<急募>弾丸旅行の行き先

こんにちは。更新遅れてすみません。経済学部2年の二ツ森友一朗です。学年で集まる提案を丸投げしといて、自分はバイトでいけなくなったって、どういうことですか、Oぶち君、I藤さん。

さっそく、今週の活動報告です。

09/14(土)東北地区大学サッカーリーグ第8節 vs八戸学院大学  0対0 

ついに後期リーグが開幕しました。リーグ戦3位以内と言う目標を達成するためにも勝ち点3が欲しい試合でしたが、引き分けに終わりました。菅野さんのポスト直撃のシュートなど、惜しいシーンはありましたが、ネットを揺らすことはできませんでした。前期、チームとしては、非常に良い結果だったと思います。しかし、リーグ戦というものは1年を通しての強さが求められます。ここから、チーム一丸となって頑張っていきましょう!

09/15(日)東北インディペンデンスリーグ第8節 vs仙台大学B2 0対2

Iリーグも後期が始まりましたが、負けてしまいました。前半から押し込まれる展開が続き、自分達のミスから失点してしまいました。試合に出ている側も、試合を見る側もつまらない試合だったと思います。試合後、「負ける試合じゃ無い」という声が多く聞こえました。確かに、去年のIリーグに出してもらった時よりは確実に、実力差は縮まっていると思います。しかし、実際、今シーズン仙台大には勝利していません。あと一つ何かが足りないんだと思います。それを個人で克服していくことが、Iリーグの勝利、また、Aチームでの活躍につながります。次節も頑張りましょう!

道滉君から「熱血~」とのことだったので、リーグ戦について少し語ろうと思います。飛ばしても、全然構いません。

2019年5月4日 今シーズンの開幕戦、ありがたいことに自分は出場させてもらいました。しかし、結果は敗戦。次節も途中から出場し、勝ち点1。そこから出場機会は0。対して、チームは連勝を続け、気づけば3位。地区大会にも出ましたが、初戦敗退。正直つらかったです。2年生は落ち込んでる自分を見て、「こいつめんどくせーなw」とか思ってたでしょう。でも、学生リーグに出て思ったのは、「もっと出たいな」でした。ヒリヒリとした緊張感の中で、ベンチから必死に盛り上げてくれる羽成さんと由斗の声は今でも覚えています。自分の持ち味は、ボールに食らいつくところと声を出すことだと思っています。このチームで「自分にしかできない」ことを模索し続けて、努力していこうと思っています。

「おじさん」に触れておくと、黒髪が生えてこなくて焦ったぐらいですかね。(19歳)もう生えてきたんで安心しました。そういえば、20歳になるまでに彼女を作らないと、クリスマスイブを三輪さんと過ごすことになるので頑張りたいです。

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。来週は、夏休みなのにバイトのシフトが被らず不仲説が流れている 高松脩 君にお願いします。実際どうなんですかね。よろしく!

後期リーグ

こんばんは。サッカー部2年1の変人と名高い(?)鬼澤大介君からブログを回されました、工学部機械知能航空工学科2年佐々木道滉です。

先週鬼澤君から袖の調節が下手と指摘されましたが、遠征の際に荷物削減のため、練習着をタンクトップしか持って行かなかったことが原因です、長袖があればもちろん着ていました。北海道にタンクトップしか持って行かなかった時は風邪を引きかけましたが、そんな僕を見かねて上着を貸してくれた駒井君と廣瀬君は顔だけでなく心までイケメンでしたね〜。他の皆さんも馬鹿にするだけでなく見習ってほしいものです。(特に鬼澤)とにかく、北海道夏でも寒いのでタンクトップのみで挑むのはやめましょう。

それでは、7日に行われた福島大戦と9日に行われた宮教大戦について書こうと思います。

福島大戦の試合結果は以下の通りです。

1本目0-0

2本目2-0 得点者: 新海、佐々木道(鈴木港)

3本目1-0 得点者: 中村航(羽成)

4本目0-0

試合は来週から始まるリーグ戦を意識して行われました。全体的に東北大学がボールを支配していた感じがしますが、ミスからカウンターを食らってしまう場面も見られました。しかし、結果的に無失点で抑えることができてよかったです。練習の時からずっと言われている得点力不足が感じられる試合でもありました。ラストパスがうまくいかない、一対一を外してしまうなど決め切れる場面はたくさんあっただけに少し残念な結果となりました。

さあ、それでは得点シーンを振り返ってみましょう。1点目は廣瀬君の強烈なロングシュートがポストに当たり、跳ね返ったところを新海君が冷静にゴール。早い時間帯での得点でいい流れが出来ました。2点目は私、佐々木のゴールです。佐々木が見事な読みでボールをカット、鈴木港さんへボールをあて、再度裏へボールをもらい、中へのクロスを意識しつつの技ありの股抜きシュート。相手キーパーは尻もちをつく事しかできませんでした。完璧ですね。妹がミスコンに出ているという鈴木由斗君にもベタ褒めされてしまいました。是非妹を紹介してください。そして、3点目は羽成さんの裏へのパスに中村航さんが完璧な抜け出しをし、キーパーとの一対一を冷静にゴール。(中村航さんは一対一を外すイメージがあるので不安だったというのは内緒で)

次に、宮教大戦の試合結果は以下の通りです。

1本目0-0

2本目2-1 得点者: 三輪×2 (青山、佐久間)

3本目0-2

4本目0-2

宮教大戦は福島大戦に出たメンバー以外のメンバーで行われました。自分は見に行かなかったので試合内容は分かりませんがさすが三輪さんと言った感じですね‼︎本当はupされた動画を見て書こうと思ったのですが田邊君に急かされたのでやめておきます。

さて、先週鬼澤君から熱いブログをとのことでしたが、そんな熱い男ではないので自分なりに後期リーグについての意気込みを書こうと思います。

僕はありがたいことに一年の初めの頃にちょいちょいAチームに入り、試合に出させてもらっていました。その頃は大学に入りたてで、体は全然思い通りに動かなかったけれど、久しぶりのサッカーが楽しくて仕方なくて一生懸命に練習していました。しかし、後期になっていくにつれてこの熱意は無くなり、部活に出たくないからどうにか5限の授業を入れて休もうとしていました。結果平日は2日しか練習に参加しませんでした。その後は皆さんの想像通り、調子が上がらず、試合にもあまり出れないという状況になってしまいました。そのような状況になって初めて自分はなにがしたいんだろうという気持ちになりました。学友会サッカー部に所属している以上チームの一員として自分ができることをやらなければならない。腐っても何もいいことがないので、試合に出る人はもちろん、試合に出れない人はスタメンを奪うつもりで全力サッカーに取り組みましょう。後期リーグは前期よりも良い成績で終われるよう全員で勝ちに行きましょう!

眠くて最後の方は何を書いているのかよく分からなくなってしまいましたが、ここまで読んで頂きありがとうございました。そうですね、次のブログ担当は熱血おじさんの二ツ森友一朗君にお願いしようと思います。面白いブログ期待してます。よろしく!


関東遠征

皆様いかがお過ごしでございましょうか、「読書」という言葉を10回以上も使って図書館で追試の勉強をしていたという噂をどうしても払拭させたい、そんな気持ちがひしひしと伝わるブログを書いてくれた向川太成君から紹介を受けました教育学部2年鬼澤大介です。

まずはブログの更新が遅れてごめんなさい(特に顔を合わせるたびに「早くブログ書けよ!」と口うるさく言ってくれやがった某審判員のM口君へ…。)本当なら関東遠征が終わってすぐに更新すべきでしたが遠征が終わってからこのブログを書くまでにけっこう様々なことがありました。成人して初めてお酒の怖さを知ったり、幼い頃から好きだった某猫型ロボットの誕生日を祝ったり、玄関先でしつこく聖書を薦めてくる怪しいヒトときわどい心理戦を繰り広げていたり…。

   はい。言い訳です。ほんとうは書くことが何も思いつかなかったのです。だから大幅に更新するのがおくれてしまいました。でも、言い訳もそこそこに素直に白状した僕の誠実さに免じて許してください。

さて言い訳も酣(?)ですが活動報告に移らせてもらいます。

上でも少し触れましたが8/28~8/31間で関東遠征に行ってきました。

8/28 練習  北大定期戦のオフ明けということもあり調整の意味も込めた練習でした。練習内容とか雰囲気とかは正直に言って何も覚えていません。雨が降っていたことと、雨が降っているにもかかわらずノースリーブ1枚で練習していた佐々木君のことしか印象にありません。

8/29 東北大学A VS 東京23FC 45分✕2 (0-2、1-0)

   東北大学A VS 関東学院大学 45分✕4 (0-5、0-0、1-0、1-1)

   東北大学B VS  首都大学東京 45分×4 (0-4、0-5、2-1、0-1)

遠征二日目にして初めて試合がありました。試合初日からかなりハードでしたね。大体一人45分を3本こなしたのでしょうか。しかも前日と打って変わって晴天だったのでとてもつらかったですね。ここでは僕が参加した対首都大学東京戦について書かせてもらいます。

1、2本目についてはふがいない結果に終わってしまったのが残念です。遠征を通じてビルドアップがテーマになっていたのですが、ビルドアップの段階で奪われることが多くひたすら自陣で守備に追われるという展開でした。完敗です。

3本目に関しては相手のメンバーが替わったこともあり比較的に戦えていました。駒井君が素晴らしいクロスから得点を演出したり自身で豪快に得点をしたりとすごかったですね。

問題は4本目です。4本目が僕にとってこの日のハイライトといっても過言じゃありません。なぜならセンターバックに祥太郎さん(GK)がいたからです。この日のBチームは人手不足だったのでGKがセンターバックにコンバートする状況が起きたのです。当然フィールドユニフォームを着ていたのですがものすごく似合っていなかったです。それでも試合では対人は負けないしロングキックも出してくれるしで大活躍でした。  ただ1対1の体の使い方がまるっきりGKのものだったり、30分を過ぎたあたりから運動量が激減したりと気になることも多かったのですが。  あ、あと駒井君が2本くらい決定機を豪快に外していたりとすごかったですね。

8/30 東北大学B VS 東京外国語大学 45分×4(1-0、0-2、0-3、0-1)

   東北大学A VS 早稲田大学 45分×3 (0-0、0-1、0-1)

遠征3日目は午前中にBチーム、午後にAチームが試合でした。午前中の試合は雨でした。1本目こそ得点が入りましたがそれ以降は点が入りませんでした。印象としては積極性に欠けているように感じました。チャンスをもっと増やしていける様に積極性を持っていきたいですね。特に試合の合間に先輩から弁当を持ってくるようにとパシられていた高島君はいやならいやと(いやじゃないなら別にええんだけど)先輩にはっきり言える積極性を持ちましょう。

さてさて話がそれてしまいました。Aチームの試合報告です。移動するうちに雨もやみピッチもボールがほどよく伸びるサッカーするのには抜群の環境だったと思います。早稲田大学はとても強かったです。プレッシャーが早かったです。結果だけ見るとそこまで差はないものの、試合内容はこちらは攻め手を欠き大きなチャンスはなく、どちらかというと攻められる展開が多かった様に感じます。結果以上に差のある試合でした。ところで2本目の途中でY斗君が負傷交代したのでとても心配したのですが、後日サッカー部のラインに上がったアルバムに担架で運び出された直後のY斗君の写真がありそこで彼はとても笑顔で写っており少しむかついたのですがこれって僕だけでしょうか?(気になる方はアルバムにある関東遠征3日目の20枚目を見てみてください、あと個人的に38枚目の館野さんの表情も好きなのでおすすめしときます。)

8/31 東北大学A VS 筑波大学 45分×2 (2-1、0-3)

   東北大学B VS  土浦第一高校 30分×6(2-1、1-0、1-0、0-0、 2-0、5-0)

   東北大学 VS 東北大学OB 30分×2 (0-1、3-0)

とうとう最終日になりました。最終日は東京から離れ茨城県に行きました。去年も同じように茨城県に行ったのですがそのときは電車での移動でとても大変でした、が今年はなんとバス移動だったので非常に快適でした。試合について僕は土浦第一高校と対戦していたのですが、事前に土浦第一高校に主将・小山直人さんの弟がいると聞き非常に気になっていたのですが兄の直人さんに似て男前でした。(決して直人さんにこびているわけでない。)

試合内容に関しては考えるべきことはたくさんあるなと感じました。相手が高校生ということもありピンチな場面ではフィジカルでなんとかしのいでいるような場面が多く戦術、技術において少々不安になりました。

さてここまで長々と書いてきましたがついに最終戦、対東北大学OB戦です。この試合は僕にとってなかなかに刺激的なものになりました。なぜならOBの方々にGKがいないと言うことで僕がOBチームのGKをすることになったからです。すごい新鮮ですよね。普段はあまりなじみのない方々のチームにはいりいつも一緒にプレーしている人の攻撃を受けるのは。前半戦はOBチームが先制点を上げ、それに焦った現役生チームが攻撃しあぐねているような展開でした。以外にこのまま勝てるかもと思って後半戦に臨もうとして僕は驚愕しました。通例なら現役生チームは普段やらないようなポジションで戦っているのですが前半戦を負け越してしまったからなのかかなりガチのメンバーだったのです。ドラゴンボールでフリーザが「私の戦闘力は530000です」って言った時と同じくらい衝撃的でした。このあと僕はクリリンのごとくボコられました。

さていかがでしたでしょうか。ものすごい量書いてきた気もしますがこれでも大分はしょって書きました。本当はほかにも漢気じゃんけんで有終の美をかざった菅野さんの話とか最終日スパイクをバスに忘れて試合に向かった大成君の話も書きたかったけど泣く泣く書くのを見送りました。

最後に、関東遠征では普段やらないようなチームとの対戦を通じてかなりのレベルアップをすることができました。とてもためになった遠征でした。OBの皆様のご支援ご協力によってこのような最高の遠征にすることができました。本当にありがとうございました。

もう大分書いた気もするのですが一応雑記のほうも書いていこうと思います。もう活動報告だけで十分だよ!、こんな駄文はもう読みたくない!そんな人は飛ばしてください。僕も書いていて大分疲れました。

前回大成君が新しい趣味について話題を提供してくれましたがガン無視します、大成 ごめんね!

まあほんとにガン無視するというのも気が引けるものなので大成君の言っていた長期休みの過ごし方について書いていこうと思います。大成君は「長期休みは普段できない経験をする期間」と言っていました。素晴らしい考え方ですね。

さてでは僕にとっての普段できない経験とは何なのか、それは人生で初めて北海道に行ったことです。北大定期戦のためですが。しかし定期戦の後に3日のオフがある!!!というわけで北海道で3日間過ごすことにしました。(本当はすぐに仙台に帰ろうと思ったけど、予定立てるのがするのがギリギリすぎた)しかも一人で!!!(本当はすぐにry)ちなみにこのときの僕は後の関東遠征のことも考えると金欠でした。そこで僕は北海道で3日間の流浪の旅をすることにしました。時間だけはたくさんあったので歩いて札幌から新千歳空港を目指す旅(推定距離35キロ)です。今思うとすごい馬鹿なことをしたと思います。しかもこんなに馬鹿なことをしたのにネカフェの前でナイトパックに切り替わるまで待機していたときに地元のヤンキーに絡まれそうになったりとか、ベンチで休んでいたら近くのカップルが結構ガチなけんかしだして気まずかったりとか朝4時にネカフェを出発したら8月にも関わらず吐く息が白かったりとしょうもないことしか起きませんでした。後はただただひたすら歩いて疲れたらコンビニのイートインコーナーで休む、そして歩くの繰り返しでした。夜はネカフェで寝ました。ここまでやってわかったことは、北海道はでけえってことと、北海道は寒いってことと、北海道はでけえってこと(2回目)です。それでも個人的には楽しかったので時間があって暇だという方はやってみてはいかがでしょうか。おすすめはしないけど。

あー疲れた。こんなにも多く文章を書いて限界が来たので終わりにしますね。こんな駄文を最後まで読んでいただきありがとうございました。

さて次回のブログですが、少し肌寒い日や雨が降っている日にノースリーブ一枚で練習してたのに暑い日の練習でなが袖を着てた、サッカーはうまいのに袖の長さの調節が下手な佐々木道滉君にお願いしようと思います。後期ももうすぐ始まるのでチームの士気を高める熱いブログを期待しています。よろしく!!!