重い腰がついに上がりました


皆さんご機嫌よう。最近は天気が良く、快適な1日を過ごす方が増えているのではないでしょうか。少なくとも私は快適な1日を過ごしています。

何かと引き離されてしまうことの多い星京吾から指名されました、経済学部経営学科2年(4月から晴れて3年生になれます)の青山礼です。星京吾とは日頃からベローチェやドトールなどのカフェを巡っています。ここだ!というカフェがなかなか見つからず、最近はマンネリ化の傾向にあるのでおすすめのカフェがあるよという方がいらっしゃいましたら教えてください。

活動報告です。3月21日に1都3県の緊急事態宣言が解除される予定の一方、宮城県では感染者数が増えているため東北大学ではBCPレベルが2のままとなっており、部活動はいまだ再開できていません。先週に引き続き、各自オンライントレーニングとランニングに取り組んでいます。先週の星君も言っていましたが、活動を再開している大学のことが切実に羨ましいです。宮城県、頑張りましょう。

雑記です。また星君の話になってしまうので先に謝ります、ごめんなさい。私と星君は1年生の頃からよく同じバイトをやろうという話をしてきました。そこで昨年の6月あたりに某有名ハンバーガー屋さんのバイトに応募したのですが、星君は受かり、私だけが落ちてしまいました。落ちたことを伝えた時の彼の悲しそうな顔は一生忘れません。結局、彼は私がいないという理由で数か月でやめてしまいました。その一件以来、私のバイトへのモチベーションは皆無となったものの星君は依然としてやる気に満ち溢れており、朝の6時から8時のパチンコ屋の清掃員というとてもハードなバイトを悠々とこなしていました。それでも長続きしないのが人間の性。いつの間にか私たち2人はプータローになってしまいました。

転機が訪れたのは今年の2月。私は傷心が癒え、星君は貯金額が400円になったので互いに重い腰を上げました。どうせならまた同じバイトに応募しようということで、カフェやらホテルやら何か面白いバイトはないかと探していたところ、ちょうどホテルのフロントを募集しているところを見つけたので2人で申し込みました。しかし運命は残酷です。今度は私だけが受かり、星君は落ちてしまいました。どうやら担当者から返信が来なかったらしく、面接さえさせてもらえなかったらしいです。土俵に立てない悔しさは計り知れないので、誰か彼のことを慰めてやってください。悲しすぎるあまり私も正気を失ってしまいそうになりますが、何かと引き離されてしまう運命なのだと自分に言い聞かせることで正気を保っています。そうは言っても1年間のプータローを経て、晴れてホテルマンになることができ、大変嬉しく思います。受からなかった彼の分まで精いっぱい頑張りたいと思います!

このあたりで私のブログは終わりです。私は何を書いているのだろうと終始思いましたが、気長にここまで付き合っていただいてありがとうございます。今日のオンライントレーニングでたまたま見かけたので次のブログは丸田君に書いていただこうと思います。東北大学に合格して輝かしい大学生活を夢見ている新1年生にアドバイスをお願いします。もう私が合格してから2年経つんですね…光陰矢の如しです。

では、また次のブログでお会いしましょう。ciao‼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください