眠れないアル


 どうも、経済学部2年の田中遼太郎です。

気温も急激に下がり鍋のシーズンが始まりましたね〜。

 先週の試合報告をします。

学生リーグ

vs 東日本国際 2-0 勝利!

vs 岩手大   3-0 勝利!

アイリーグ

vs 八戸学院大2nd 1-2 敗北…

 学生リーグは上位に食い込むためには落とせない試合であったためクリーンシートで勝てたのは素晴らしいですね!👏

この調子で来週も闘ってほしいですね 頑張って下さい。

アイリーグはドンマイです。次は勝てるように頑張って下さい。👍

 ここからは雑記です。

この時期何もすることもなく書く内容もないので最近観た個人的に評価の高い映画をアウトプットがてら紹介します。

1.

A Dog’s Journdy (僕のワンダフルジャーニー)

A Dog’s Purposeの続編です。ベイリーという犬が何度も生まれ変わりながら、様々な犬生を通し生きる意味を見出していく話です。

犬を飼っているので、いつかはお別れをしなければいけないことを感じているのですがこの映画でその寂しさも和らぎました。泣きました。

2.

Stand by Me

ドラえもんじゃないほう。主人公のゴーディら4人の少年がブラワーという少年の死体を探しだし町のヒーローとなるために冒険に出る話です。大人になったゴーディが語り部となってます。

一言で表すと「エモい」ですね。自分の少年時代と重ねられ共感できるシーンも多い。

1つ理解ができないシーンがあるので映画見たことある人と疑問を共有したいです。ゴーディ達が野宿していたときゴーディだけ鹿と遭遇するシーンがあって 

“貨物列車(の音)で皆は起きた

鹿の事を言いかけたが でもやめた”

と語り部がいうところです。

海外の映画やゲームではよく鹿が登場するんですがどういう効果があるのでしょうね。自分の答えはまだ見つかってません。

3.

最強のふたり

体が不自由な金持ちとその介護人となった育ちの良くない若者の話。俳優に白人と黒人を使って友情を描くあたりありがちな映画とも言えるけどやっぱり良き。一度見れば心も豊かになるでしょう。

他にもいろいろ観た映画はあるんですがキリがないのでこの辺でやめにします。

あっ他にオヌヌメは はじまりのうたと伊藤計劃のHarmony です!

あと1つお話をさせて下さい。

最近の悩みについてです。

今私は20歳です。もう少しすると21歳、もう年齢的には大人です。しかし肝心の中身はこんな感じです。ただのガキです。

待っていても中身が大人になることはないと思ってます。しかし現状自分は何もしていない。少なくとも今の生活に物足りなさを感じます。

何か現状を打開できることはないか考えているんですが見つかりません。この悩みは

小泉進次郎氏の「今のままではいけないと思います。だからこそ、日本は今のままではいけないと思っている」にも似たしょうもない考え方なのかもしれないですけどね。このまま待っていてもイイでしょって人もいると思います。そっちの方が多いか、

まぁ最近の自分はこんな感じです。性格もなんとなく分かったのではないでしょうか?非常に長く退屈な自分語りに付き合ってくれてありがとうございました。m(__)m

次週はりょーすけに任せときます。よろしく!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください