積雪は膝下までなら許せる


 どうも。むつみ君に使命いただいた法学部3年駒井快吏です。最近はとても寒いですね。こんなに雪が降ることがあるのかと驚きつつ、雪を見ると地元青森をも思い出します。1年生なんかは初めて雪をみる人もいるのでしょう。このくらいの降雪だと風情があっていいですよね。(このくらいなら)

 ところでむつみくんからは近況を報告して欲しいとのことでしたが、その前にまず自分が3年目をもって引退したということを報告しなければいけません。理由は色々ありますが、色々書くと引退することの言い訳になっちゃいそうで嫌なので余り書きたくないです。でも一つ挙げるとすれば自分の成長が止まった、むしろ自分が下手になったと感じたことです。それがなんで辞める理由になるのか疑問に思う人もいるかもしれないですね。それは論理的に説明できるかもしれないですが、今までも合理的な理由でサッカーを続けてきたわけではないし、それでもここまで続けてこられたことにサッカーの素晴らしさを感じているので、説明はしないでおこうと思います。ただ自分にとって大事なことだったようです。まあなんらかの形でサッカーは続けていくんだとは思います。軽くボールを蹴る機会とかあったら是非是非誘ってください!

 さて引退してからの生活ですが、いきいきとしているとは言えません。サッカーから離れた生活というのは張り合いがないと感じます。でもまあ麻雀打ってくれるサッカー部だったり、スキーに誘ってくれるサッカー部だったり、なんとか充実した生活させてもらってます。一応将来の目標もあるのでね、そちらの勉強もがんばらないとなと思ってます。

 4年生の先輩方のような深い内容のブログはやっぱり書けませんでした。でも繰り返しになりますが、深い理由なしに、合理的な利益とかなしに楽しめるのがサッカーの素晴らしさであると考えてます。そんな中、わざわざ部活という形式を選び、時にはわざわざ辛い思いをしてまでサッカーをしたということには自分の人生における特別の価値を見いだしたいところではあります。それは「なぜ大学でサッカーをするのか」というテーマの内の一つなんでしょうね。自分の場合その問の答えはあとからついてくるということを期待したいです。なんだか辞めた理由で話してることと矛盾してるようですが、言語とか人の思考なんてそんなもんかなと開き直っておきます。

 こんなところで自分の言いたいことは終わりです。なんとも自己満足のブログになってしまい申し訳ないです。来週のブログは最近麻雀の勝率が良いふたつもり君にお願いしようと思いましたがもう書いていたので、我らがマネージャーまあささんにお願いしようと思います。お題は自由で。と思いましたが、来週といえばクリスマス…。いや、自由でお願いします!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください