアイリーグでの差を縮めることが将来彼らに勝つことに繋がっていくと思います。なので来年は上位チームにアイリーグでも勝てるよう頑張っていきたいと思います。

長くなってしまいましたが、ここまで読んでくれたそこのあなた、ありがとうございました。次週の木曜のブログはマネージャーの結衣ちゃんにお願いしたいと思います。お題は特に設けませんが、書くことがなかったら今年の広報班の活動について書いてみてください。

あと、来週か再来週あたりから4年生の遺言ブログも始まるのかな?どんな言葉を残してくれるのかも楽しみですね!(書いた人からグループ抜けてくあの感じはなんとも切ないですが…)

p.s.11月アンケート書いてね!

それではこの辺で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください