夏休みだ!!

梅雨のどんよりとした天気が続いた仙台は数日前から晴れ間が覗くようになり、あっという間に夏らしくなりました。あっついですねー。この間まで20度を少し上回るくらいの気温だったのが急に30度を超えてくるんですから耐えられたもんじゃありません。原付の風も熱風に変わり始めて乗ってても爽快感を感じないほどです。それでも自分が通っている青葉山キャンパスへと続く道は森に囲まれて涼しいですよ。オープンキャンパスもありますから、高校生の皆さん是非青葉山まで足を運んでみてくださいね!

申し遅れました。私、理学部化学科3年の田村祥太郎と申します。本日(7/29)テストを全て終え、残すところレポート1つとなり、実質夏休みがやってきました。このセメスターはヘビーな実験が多く、部活に参加できない日もチラホラとありましたが、なんとか無事に終わってくれました。次のセメスターから研究室に配属なので、まとまった休みはこれで最後です!有意義な時間を過ごしたいと思います!

・・・・・・

それでは前置きが長くなりましたが、今週の活動報告です。

学生リーグ vs仙台大学

結果  1-6     

練習試合  vs仙台大学  45×2本

結果  0-5    

30度を超える炎天下の中での試合でした。学生リーグに関しては、自分たちの力の無さも痛感しましたが、手応えをつかんだ人もいるのではないでしょうか。最近の練習のテーマが実際の試合で形になっていたことや今まで自分たちがやってきたことが強豪相手に通用したことは自信につながると思います。ひとまずは夏の暑さの中でも戦えるだけの体力を夏休みの練習でつけていきましょう。練習試合では1年生も多く出場しましたね。貴重な相手との試合だったので学ぶことも多かったように思います。結果は結果で受け止めて、チームとして、そして個人としての改善点を整理して練習に励んでいきましょう。以上、活動報告でした。

・・・・・・・

ここからは雑記です。もうブログを書く機会もあまりないので、今回は自分のことを知ってもらう場にしたいと思います。そんなことより次回のブログの担当が知りたい人はさっさと下にスワイプしてください。

じゃあ、まずは経歴からいきますか~

小学校4年  都城SSS(宮崎)

   6年  通町SSS(仙台)

中学校    仙台二中サッカー部

高校     仙台二高サッカー部

大学     東北大学サッカー部

っとまあこんな感じですかね。特に有名なチームにいたわけでもなく一番身近にあるチームでサッカーをやっていたという感じです。自分は高校からキーパーをやっていますが、実は宮崎でいたチームでGKのポジションをお試しで何回かやらされたことがあるんです…。

当時は「GKって失点したら責められるんだよな…」と思ってたくらいですから当然全くやる気はなく、素人が急にキーパーやったってそりゃ今まで学校の友達とのドッジボールに命懸けてたくらいなんで枠に入らなさそうって思ったらボール避けたりもしてましたね。それでも、理由は覚えてませんが自分のことをすごく贔屓に見ていてくれたコーチ(友達の親)がAチームのキーパーとして試合に自分を出してくれたんですよね。でも上級生ばかりいる中に足ガクガクのど素人がキーパーやったって何も起こるはずなく、案の定ボコボコにやられましたよ。練習試合でしたが、まー、みんなの目が怖い。何やってんだよって言わんばかりの目つきで見られて恐怖以外の感情なかったですね。

結局その後も自分がキーパーとしての才能を開花させることはなく、キーパーというポジションに対する偏見をより一層ひん曲がらせて1年も経たないうちにやめることになりました。その後、高校に入るまで自分は主にディフェンスとして頑張っていたわけですが、高校で再びGKをやる事になります。

理由としてはキーパーに対する偏見がなくなったのが大きいですかね。あと遊びでキーパーやってる時に楽しいって思ったことも一つの理由ですね。身体能力にはある程度の自信があったので、派手な形でボールを弾くとみんなが褒めてくれるんですよ。すげぇすげぇって。そんなの楽しいに決まってるじゃないですか。その楽しさが失点への恐怖を超えていったことが大きかったのかなと思います。歳を重ねるにつれてサッカーが頑張るものから楽しむものへと認識が変わっていったこともあって、後先のことはあまり考えずに自分が楽しいと思う方向に進んでいってましたね。キーパーとしてサッカーをやってる約5年間ほどですが、ひたすら楽しんでプレーできているのでこの選択は間違ってなかったなと思っています。

高校では奇想天外と天真爛漫を合わせたような先輩Aと、優しくていつも先輩Aにいじられている先輩Bの二人の先輩方からキーパーのあれこれを教わりました。練習は、やるときはやる、やらない時は何もやらない、を完全に現実化していました。やる時はやります。熱心にフォームを教えてくれたり、これでもかと思うほど手本を見せてくれたり。でもやらない時は何もやりません。アップ終わったと思ったら「ちょっと座っか」って。そっからはおしゃべりタイムです。誰々が相変わらず可愛いだの、誰々が面白かっただの、他愛もない世間話をしてましたね。今思えば何やってんだって話ですけど、こういった時間があったからこそ、慣れないポジションで思い通りにいかない歯がゆさを紛らわしてくれたり、練習に向かうモチベーションの一つになっていたと思います。さすがに二人が引退してからは周りのモチベに影響するのでおしゃべりタイムは無くしましたけど、それでもどこか楽しい要素を入れながら練習をするようになっていきました。

そんな感じで高校までザーッと振り返ってきましたが、もうお分かりの通り、自分は楽しくサッカーがしたい人です。その点、東北大学サッカー部は”Enjoy Football”を理念に掲げていることもあり、自分としてはすごく居心地の良さを感じています。選手のみんなも楽しんでやってる人が多いですしね!それでも、決して不真面目になることはなく、一人一人が真摯にサッカーに向き合っているからこそ今の東北大のサッカーがあると思います。あやとくんも言っていたように、この「東北大学サッカー部」を後輩たちに継承していくためにも、自分はこの東北大学サッカー部としてのアイデンティティを大事に、これからも楽しくサッカーに取り組んでいきたいと思います!

・・・・・・

かなり長くなってしまった上、何を言いたいのかよくわからない文章になってしまいました。すいません。来週は貴雄にお願いしよっかな。来年のREFとしての入部希望者を増やすためにも今回バチっとレフェリーの魅力について語ってくれ!(大内MGには3年のラストを任せた!)

【テスト勉強の合間に】1~9の中から数字を一つ思い浮かべてください。次にその数字を8倍にしてください。8倍にしたらそこから最初に思い浮かべた数字を引いてください。そこで出てきた数字を半分にしてください。余りが出たら切り捨てていいです。その数字からあなたの誕生日の数字を引いてください。2月14日が誕生日なら14を引くといった具合です。引いて出てきた数字がマイナスになったらマイナスを取ってください

まぁ、だから何だって話なんですけどね。

.

.  

お疲れ様です。最近ラジオにハマり、3時過ぎに寝ることが習慣になりつつある経済学部3年の髙木です。このブログもANNを聴きながら書いているリトルトゥースです。前回の投稿者の関根とは同じ学部なので一緒に講義を受けることも多いのですが、彼はほぼ毎回遅刻しています。ある時には13時からの講義に遅刻し、またある時には1時間遅刻して来ることもあります。これは複ビンですね。 (なんなら部活にも遅刻してきて、3000円を部に寄付してほしいっすね)

先週は、そんな関根監督が率いるアイリーグと、仙台二高との練習試合がありました。

【アイリーグ】  vs 仙台大学A2 0-4 負け

【練習試合】   vs 仙台二高  40分×4本 全勝

自分はケガをしててどちらの試合にも出場することはできなかったのですが、splyzaやノートを見る限り、課題が多く見つかった試合だったのかなと思います。特にアイリーグでは、前後半立ち上がりの失点と、CKのマーク確認、サイドチェンジされた時のスライドには改善の余地があるように感じました。ただ、ショートカウンターでいい形を作れた場面もあったし、ゴール前で何度も体を張っていたりと、いいプレーも見受けられたので点差ほど悲観しすぎることもないと思いました。来週の学生リーグが終わると夏休みに入るので、一人一人が意識を高く持ち練習や遠征に取り組みましょう。また、ケガ人は完治させることを第一優先に(←お前が言うな)、できることから取り組んでいきましょう

以上、活動報告でした。

    

   

ここからは雑談です。

先週関根から「モチベーションが上がる話」というお題を頼まれましたが、自分には部員の士気を高めるほどのカリスマ性がないので、各々が何か思ってくれればいいかなぐらいの意気込みでいきたいと思います。

先週アイリーグの前期最終節を迎え、今週末の仙台大戦で学生リーグの前期が終わります。1年生のなかでも初めて学生リーグやアイリーグに出たという人も増えてきました。正直、スゲーなって思います。自分が1年生の頃と比べると、後期はアイリーグにちょいちょい出してもらっていましたが、前期は怪我をしていたこともありチャンスは皆無でした。というか、サッカーをした記憶がほぼないですね笑

そんな自分も2年生になるとわずかですが、学生リーグに出るチャンスが増えていきました。メンバーに選ばれることは素直に嬉しいのですが、不安もありました。内心、金網におびえるモンゴルマンぐらいビビってました。それもそのはず、スタメンに選ばれたのは仙台大戦と富士大戦という東北1位2位の強豪チームで、試合に出ても何もできなかったです。悔しい想いをしました。特に仙台大との試合では、試合終盤の疲れている時間帯に、交代して新しく入ってきた相手選手がガンガンにドリブルを仕掛けてきて、身体的にもメンタル的のもしんどかったですねぇ。

そんな中、自分が成長できた・自信がついた・楽しめたという試合があります。それが去年のアイリーグ後期の仙台大学A2戦です。結果的には0-4と完敗し、試合を通してシュート0本で内容的にも良かったとは言い難い試合でしたが、個人的にはプレーしていて楽しかったという印象が強いです。

その試合の相手メンバーには、上記に述べた前期の仙台大戦で試合終盤にドリブルを仕掛けてきた選手がいました。その時自分は1部リーグのリベンジができると思い、恐れるというよりもワクワクしていました。試合が始まると案の定、その選手と対峙する場面が多かったです。前半は0-0で折り返し、(自分で言うのもあれですが)上手く対処できていたなと思います笑。で、後半が始まって数分後にその選手が交代したんですよ。

「今回は勝ったな。」

と、個人的に報復できて気持ちが高まりました。楽しかったですね笑。

その一方で、自分のサイドから崩されたりもしてそこから4失点したんですけれど……。でも、試合終了後に自分のプレーを褒めてくれる人がいて、それが自信や成長に繋がっているのかなと思ってます。

自分に甘すぎるのは当然良くないですが、厳しすぎるのも良くないと思います。プロ選手のプレーを参考にすることはもちろんいいですが、技術面やフィジカル面ではどうしても敵わない部分があるので、それならまずは自分の良かったプレーを心に留めておくのも一つの手なんじゃないのかなと。過去の自分自身のプレーなので再現不可能ということは絶対ないですし、日ごろから練習していればそれを上回ることもできるかもしれないですしね。

「人は人。自分は自分。」「克己心」で頑張ります。

  

まとまらない文章となってしまいましたが、この辺で終わりたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。(キン肉マンネタに気づいたおひさまの方やリトルトゥースがいれば、ぜひ声かけてほしいです)

  

   

さて、今週はテスト期間と丸被りの1週間で勉強に追われる日々だと思いますが、祥太郎には犠牲になってもらって来週のブログをお願いしたいと思います。会計の仕事もこなす祥太郎なら余裕でしょ! よろしく!!!

  

おつか〜?れ〜しょん☆

更新遅くなってしまい、申し訳ありません。経済学部3年関根航太です。

もう7月だと言うのに仙台は涼しいですね。最近は雨ばっかでじめじめしていて、テンション低めです。

早速、今週の試合結果です。

総理大臣杯準々決勝  vs八戸学院大学  @みやぎ生協めぐみ野サッカー場  1-0 ○     三輪(小山)

リーグ戦初戦で敗れている八戸学院大学との試合でした。内容としては前半からボールを支配され、カウンターからゴールを狙う展開となりました。前半終了間際にフリーキックから三輪さんが頭で合わせ、先制に成功。後半は厳しい時間が続きましたが、キーパー原のビークセーブや舘野を中心としたディフェンスラインの踏ん張りのおかげでなんとか逃げ切ることが出来ました。勝てたのは良かったのですが、キャプテンと副キャプテンの一人が攣って交代してしまいました。反省してください、、

総理大臣杯準決勝  vs仙台大学  @みやぎ生協めぐみ野サッカー場    0-4●

連戦で迎えた仙台大学戦。前日よりも更にボールを支配される展開でした。前半終了間際に1失点、足が止まってきた後半に3失点と完敗でした。ただ、悲観するほど悪いとは思わないし、2週間後に同じ相手と出来るチャンスがあるので、修正して、良い形で前期を終えたいです。

活動報告はここらへんにして、ここからは雑記です。熱いブログは他の人が書いてたので、僕は市川からブログ回されたし、市川慶太郎についてちょっと書こうかなって思います。

最初はなんかクールなやついるなーくらいの印象しかありませんでした。GWの練習行ったら全部いるしやる気あるのかなーって。1年前期のうちはこのくらいにしか思ってなくて、なんならちょっと怖くて絡みにくかったです。

1年の夏休みくらいからなぜか仲良くなり始め、そこからはずっとだる絡みされ続けました。練習全然来ないし、めっちゃ潔癖だし。ぶっちゃけ、だる絡みされ過ぎてだるい時もありました笑

でも、誕生日プレゼントとして叙々苑奢ってくれたし、誰よりも一緒にアジリティとか3人組のボールと取り合いやったし、一緒にリフティングの練習したし、自分の仕事はしっかりやってたし。たまに練習来た時も一生懸命やって、上手いなって思うプレーがたくさんありました。

そんな彼が留学のためにサッカー部辞めちゃったのとても悲しかったし、もっと一緒にプレーしたかったし、だる絡みもしたかったなって今では思います。彼の分まで頑張って、インカレいけるようにこれから練習していきたいです。とりあえず、今までお疲れ様。ありがとう。スウェーデンでも頑張って!

全然まとまらない文章になってしまいました。まだまだ書き足りない?ですが、ここらへんでおわりにします。これを市川が読んだら、泣いてしまうんだろうな。

次のブログは熱い想いを内に秘める同じ経済学部の髙木君にお願いします。みんなのモチベーションが上がる話をよろしく!

The Last

こんにちは。工学部三年の市川慶太郎です。

まずは試合結果報告です。

総理大臣杯予選2回戦 対ノースアジア大学 3-0(坂井2、菅野1)

試合は見に行ってないので、内容は省略させてください。ただ、今年は本当に負けないなっていうことを改めて感じました。

先日晴れて引退しまして、ミーティングにいなかった人もいるみたいで理由としては、今年の夏から1年間交換留学に行くからです。それの準備で早期履修とか教授たちとのスタンプラリーとかで忙しくほとんど参加できなくなるので、6/30のミーティングがいい機会だと思い決断しました。まあ、もともとあんまり部活には参加してなかったですけど、、、、。1,2年生の中にはあの人何でサークルとかじゃなくて部に入ったのかなと思う人もいると思います。小学校から続けてきてサッカーするのはやっぱ好きだったし、実は僕にもIリーグに出たくて一生懸命だった時期が一年生の最初の頃にはありました。一年生の頃の確定新歓明けのゴールデンウィークの練習とか試合に全部参加するくらい一生懸命でした。ちなみに全部参加したのはたった3人でがく(自分探しで退部)、市川(留学で退部)、古賀(???)です。あとこれは関根に教えてもらったんですけど、意外とIリーグにも登録されていて出場してました。今でも忘れません、仙台大学に0-11で負けたのは。こんな感じで頑張っていたんですけど、一年の9月くらいに、雨の日の中荷物を持って松島まで歩いて行って主管だけした帰り道”これは違うな”って思って、そっから5th-class-ness生活が始まりました。そっからは学業の方に傾き始めたんですけど、留学きっかけで退部するまではやめようと思ったことはなかったし、自分の立場みたいなのもちゃんと維持できました。退部しようと思わなかったのは、やっぱり同期のおかげだったのかなと思います。僕はあんまり先輩とも後輩とも絡まないので、同期といる時間が長かったんですけど、居心地が良かったので部活に来ても楽しめたのかなと思います。他の学年だったら多分やめてました。2個上と3個上なら確実にやめてました。自分の立ち位置については、仕事をちゃんとやったから得たのかなと思います。練習は参加しなかったけど、サッカー部活動の幅を広げることに貢献してきたし、いろいろ新しいことを取り入れてきました。こんな感じの存在の仕方も東北大学蹴球部ではできるっていうことを後輩に残せたことがゆういつ先輩としてできたことかなっと自負しております(笑)。

遠いスウェーデンの地から応援しているんで頑張ってください。

来週は、関根で。

うるうる

ちょっと?投稿が遅れちゃいました、ごめんなさい。無能学部3年中村です。部活のみんながレポートや実験などで苦しんでるなか、授業の一環ではありますが自分はトウモロコシやトマトを育てています。やはり無能ですねぇ。

まずは今週の活動報告としましょう。

6月29日アイリーグ第6節vs八戸学院大2nd @川内グランド  監督:関根

1-0 勝利 

得点者(アシスト者)長浜(石原)

試合前の一週間はアイリーグメンバーのみでの練習が何回かあったため、いつもより戦術やセットプレーの確認ができたのが良かったのかもしれませんね。試合内容としては、ボールを保持される時間が多く、攻め込まれるシーンもいくつかありましたが、最後のシュートのところで体を張れて無失点に抑えられたのは良かったと思います。得点シーンに関しては、石原しゅんのエロいスルーパスをもらった長浜がゴール前で冷静に流し込んだといったところでしょう。シュートの仕方がすこしだけDQNだったかな?笑

学生リーグもアイリーグもこれで一区切りつきました。どちらも勝利で終わることができて小山監督、関根監督共にニコニコです。渡邊監督もいつか交代の指示を出せれるようになるといいね。

活動報告としてはこのへんにします。

でなんですけど、ブログ何書こうかなぁと思って…

熱いブログは書けそうにもないので、興味ないかもしれないけど、最近自分がハマってることを書こうかと。

1.筋トレ

お、えらい!と思ったでしょう。残念。今年の海に向けて肉体改造中なだけです。筋トレすればちょっとは男らしくなるのかなと思ってましたが、筋肉あってもモテない奴はモテないのかなぁ?(中川りょうすけを見ると…)

2.YouTube 

これはありきたりですね。だけどやっぱり面白いんですよ。最近だとカップルチャンネル見ちゃいますね。見てるこちら側が恥ずかしくなるぐらいのが最高です。動画見て学んではいるんですけどね、いつになったら活かせるのかな

もちろん東北大学サッカー部OBである相楽さんのチャンネル。Sagara Style Fitness も拝見してます。筋トレについて多くのことを学べるので助かってます。

3.涙活(るいかつ)

初めて聞いた人もいるかと思います。簡単に説明すると「意識的に泣くことによってストレス解消を図る活動」のことです。とくにストレスが溜まってるわけでもないのですが、泣くと心が浄化されるんですよね。これがたまらなぁい

オススメは「僕はまた、君にさよならの数を見る」という本。これ読んで泣かない人は、ねぇ……

あまり読書が好きじゃない人にもオススメのがありますよー

http://world-fusigi.net/archives/9325585.html

心が疲れた時に読むコピペです。みなさん是非見てみてください!とくに、公務員講座でヘトヘトな人や、(ストレス性?)(ウイルス性?)胃腸炎を患った人、焼肉のお誘いを断られた人、これ見て元気出せよ。

こんな感じで毎日過ごしてます。このブログを機に自分の日頃の生活を振り返ってみると、あまり充実してないことが分かっちゃいました。気づけばもう大学3年生になってて、人生の夏休みと言われている期間の半分は終わってしまい、このままだとすぐに卒業となってしまいます。やっぱり大学生のうちになにか大きな思い出作りたいなと思ってるんです。インカレいきましょう。

次回のブログは市川くんお願いします。

言い残しのないようにね!!