【遺言ブログ⑥】卒業とは

おはこんばんにちは、経済学部4年の中村颯汰です。朝起きたら泰斗から颯汰の汰の字を間違えたと謝罪LINEが来ており静かに喜びました。自分から彼の誤字を指摘しなくて良かったです。自発的な行動って素敵ですよね?

はい、残すところこれを含めて残り2回の遺言ブログここから書いていきたいと思います。

みんな遺言らしく思い思いのことを書いて来てくれましたね。良いブログでした。
そんな中で僕がさいごの言葉として何か残したいことはあるかなって考えた時に思い浮かんだのが、後悔はしないようにってことです。しゅんたんのように綺麗なメッセージにはまとめられませんでしたがお許しください。

僕の中で後悔として残っているのは、結局チームのためになれたと思えなかったということです。偽善っぽいし偽善です。
当たり前のことですが試合に出て活躍するのが一番の貢献だと思います。ですが、悲しいことにそれが僕には出来なかった、、、
どうしたら試合に出ずともその幸福をフルに得られたのでしょうか?

一つ目、質の良い石ころになる。
もっと一つ一つの練習で他の人に勝つことを意識していれば良かったんです。ちゅーそんが言っていたように練習に楽しさを見出だすスタイルも、勝てる点を見つけて磨くって点では似てると思います。若干負の感情に侵されやすい僕でも本当に練習に集中し切れれば、少なくとも練習中はのびのび出来ただろうし他の人にちょっとは傷をつけられたのかなと思いました。
練習って一番チームの方向がまとめられる場な気がするんですよね。
競技スポーツって外敵を倒して大きな戦果を挙げたいけれど、まずは仲間内で生き残らなければ始まらないですよね。その競争環境が練習なわけですから、みんな淘汰されまいと必死なはずなんです。しかもチーム内でバチバチできれば、そのエネルギーをそのまま外敵にぶつけられそうじゃないですか?
なんかキモいし混乱したので一回切ります。
何が言いたいかというと、チームメートに影響を与えられるかもしれない練習で全力を尽くしていれば、間接的にチームの肥やしになって多少の満足感が得られたのではってことです。
練習から他の部員を強く意識すれば泰斗が言っていたように良いところが盗めたり、競合する選手と自分の違いが見えたりチームの状態をなんとなく知ることが出来たんじゃないかなって思ったりもします。
切磋琢磨って言葉がありますが、僕は磨くことも磨かれることもないフッニャフニャのコンニャクでした。

二つ目、石研ぎじじいになる。
まあ先輩らしく振る舞えていればってことですね。
上級生である3年の後期からの話になりますね。飛躍するチームに朽ち行く己、なんとも言えない諦念に襲われた一年ちょっとでした。単純に全く戦力になれなかったのは寂しかったんですけど、試合には出られなくても上級生としてやれることってあったよねって思いました。
僕が大学入学以降見てきた先輩は本当にカッコよかったです。試合に出てる姿は勿論ですが、それ以外のところで声を出したりして盛り上げようとするところが好きでした。チームのことを思って行動できる余裕と勇気。うちの代の他の子も意識してたんじゃないかなと思います。ただ僕にはそれが出来なかった。けっこう色んな感情があってやりきれなかった。これが本当に残念。残念でならない。
そしてiリーグの最終節、痛感しました。人生で初めて円陣で声を出させられました。兎に角締まらない。ふざけているわけではないのに。案の定試合は本当に緊張して心強い後輩に助けられました。
あの日に関しては宗村の長浜への愛に負けないくらい長浜に愛を感じました。
試合中は二ッ森に怒鳴られました、ほんと頼りになります。
っとまあ先輩らしさがありませんでした。
妖怪石研ぎじじいになるためにはどうすれば良かったのでしょうか。
結局練習をしっかりやって自信をつけることなんですよね、練習大事でした。

大学生活をある程度部活に食わせておきながらこんなしょうもない悔いを残すのはもったいないと思うので、部活を続ける人は一度自分のなりたい姿、なりたくない姿どちらも想像して大学生活を豊かなものにして欲しいと思います。この際なりたくない姿に自分を設定してくれても文句は言いません。ただ僕に伝えないで。

付け足し。試合に出ていないとチームの成績が自分とは縁遠いものに思えてしまいます。チームが不調の時はむしろ気分を良くしてしまう可能性もありますが、逆にチームが躍進している時はどうでしょう、とっても寂しいです。今年は制度の面から部員全員がチームに関われるようにし、選手に帰属意識を持たせるような仕組みをつくろうとしていてとても素晴らしいと思います。港斗も触れていましたが、試合に出ていない僕が言った方が説得力あるでしょう。各々がチーム、部員を思いやって行動し、より良い集団となって活躍していくのを陰ながら応援しています。
彼女が出来ない限り、遠征時の飲み会にはなるべく顔を出したいと思っているので現役の子は仲良くしてね。

っとまあ、あまり新鮮味が無い話になってしまいましたが、言いたいことをまとめると孫子の兵法はいいぞってことです。

例に倣って、、、
東北大学学友会蹴球部に入ったことで出会えた方々、本当にありがとうございました。
虚無になっていても不思議ではなかった僕の大学生活が2、3色くらいで色付けされたような気がします。この4年間をこれからの人生の糧にしたいです。
そして両親、ここまで散々お世話になりましたが、これからもお世話になりますヨロシクね
最後に、4年間過ごしてきた同期のみんなホントにありがとね
愛してるぜ!!

ってことで、次はラスト!この代の遺言ブログは響に締めてもらいます!
よろしく

絶対に負けられない戦いがそこにはある

はい、皆さんこんにちは。中村颯汰です。就活にかまけて練習に出ていなかったらホームページから抹消されていました。名状し難い哀しみに襲われました。

先週ちゅーそんこと中村健太郎君が言っていたように4/13(土)に仙台大学と試合がありました。
結果は0ー2で敗戦。
試合を観た感想ですが、一言だけ…

羨ましかったです!

まず仙台大学という強いチームと戦えること。次にそんなチーム相手にパスを繋ぎ、前を向けていたこと。私が観てきたvs仙台大学で1番戦えていた気がします。私はもう4年目になりますが、まだ1度も仙台大学との試合に出られていません。今年がラストチャンスなので頑張ります。

これまでと比べ善戦はしましたが、負けは負けです。リーグ開幕までに課題をクリアし、全試合勝つという意志を持って1年間戦い抜きましょう!

どうしましょ、せっかく回ってきたブログなのでもうちょい書きます。
私は絶賛就活中です。就活の軸やら自己分析やらに悩まされる日々が続いております。でも悪いことばかりではありません。過去の自分と向き合わざるを得ないので、自分がどんな価値観を持っているのか、何から逃げてきたのか、モチベーションの源泉はなんなのかなど色々なことがわかりかけています、いやわかりました。私の場合、自分はまだまだ捨てたもんじゃないなと思え自信に繋がりました( ゚∀゚)
部員のみなさんは就活はまだ先だと思いますが、自分の人生を1度振り返ってみるのも良いかもしれません。もしかしたら物事への取り組み方を変えられるかもしれませんし(*゚ー^)

就活といいリーグ戦といいこれからは絶対に負けられない戦いと相見えることになるので気合い入れましょう。
はやく就活終わらせて気持ち良くサッカーをしたいわね(੭ꠥ⁾⁾´・ω・`)੭ꠥ⁾⁾

一応新歓期なので、新入生に対して一言…
大学生活は楽しいと思います。自分の好きなことをする時間がたくさんあるから。でもあっという間に過ぎてしまいます。大学生の間にしたいことは何か、これまでやり残したことは何か、色々考えてみて下さい。その上で自分が将来的に最も「正解」に出来るような選択をするのが良いと思います。因みにサッカーに興味がある人にとってサッカー部は正解にしやすい選択肢だと思いますよ当然のことながら。周りに流されず自分で選びましょう!

本当は大好きな生牡蠣いもこちゃんの話をしたかったのですが自重します。
以上、最後までお付き合い頂きありがとうございます!

先週、今週と96年生まれが続いたので次回はもう一人の最年長プレーヤー坂井響君にお願いしたいと思います。よろしくねん。

月って美しいですよね

みなさんこんにちはこんばんは、そうたんこと中村颯汰です。見ての通り悲しいことがありました(´・ω・`)

学生リーグ第1節vs 東北学院 0ー6 ●
i リーグ第1節 vs 仙台大学FC 0ー8 ●
でも大丈夫。まだ1試合しか消化していないってことは、残り13試合?も取り返すチャンスがあるってことだからー。
(間奏♪)
みんなー、そうたの応援k…
ここらへんで止めておきます。これがなんのオマージュか解った人は声かけてください。ナニかあるかもしれません。
今週は土曜日、日曜日ともに散々でした。
土曜日。応援しに来て下さったOB、帯同してくれた部員には不甲斐ない姿を見せることになって申し訳なくおもいます。粋がるなとツッコミが入りそうですが、試合に出たのでそのくらいの責任は下さい。
日曜日。ビデオ係でしたが、試合と不意に来る揺れが気になり悲惨な出来となっている可能性があります、すみませんでした。
謝罪を終えたところで、書きたいことを少しだけ書こうと思います。
東北学院戦、僕は途中交代でピッチから出ることになりました。もともと守備は得意ではないので、僕の評価してもらっていたところは攻め上がる能力だったと思います。それなのに0ー4で負けていて、点をとることしか収穫を獲られないような状況で替えられてしまい悔しいし惨めだし、とにかくダサかったです。まだリーグ戦は始まったばかりなので、勝ちに貢献するプレーヤーになれるよう精進します。まあ、まずは試合に出られなければなりませんね。(テヘペロ
1年生はまだ登録が済んでいないということで、まだ試合に出られませんね。試合やビデオをみて、俺の方がデキルわって思っている人もいるはずです。この土日の結果を見ればわかるように、すぐにチャンスはまわって来ると思うので慢心せずに気合い入れて行きましょう‼️
言うまでもないですが、2年生以上も試合で勝てるよう気張っていきましょう♪
あと少しだけお付き合いください。皆さんは、明け方近くに寝返りうちながら何度も眠ろうとしても眠れないという経験をしたことがありますか?私は春休みに1週間ほど苦しめられました。原因は心音の増幅だったのですが、そもそもなんで心音という些細であるはずのものが気になってしまたのか(・_・?)おそらく将来を悲観し過ぎたことです。色々考えていくうちに負のスパイラルから抜け出せなくなっていました。寝る前に人生を考えたくなることがあるかもしれませんが、僕みたいにならないように暗いことを考えない方がいいと思います。
未来の自分を想像したときに、誰もいない借り家に1人帰る画が見えてしまいました。もしかしたら人間との相性が悪いだけかもしれないので獣をパートナーにしようと思いました。そして未来の相棒を探しに猫カフェに行ったら、目が充血し涙が止まらなくなりました。人間とも猫とも縁がないようです。まだまだパートナーを探しているので、おすすめの種族または個体がいましたら紹介して下さい(ФωФ)
最近良くない出来事が多めなので、帳尻あわせのラッキーイベントを楽しみに頑張って生きていこうと思います☆
次回のブログは朋仁くんに任せようと思っていたのですが、僕が書かないと宣言した不眠症と猫アレルギーの話をしてしまい、disられるのが恐ろしいので、僕が合コンをチキッてキャンセルする場合に代役を勤めてもらう予定のちゅーそんこと中村健太郎君にお願いしたいと思います。
アウべスに
合うベスト
ばいばいっ

暇を極めた

港斗君からご紹介頂きました、法学部3年の宗村光太郎です。バイトを辞めてからというもの、暇すぎて暇すぎて毎日練習でもいいのではないかと思ってしまうくらい精神的に追い込まれています。たまに読書をしたり、音楽を聴いてみたりもするのですがどれも趣味と呼べるほどではなく長続きせずに飽きてしまいます….何かおすすめの趣味がある方はぜひ教えてください!基本的に僕はインドアなので室内で楽しめるものだとありがたいです。
今週は特に試合もなく、サッカーに関しては書くことがないので何を書こうか迷っていましたが、ちょうど新歓時期ということもありサッカー部の活動だけでなく部員にも興味をもってもらいたいということで色々考えてみた結果、部員全員を漢字一文字で紹介してみることにしました。僕の主観なので少しずれているかもしれませんがお許しください。。

3年生
・菅野  「実」堅実なプレーでチームを支える。実は颯汰と身長ほぼ同じ。
・響   「鋭」切れ味鋭いドリブルとツッコミで敵味方関係なくズタズタにする。
・坂元  「天」ドリブルの天才。いい事があるとメッシのように天に感謝を捧げる。
・港斗  「善」いいやつで頼れる主将。だがしばしば「偽」の字が前につくのが残念。
・ちゅーそん 「化」冬の筋トレで化けた男。本人曰く化バイは文系。
・颯汰 「夏」夏でもないのに常に日焼けしている。乃木坂の推しは真夏。
・三輪  「高」高身長、歌うま、ピアノとスペックは高いが非リア。何か重大な問題がある。
・柳   「会」かつてはその左足で会心の一撃を放っていた。現在は会計担当として部を支える。
・朋仁  「止」スライディングで敵の攻撃を止める。寒いことを言って時間を止めることもできる。

2年生
・直人  「握」2年を掌握する副主将。握手会で天使に会い、記憶を喪失した。
・羽成  「決」ボールを持つとめちゃくちゃ点を決めてくれそうな感じがするクールガイ。
・本間  「審」お洒落なファッションとジャッジの際の毅然とした態度がかっこいい審判員。
・広見   「触」ファーストタッチが一級品。よくとげとげの髪を触られている。
・斐都   「遠」広い視野と高い技術を持つが、なぜかシュートは遠くから打つらしい。
・高木   「乃」攻撃センスが高く、積極的にドリブルで仕掛ける右サイドの乃木オタ。
・航太   「春」春日部高出身のテクニシャン。春が訪れそう?
・関根   「個」個の能力が非常に高い。個人的に股抜きされたランキング1位。
・岳    「掴」気さくで誰もがすぐにハートを掴まれる。バイトはキャッチ。頑張れ!
・萩原   「優」東京から来た都会っ子。けがを気遣ってくれたり、色々と優しい。
・祥太郎   「二」二高魂を継ぐ者。今月まだ二回くらいしか話してない気がする。
・玲奈ちゃん 「姉」後輩だがなんとなくお姉さん感がある、実は同い年のマネさん。
・市川   「秋」秋田出身。目元が秋のように涼しげでかっこいい。
・雄飛   「笑」常にニコニコ笑っている。たまにそれが少し怖い。
・仁    「興」法学部の後輩。常に面白いことを考えてそうですごい興味がある。
・館野   「海」個人的に海とサーフボードが似合うと思う男ナンバーワン。

4年生
・洸太さん  「頭」そのカリスマ性でチームを率いた元ヘッド。ヘディングがめちゃ上手い。
・愛美さん  「就」蹴球部の頼れる明るいマネさん。就活忙しそうですが頑張ってください。
・一朗さん  「鉄」どんな状況にも動じない鋼鉄の心。よく評定の鉄棒で懸垂をしている。
・豊田さん   「塔」スラッとして非常にスタイルがいい。朋仁とツインタワーをなす。
・三橋さん   「連」フェイントを連続で繰り出し敵を抜き去る。お住まいは連坊方面。
・飯岡さん   「橙」出身が僕と同じ新潟の先輩。チームで唯一のアルビサポーター。
・佐久間さん  「兄」皆が兄貴と慕う。歯が白くて爽やか。
・田宮さん   「赤」闘志を前面に出したプレーでDFを統率する。浦和レッズサポーター
・舜さん  「健」プーマを愛する静岡出身の先輩。佐藤健によく似ていてイケメン。
・扇さん  「原」農学部で、各地の草原を巡っている。原付に貼ってあるシールがかわいい。

もし僕の漢字を考えてくれる方がいましたら「影」とか「陰」以外で教えていただきたいです。次回のブログは同じDFの朋仁にお願いしようと思いましたが、彼は僕を陰キャ呼ばわりしてきて嫌なのでやっぱりやめて、最近新しくバイトを始めた響君にお願いしたいと思います。

夏のオフ

こんばんは。2年法学部の宗村光太郎です。北大定期戦が終わり、チームは1週間のオフに入りました。リーグ戦や定期戦、練習試合などハードな日程が続いた後だったので、良いリフレッシュの機会となったのではないでしょうか。私は地元の新潟に帰ったのですが、その報告の前にまずは先の練習試合の結果からお伝えしたいと思います。

対 東北大医学部(30×4) 全勝

現在のチームの目標である「ビルドアップで試合を組み立てる」を実践できていた場面がいくつかあり、以前よりも繋ぐ意識が高くなったと感じました。ですがラインの押し上げが遅れたり、空中戦で相手に負けて裏を取られてしまうこともあったので、まだまだ改善すべき点も多くあると思います。この先のリーグ戦はこれまでよりもさらに強い相手と対戦することになるので、上手くいった部分、そうでなかった部分をしっかりと分析して今後の練習に活かしましょう。

試合の話はこのくらいにして、これからオフ期間にあった出来事を報告したいと思います。僕は地元の新潟に帰った後、弟とサッカーをしたり、中高の友達と飲みに行ったりと充実したオフを過ごしました。中高の友達とは一緒にボウリングやカラオケをして遊んだのですが、その時当時の思い出話をしていたら「お前は中高の時と全く変わってないな」と言われることが多く、ショックを受けました。友達はお洒落になっていたり、彼女ができたりしていて僕の目にはとても華やかに映りました。張り合うために垢抜けた感を出そうと努力しましたが、やはり体に染み付いたイカトン臭は簡単には落ちませんでした。どうすれば彼らをぎゃふんと言わせられるのか…三日三晩寝ずに考え、たどり着いた結論が「人生のピークを成人式に持っていく」です。今年で20歳になる僕にとって成人式は一大イベントなのですが、僕はそこに人生のピークを持っていくことにしました。具体的にはまず、髪を伸ばすことです。僕はいつも大学で髪を切っているのですが、値段が安い分どうしても流行りから程遠い髪型になってしまいます。だから次回からはケチらずにちょっといい美容室などに行ってみることにしました。次に筋トレです。成人式ではもちろんスーツを着ます。スーツが似合うためにはある程度の胸筋が不可欠です。正直筋トレは苦手ですが、これからコツコツと頑張っていきたいと思います。半年後に化けた姿を地元の友達に見せるのが今から楽しみです。

拙い文章でしたが最後まで読んでいただき、ありがとうございました。次回は謎かけや、とんちのきいた洒落を得意とする米沢の異端児、鈴木朋仁君にお願いしたいと思います。