打ち上げ花火 一人で見るか 男と見るか


どーもこんにちわ!最近髪の色を染め、左サイドに剃りこみを入れて、学校の廊下ですれ違ったひとに”にわかジェズスじゃん”と言われて少し傷つきながらも、髪の毛が痛んだことにより、チリチリが少なくなったことを喜んでいるサッカー部の渡邉斐都です!!こいつ文字大きくしたり、色変えたりしてウゼーなと思った方もいると思いますが、これには理由があって、僕の友達に天下の東大に行った人がいるんで、その子の入った部活のブログを見てたら、フォントサイズを変えたり、写真を載せたりと様々な工夫がしてあって見やすいなーと感じたからです。さすが東大。イェイ!なんで東北大生はこういうことをしないんだろうと思ったのですが、あっ!イカトンだからか!!と気がついて納得しました。しかしひねくれ者の私は思考を働かせました。いや、待てよ。文字数大きくしたり、写真載せたりして見やすいけど、情報量少なくて中身あんまりなくない?そうです。たくさん書きたい人は小さい文字でびっしり書くんです!イカトン最高!しかし、時間をかけずにボリュームあるブログを作ってしまう東大生の要領の良さにはやっぱり敵わないなーとも思いますね。ブログに書くことがなくて困っている人には、文字を大きくしたり、写真を載せてボリュームアップする、名付けてポップコーン作戦をお勧めします。

と、どーでもいい話はここまでにしておいて、先週の試合結果を報告します。

7/7 総理大臣杯2回戦 VS 東北福祉大学 1-0 〇 (三輪)

7/8 総理大臣杯3回戦 VS東北学院大学 1-2 ● (渡邉)

2回戦の東北福祉大戦では、チャンスが多くあり攻める時間が多かったのですがなかなか点が入らず、後半30分くらいにようやく1点取ることができて、勝利することができました。GKの雄飛君はPK戦では2本は止めるらしいので、見てみたかったという気持ちもありましたが、とにかく勝ててよかったです。

3回戦の東北学院戦では、終始相手に攻め込まれる展開となりました。後半、途中交代の中村君が起点となり、先制点を挙げることに成功しました。東日本国際戦同様、首脳陣による采配がうまく結果に表れている気がしました。しかし、1点取った後から相手の攻めが多くなり、こちら側も攻めることができなくなり、後半残り10分で立て続けに2失点してしまい、敗れてしまいました。相手からどうやって点、ボール、場所、時間を奪うのかをもっと突き詰めてやっていきたいですね。

今回の大臣杯では、良かった点、悪かった点がたくさん見つかって非常に良い大会になったのではないかと感じました。今大会では1年生も数名試合にでて活躍していました。ほかの一年生や上級生にもいい刺激になったように思います。2日間フルで試合に出ていた選手もいるので、もっと層が厚くなることによって、学院とも最後の最後まで走り切って戦えるようになっていきたいです。

さて、ここからは、個人的な話をしていきたいと思います。この時点で長いと思った方は、ここから先はくだらない内容なので携帯のホームボタンを押してもらって結構です。去年まじめなことを書いたので、今年もまじめにW杯のことを書こうかな、とも思ったんですが、普段からサッカーを見ないのでサッカー部なのにみんなのサッカートークについていけない僕がサッカーの話を書くのも変だなーと思ったので、今回テイストを変えて、タイトルにもあるように、来る一か月後の花火大会について書こうと思います。先週、サッカー部のある部員6人で集まって焼き肉を食べながら中間発表会が行われました。というのも1ヶ月前、その6人で話をしていたら、女の子と2人で花火大会に行けなかった人は、罰ゲームとして日本のどこかに傷心旅行に行くという恐ろしい企画が恐ろしい始まったのです。中間発表会ではみんなの進行状況と作戦を発表するはずだったのに、話せるネタを持っていた人があまりにも少なく、悲しいことに、1次会で事足りてしまいました。無謀にもその企画に参加する6名はこちらです。

NO1.ブルジョアピアニストT:ハイスペックで何でもできるが花火大会の出現率は0%(本人調べ)でみんなの心の緊急避難所となっている。傷心旅行を楽しみにしている。当日遭遇率0%

NO2. 裏ではすごい長老K: 卒アルに載ってる写真がスラムダンクに出てくるヤンキー。ラジオから仕入れた豊富な知識で相手を翻弄する。地元の友人を仙台に呼び寄せるという黒魔術を使うこともできる危険人物。最近意識していることはギャップ。当日遭遇率75%。

NO3. 水面下で動くロシアンマフィアS: 地元勢で有利という重荷を背負いながらも奮闘している開催国ロシアのマフィア。水面下でめちゃめちゃ頑張っていて、普通にビビった。本気度120%。当日遭遇率80%。

NO4. 戦場のゲイスナイパーA:当てが全くないので、当日戦場に一人赴いて現地調達をするという一発にかけたスナイパー。もしくはゲイってことにしておいてサッカー部のH君と一緒にみるという最終手段を使うかもしれない。当日遭遇率1%。

NO5. 怪人二十面相Y : 話を聞くたびにいろいろな答えが返ってきて本心をつかませない謎の男。でも最近は一本に絞ったという話も浮上している。当日遭遇率25%。

NO6. 天才インキャドリブラーK:部内では生き生きしているが、学部内では生き生きできていないという目撃情報が多くの人から寄せられている。とても話しやすく、飲みの席では大活躍していて、僕は絶大な信頼を寄せている。多分遊び人。当日遭遇率30%。

花火大会に行く皆さん。当日この人たちに出会うことがあったら、温かい目で見守ってあげてください。長々と駄文を失礼いたしました。来年はきっとまじめな話をします。来週は、熱く語りたいみたいなことを言っていた祥太郎君にお願いしたいと思います。祥太郎よろしく!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください