ただ1つの思い


こんにちは、工学部建築・社会環境工学科建築学コース3年目3年の萩原大樹です。最近は課題のせいでなかなか練習に出られず、24時間開いている製図室で同じコースの仲間たちと課題をやりながら一晩過ごすという楽しい毎日を送っています。

それではまず、先週の試合の結果からです。

東北学生リーグ第2節VS東北学院大学
結果 : 1ー1 △ 得点者 三輪(関根)

三輪さんのスーパーゴールのおかげで、2試合目にして今シーズン初の勝ち点を取ることができました。内容もいい試合で、みんなで組織的に守備ができていたし、相手ゴールを脅かすシーンも何度もありました。来週の富士大戦ではああいうシーンで決めきって勝っていきたいですね。

次に、Iリーグ第1節VS TGNEXT
結果:1ー0 ◯ 得点者 羽成(佐久間)

同日開催となったIリーグでは、初戦にして勝ち点3をあげる、素晴らしい試合となりました。羽成さんがとってくれた1点を足をつるまで頑張ってくれた仁くんを中心にきっちり守りきりました。この調子でIリーグも上位3位以内を目指し、頑張りましょう。

最後に、練習試合VS 東北福祉大学
結果: 1本目 2ー0 ◯ 得点者 田中(古賀)
2本目 1ー1 △ 得点者 古賀
3本目 2ー0 ◯ 得点者 中村航太(田端)、小渕(中村航太)
4本目 1ー0 ◯ 得点者 小渕(駒井)

1年生を加えた初めての対外試合でした。結果は3勝1引き分けとなかなかの出来だったと思います。しかし、唯一の失点は自分のミスからなので反省しています。まだ本調子ではないであろう1年生たちもよく走っていたし、怪我もなく終われたのでよかったです。

先週は1年生が入って初めての試合でしたが、1年生から見て先輩達の姿はどううつったでしょうか。こんなふうになりたいと思ってくれて、1年生のうちからIリーグ、さらには学生リーグに出場するような選手が出てくると嬉しいです。

結果報告も終わったので、ここからは少しだけ自分のことを書こうと思います。先週は3試合もあって、すでにけっこう長いので、疲れたよって人は読み飛ばしてください。

突然ですが、部員の人たちは知っている通り、僕は今、金髪です。確定新歓の直前に染めたので、1年生からすると、入部したら見たことない金髪の人がいるという感じでしょう。ということで、前回の直人くんからの面白いブログというリクエストには反しますが、今回は僕が金髪にした理由と普段はあまり出さない僕の思いについて書きます。

周りからはどう思われているかわかりませんが、自分では、僕は自分の感情をあまり表に出すタイプではないと思っています。あまり怒ったり、悲しんだり、不満を言ったりせず、いつも気楽に生きている方だと思います。そんな自分のことをチームメイト、特に後輩なんかは、適当な人だなぁとか、何にも考えてないんだろうなぁとか思ってるかもしれません。しかし、心の中では強い思いを持っています。この思いは本当はずっと前から持っていましたが、最近になってより強くなりました。自分が1年生の頃はまだ仕方がないと思っていました。でも、2年生やそして今、3年生になってからもその状況は変わりませんでした。新2年生や1年生たちが入学してきて、自分の大学生活はもう残り少ないということに気づき、焦りも生まれました。僕は悩みました、「本当にこのままでいいのか」、「せっかく大学に入ったのにこんなんでいいのか」、「まだ努力が足りていないんじゃないのか」と。そして、自分がこれからどうしていきたいのかを考え、これからは今までやっていなかったようなことにも挑戦していくと決めました。その第一歩として髪の毛の色を金に変えたのです。直接は関係ないかもしれませんが、自分がそう決めたことを忘れないための決意として、そして、それをみんなにも知ってもらう証として。僕は自分を変えていくことを決めました。それはただ1つの思いがあったからです。

「モテたい」

という思いが。

こんな感じで、そろそろ今回のブログを終わりにしたいと思います。長くなってしまってすみません。1年生にはこのブログを通して僕がどんな人間かわかってもらえたと思います。目立っていると思うので、この機会に名前を覚えて、恐がらずに話しかけてもらえると嬉しいです。

それでは次のブログは、一緒に髪を染めた仲間であり、今シーズンの副主将でもある渡邊斐人くんに任せたいと思います。本職のブロガーである渡邊くんならきっといいブログを書いてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください