眠れないアル

 どうも、経済学部2年の田中遼太郎です。

気温も急激に下がり鍋のシーズンが始まりましたね〜。

 先週の試合報告をします。

学生リーグ

vs 東日本国際 2-0 勝利!

vs 岩手大   3-0 勝利!

アイリーグ

vs 八戸学院大2nd 1-2 敗北…

 学生リーグは上位に食い込むためには落とせない試合であったためクリーンシートで勝てたのは素晴らしいですね!👏

この調子で来週も闘ってほしいですね 頑張って下さい。

アイリーグはドンマイです。次は勝てるように頑張って下さい。👍

 ここからは雑記です。

この時期何もすることもなく書く内容もないので最近観た個人的に評価の高い映画をアウトプットがてら紹介します。

1.

A Dog’s Journdy (僕のワンダフルジャーニー)

A Dog’s Purposeの続編です。ベイリーという犬が何度も生まれ変わりながら、様々な犬生を通し生きる意味を見出していく話です。

犬を飼っているので、いつかはお別れをしなければいけないことを感じているのですがこの映画でその寂しさも和らぎました。泣きました。

2.

Stand by Me

ドラえもんじゃないほう。主人公のゴーディら4人の少年がブラワーという少年の死体を探しだし町のヒーローとなるために冒険に出る話です。大人になったゴーディが語り部となってます。

一言で表すと「エモい」ですね。自分の少年時代と重ねられ共感できるシーンも多い。

1つ理解ができないシーンがあるので映画見たことある人と疑問を共有したいです。ゴーディ達が野宿していたときゴーディだけ鹿と遭遇するシーンがあって 

“貨物列車(の音)で皆は起きた

鹿の事を言いかけたが でもやめた”

と語り部がいうところです。

海外の映画やゲームではよく鹿が登場するんですがどういう効果があるのでしょうね。自分の答えはまだ見つかってません。

3.

最強のふたり

体が不自由な金持ちとその介護人となった育ちの良くない若者の話。俳優に白人と黒人を使って友情を描くあたりありがちな映画とも言えるけどやっぱり良き。一度見れば心も豊かになるでしょう。

他にもいろいろ観た映画はあるんですがキリがないのでこの辺でやめにします。

あっ他にオヌヌメは はじまりのうたと伊藤計劃のHarmony です!

あと1つお話をさせて下さい。

最近の悩みについてです。

今私は20歳です。もう少しすると21歳、もう年齢的には大人です。しかし肝心の中身はこんな感じです。ただのガキです。

待っていても中身が大人になることはないと思ってます。しかし現状自分は何もしていない。少なくとも今の生活に物足りなさを感じます。

何か現状を打開できることはないか考えているんですが見つかりません。この悩みは

小泉進次郎氏の「今のままではいけないと思います。だからこそ、日本は今のままではいけないと思っている」にも似たしょうもない考え方なのかもしれないですけどね。このまま待っていてもイイでしょって人もいると思います。そっちの方が多いか、

まぁ最近の自分はこんな感じです。性格もなんとなく分かったのではないでしょうか?非常に長く退屈な自分語りに付き合ってくれてありがとうございました。m(__)m

次週はりょーすけに任せときます。よろしく!


Hawkeyesこと 分析班の紹介!

こんにちは!

経済学部2年の田中遼太郎です。

新入生はあと数日で入学式ですね!

薔薇色の大学生活を夢見て希望に満ち溢れた日々を送っているのではないでしょうか?

 さて! サッカー部の班紹介ブログリレー、今回は分析班です!

 班長はこの1つ前のブログを書いていた菅野さんです。キモキャラに味を占めてると密かに言われていますがとても優しく、サッカーも上手く、サッカー部員の兄貴的存在です!

  では仕事内容について紹介します。

分析班でやる主な仕事は試合のデータ集計、処理をすることや試合での問題点をあぶり出して分析班で議論をしミーティングで全体に伝えること、それに基づく練習メニューを考案すること、部員の良いプレーを紹介すること(結構盛り上がる?) などです。

下の写真はミーティングで菅野さんが問題点を指摘してる場面です。写真横にするやり方わからなくてごめんなさい🙇‍♂️


 次に分析方法について紹介します。


分析にはスプライザという有料アプリを使っています。スプライザでは試合の動画の要所に 「攻」「守」や「対人戦●✖︎」等のタグを付けてデータを作成してます。

全員が作成しているのでプレーに自分の名前のタグをつければ自分のプレーが見返しやすくなりますね。コメントも動画につけることができ、プレーを自画自賛する部員もちらほらいます笑

 最後に分析班の魅力を伝えたいと思います。

スプライザを利用する大学のチームはまだ少なく、この取り組みは東北大ならではのものだと思います。ただサッカーをプレーするだけでなく試合を分析して試合を俯瞰したり、メニューを考案してみたり、試合に対して様々なアプローチができる機会が得られるのはこの班の特徴なんではないでしょうか?

以下のURLは分析班の取材を菅野さんが受けた時の記事です。

https://www.sportsanalyticslab.com/interview/tohoku-univ-interview.html

暇な時にみてくださいm(_ _)m

 もしプレーはしなくてもサッカー部に関わりたい人やサッカーの試合分析、観戦に興味ある人は分析班が最適ですね。ちなみに自分は海外サッカーに興味があり試合分析力を養うために分析班に入りました。

 あとマネージャー!少しでも気になった子いたら来てね~!花見とか食事会もあるので!

ではここら辺で分析班の紹介を終えようと思います。

それでは!!

月曜日のおはよう

  1. 最近右膝靱帯を損傷しサッカーできず
    たまごに落書きし始める程には暇になった田中遼太郎です。ミラノダービーをDAZNでみながら書いていきたいと思います。
    まずは試合結果の報告です。

学生リーグ vs東日本国際 3-0 勝利
アイリーグ vs TGNEXT FC 2-4 敗北
天皇杯 vs Sendai Second 2-1 勝利
学生リーグでは1試合残して残留確定!強豪校ひしめく東北の一部リーグで残留できたことはとても素晴らしいですね。3試合とも試合をみていないので詳しいことは分かりませんがどのチームも成長が感じられるのがいいことだと思います。前期のチーム状況ならここまで点も入ることはなかったでしょう。
来週もまだ公式戦が残っているので頑張ってください。

ここからは自己紹介と夏に行ったL Aの思い出話でもさせてください。
僕は経済学部に所属していて出身は東京都です。浪人してました。好きな配信者は加藤純一です。sum41とかよく聴きます。オススメの曲はno reason ですね。
好きな言葉は「つんでからが本番」と「まずは負けてみる」です。
あと活字が苦手です。
出身校は桐朋中学 高校です。
この学校は前回ブログを書いた吉迫君と同じく古豪男子校です。西島秀俊の母校でもあります。吉迫君の学校には勝ちましたね。(謎の対抗心)
L Aで印象的だった出来事はイブラヒモビッチが所属しているL A Galaxy の試合観戦ですかね。
スタジアムに入る前に外で記念にユニフォームを買ったり持ち物検査したりした後、入場しようとしたら係員にダメだと言われたんですよね!
理由はオンラインチケットのスクリーンショットがダメだったからだそうで現地の人にチケットのスクショを頼んでLINEで送ってもらっていた僕はキックオフまでにその場で対処するしかありませんでした。チケットの発行番号が記されたメールはあったのに!!それだけじゃダメなのか…
皆さんはこういう時何が重要だと思いますか?

答えは パスポート です。 これさえあれば海外でも身分は証明できるしなんとかなります。
パスポートを出して身分証明して拙い英語で事態を説明したらなんとか入場の許可がおりて選手の入場シーンから観戦できました!Seven Nation Army 最高!!結果は2-2 。 ズラタンの得点はなかったけどとてもいい思い出になりました。
海外での外出時はパスポートを常備しておきましょ〜。
92分にイカルディが決めましたね。やったぁ!インテル勝利!CLもがんばれ!
ということで
次回 「梅田 ○す」。
(梅田君よろしくね〜)