プーマワンのスパイクレビュー

皆さま、こんにちは。LINEのゆる動物占いで令和の運勢を占ったら「あなたはラブラドール!令和の恋愛運がヤバすぎる!!神に嫉妬されるレベルでモテる予感!!」だそうです。まあまあ当たってますね🙃新時代のモンスター、法学部3年 法学科 恋愛学を専攻してます、原 雄飛です。

お先に今週の活動報告に入っていきましょう。

と言いたいところですが、今週は予定されていた仙台大との学生リーグが延期になりました。

ですので土曜日に練習、日曜日オフでした。土曜日の練習はしっかりと走って個人個人の基礎体力を向上できたと思います。来週の青森大学との試合に向けてしっかりとコンディションを合わせていきましょう。そして日曜日はみなさん、どんな過ごし方をしましたか?僕はちょっくら舞浜の方に遠征に出かけていました。もう帰って来たくなかったですね。今週一週間頑張れそうです。

というわけで、先週アヤトくんのリクエストもあったので、今週のブログは「ディズニーチケットの完璧な渡し方」と「新入部員へのお知らせ」の2本立てでお送りします。(最近は熱いブログが多いので、たまにはゆるいブログも挟みましょう。サッカーも恋愛も同じです。毎回同じだと攻略できないぉ。)

1.ディズニーチケットの完璧な渡し方

皆さん、ディズニーチケットを人にプレゼントしたことはありますか??私は先日たまたまそうゆう機会がありました。はじめての経験だったのですが、割と卒なくこなすことができたので、重要だと思う点をいくつか。

 a)入念な市場調査

 誰しもプレゼントを渡す時には相手の喜ぶものを渡したいものですよね?その為には相手が何を欲しいのかを知るひつようがあります。とても基本的なところですがここが一番重要です!ちなみに私は半日に渡る電話を数回繰り返してニーズをつかみましたw 時間を惜しまずにじっくり探ることが大事!サッカーでも攻め急ぎないことはとても重要ですよね?同じです。

 b)そわそわするシチュエーション

 これはとても重要です。例えば、例えばですけど! 雪の降る深夜0時半、誰もいない仙台駅の東西連絡通路で身を寄せ合い、、、渡すとか!いろいろありますよね。

 c)渡す際の言葉

チケットを渡す時に何をいうか。この出来不出来が受け取ってもらえるか否かに大きく影響します。最も良いのは愛の言葉。  でも中にはそんなの恥ずかしくて言えない!って人いますよね?そこで私が提案したい解決法に『同性に対して好きって言ってみる』というのがあります。この方法は非常に効果的です。おはよう!の代わりに 好き!と言ってみる。これくらいの感覚でできるようになれば本番でも大成功間違いなしですね! 

チィケットの話はこれくらいにしといて次の話に移ります。

2.新入部員へのお知らせについて。

単刀直入に言います。彼女が欲しい新入部員のみんな!安心してください。というのもこの部活には彼女を作るためのシステムが整っているからです!サッカー部にサッカーの試合を分析する分析班があるのは知っているかと思いますが、実は恋活について分析をする班も存在するのです。(非公式ですが、、)恋愛に関する見識を議論によって深めつつ、実践の場においても数々の実績を上げてますので、興味のある人は是非一度足を運んでみてください。分析班班長でありながら恋愛アナリストの資格も持つ菅野さんが的確なアドバイスしてくれるはずです!

てな感じで今週のブログはこの辺で終わります。次回のブログは同じ法学部の田端 仁君にお願いしようと思います。ジンくんは公務員講座の関係でこれからほぼ部活に来れなくなると思いますので、言い残したこととかあれば。熱いブログを期待したいっですね!



キングダム読むと熱くなっちゃうよね

皆さん、お久しぶりです。本ブログ3度目の登場になります、化学バイオ工学科3年の渡邉斐都です。前回の萩原君のブログ、良かったですね~。僕は途中まで読んでウルウルしかけてしまいました。が、オチでのあの一言。あぁ。1年生はこいつ何言ってんだ?と思った人も多いと思いますが、彼はそういう男なんです。安心してください。いつも通りですから。

最近その萩原君と一緒に髪を染めたのですが、僕の評価だけが著しく悪く、関根君に鬼のように罵倒を浴びせられたので、髪を赤くしてみました。なんか悪いことしちゃってたのかな?反省反省。髪を赤く染めた数日後、親からこんなLINEが送られてきました。

❝髪の毛がドラゴンボールに出てくる、サモア人?みたいだね。その髪に秘めた思いを教えてください❞

いや、サモア人じゃねーし!そんなムキムキじゃねーし!!髪に思い秘めてねーし!!!

というわけで、さっそく皆さんお目当ての今週の活動報告に入っていきましょう。

        5/18(土)東北地区大学サッカーリーグ第3節

vs.富士大学 3-1〇 (1-1/2-0) 得点者 三輪、(菅野??)、関根(三輪)

5/19(日)東北インディペンデンスリーグ第3節

vs.仙台大学b2 2-5● (1-1/1-4) 得点者 港斗(由斗)、中川(港斗)

vs.仙台高専 1-1(小泉) 0-0 0-1 4-0(新海×4)

遠くまで応援に来てくれたOB・OG、保護者の方々、遠くの地からいつも応援してくれているOB・OG、保護者の方々、応援ありがとうございました。ここ数年?勝った記録が残ってない富士大相手に見事勝利を収めることができました。

試合内容としては、その日は風が強く、前半は風上となり、相手に攻め込まれる展開になりました。苦しい中で、FW坂井の猛プレスによって生まれた相手のミスを2試合連続ゴール中だった三輪が冷静にシュートを決め先制。前半終了間際に相手にPKを与えてしまい1-1で前半終了。後半は風下となり、うちが攻め続ける!といった展開にはならず、相手にボールを支配され苦しい時間が続きました。そんな中、後半残り10分。MF菅野のCKをキーパーがはじききれずそのままゴールに入って2-1。さらに残り時間5分くらいで、MF関根がダメ押しの3点目を決め3-1でそのまま試合終了。

後の2試合は申し訳ございませんが省略させていただきます。

今週は3試合行われ、どの試合もとてもハードな試合になりました。プレーヤー、マネージャーの皆さん、お疲れさまでした。そして、来週の試合は延期となったので、その間に英気を養いましょう。今年度リーグ戦3位以内を目標を達成するにあたり、リーグ戦が進むにつれて、この先もっともっと厳しい戦いが待ち受けているでしょうが、東北大らしく、堂々と、楽しみながら、チームで力を合わせて進んでいきましょう!

ここからは、去年のブログで来年はまじめな話を書くと言ったので、少しまじめな話を書かせていただきます。このまま読み進めていただけると、僕はすごく喜びます。色々書きたいことがあってかなりまとまらない文になると思うのですが、そこは許してやってください。

まずは、こちらをご覧ください。

新入生は分からないと思いますが、この2つのブログは、3年前と2年前にキャプテンだった方のブログです。実は2人とも化バイなんですよね~。やっぱ優秀なんですね、化バイって。(今心の中で「現役に限る」と思った奴は後で職員室に来なさい)前年度キャップの方のブログは、文学部でモテモテ充実ライフを送っていたため、ここには乗せないので皆さん自分で検索してみてください!!今年度キャプテンの直人のブログは先々週上がっているので同じく載せません。

こうしてみてみると、すごいっすねキャプテンって。ほんとに。マジ尊敬って感じです。何がすごいって、みんな器がでかいんですよね。僕の器は醤油皿くらいなので、見ていてほんとに憧れてしまいますね。そのキャプテンのうちの一人である洸太さんが、最後のサッカーノートに、こんな言葉を残しました。

❝自分がキャプテンになったとき考えた目標の一つに、5年後にインカレに行けるチームの基盤を作る❞

いや、ベガパンク(ONE PIECE)かよ!何年先のことを考えてるんだ!!と衝撃を受けました。そして今はそれから3年目のシーズンですね。

これが、今回僕が言いたいことに繋がってくるんですが、皆さんは今年度の目標であるリーグ戦3位以内をどのように捉えているのでしょうか??


遡ること3週間。菅野さんと二人で飯食ってるときに、先輩に言われた言葉って結構心に残ってるもんだよね。みたいな話になりました。人それぞれあると思うんですが、僕の場合は、黒田さんとか遊真さんに、Iリーグの時とかに声をかけてもらったりアドバイスをもらったりしたのを今でも覚えています。そしてずっとこんな4年生になりたいと憧れていました。

しかし、時間がたつのは早くて、あっという間にかっこいい先輩たちは引退してしまいました。もっと一緒にサッカーをしたかったし、話を聞きたかったです。そんな悲しい気持ちでいたとき、秋季のみでは引退する4年生たちが自分たちの思いを、願いを、僕たちに残していってくれました。それだけではなく、東北大学学友会蹴球部というものを、残していってくれました。

僕はあの時の黒田さんの涙を絶対に忘れないし、その後クリスマスに洸太さんに呼ばれて舘野と二人で参加した、飲み会での洸太さんと黒田さん、柴田さんの話を忘れることはないと思います。(その横であゆみさんと玲奈ちゃんにベロベロによって絡んでた飯岡さんも、忘れることはないでしょう。)

早いもので、僕はもう3年になりました。では、今の上級生はどうでしょう。1・2年生が憧れるようなかっこいい先輩になれているでしょうか?僕たちは先輩たちから受け継いだものを、後輩たちに伝えていかなければなりません。それが何なのか、伝える相手は誰なのかは一人一人違うような気がするので、一人一が考えなければいけないような気もします。

1・2年生の皆さんにはあこがれの先輩はいるのでしょうか?もしいたとしたら、20歳を越えたら、憧れの先輩に声をかけて飲みに連れて行ってもらってください。直人は気前よくおごってくれるでしょう。関根は酒飲むと普段は内に秘めた思いをちょっとだけ語ってくれるでしょう。そして隼也お兄さんには気を付けてください。彼は自分を憧れされるために様々な後輩たちにアドバイスをして回ることでしょう。普段しゃべらない先輩からアドバイスをもらうのが嬉しいんですよ!?菅野さん。

尊敬する先輩なんていませーん。というあなたは羽成さんに飯連れてってもらって、男の魅力やら色気やらを直に学ぶのが一番いいでしょう。くれぐれも原さんのとこにはいかないように。

そして話をまた今年の目標であるリーグ戦3位以内に戻して終わろうと思いますが、残された僕たちにできるのは、先輩たちが残してくれた想いを、基盤を、環境を、伝統をしっかりと受け継いで、行動し、実践し、結果を出すという形で恩返しすることだと思います。富士大に勝てたのは、試合に出たメンバーの力だけでは決してないはずです。だから、慢心せず感謝の気持ちを忘れずに、目標に向かってチーム全員で1戦1戦闘っていきましょう。個人的には富士大に勝ったときに、洸太さんと柴田さんにナイスプレーと一言声をかけてもらえたことが何よりも嬉しかったです。それだけで今までの言葉にできない何かが報われた気がしました。

今年度キャプテンの直人が、僕たちにどんな景色を見せてくれるのか。楽しみで楽しみでたまりませんね!!!

ということで、長い話でまとまりがないうえに、身内の話をしてしまい、何言ってんだかわかんない人も多かったと思いますが、誰かが、少しでも何か感じてくれれば頑張って書いてよかったと思います。

では、今週はまじめな話になってしまったので、来週は、いま時代の風はあの男に向かって吹いている。のあの男、原雄飛さんにブログを書いていただきましょう。(ディズニーチケットの完璧な渡し方とか教えてほしいな~)

よろしく!!

ただ1つの思い

こんにちは、工学部建築・社会環境工学科建築学コース3年目3年の萩原大樹です。最近は課題のせいでなかなか練習に出られず、24時間開いている製図室で同じコースの仲間たちと課題をやりながら一晩過ごすという楽しい毎日を送っています。

それではまず、先週の試合の結果からです。

東北学生リーグ第2節VS東北学院大学
結果 : 1ー1 △ 得点者 三輪(関根)

三輪さんのスーパーゴールのおかげで、2試合目にして今シーズン初の勝ち点を取ることができました。内容もいい試合で、みんなで組織的に守備ができていたし、相手ゴールを脅かすシーンも何度もありました。来週の富士大戦ではああいうシーンで決めきって勝っていきたいですね。

次に、Iリーグ第1節VS TGNEXT
結果:1ー0 ◯ 得点者 羽成(佐久間)

同日開催となったIリーグでは、初戦にして勝ち点3をあげる、素晴らしい試合となりました。羽成さんがとってくれた1点を足をつるまで頑張ってくれた仁くんを中心にきっちり守りきりました。この調子でIリーグも上位3位以内を目指し、頑張りましょう。

最後に、練習試合VS 東北福祉大学
結果: 1本目 2ー0 ◯ 得点者 田中(古賀)
2本目 1ー1 △ 得点者 古賀
3本目 2ー0 ◯ 得点者 中村航太(田端)、小渕(中村航太)
4本目 1ー0 ◯ 得点者 小渕(駒井)

1年生を加えた初めての対外試合でした。結果は3勝1引き分けとなかなかの出来だったと思います。しかし、唯一の失点は自分のミスからなので反省しています。まだ本調子ではないであろう1年生たちもよく走っていたし、怪我もなく終われたのでよかったです。

先週は1年生が入って初めての試合でしたが、1年生から見て先輩達の姿はどううつったでしょうか。こんなふうになりたいと思ってくれて、1年生のうちからIリーグ、さらには学生リーグに出場するような選手が出てくると嬉しいです。

結果報告も終わったので、ここからは少しだけ自分のことを書こうと思います。先週は3試合もあって、すでにけっこう長いので、疲れたよって人は読み飛ばしてください。

突然ですが、部員の人たちは知っている通り、僕は今、金髪です。確定新歓の直前に染めたので、1年生からすると、入部したら見たことない金髪の人がいるという感じでしょう。ということで、前回の直人くんからの面白いブログというリクエストには反しますが、今回は僕が金髪にした理由と普段はあまり出さない僕の思いについて書きます。

周りからはどう思われているかわかりませんが、自分では、僕は自分の感情をあまり表に出すタイプではないと思っています。あまり怒ったり、悲しんだり、不満を言ったりせず、いつも気楽に生きている方だと思います。そんな自分のことをチームメイト、特に後輩なんかは、適当な人だなぁとか、何にも考えてないんだろうなぁとか思ってるかもしれません。しかし、心の中では強い思いを持っています。この思いは本当はずっと前から持っていましたが、最近になってより強くなりました。自分が1年生の頃はまだ仕方がないと思っていました。でも、2年生やそして今、3年生になってからもその状況は変わりませんでした。新2年生や1年生たちが入学してきて、自分の大学生活はもう残り少ないということに気づき、焦りも生まれました。僕は悩みました、「本当にこのままでいいのか」、「せっかく大学に入ったのにこんなんでいいのか」、「まだ努力が足りていないんじゃないのか」と。そして、自分がこれからどうしていきたいのかを考え、これからは今までやっていなかったようなことにも挑戦していくと決めました。その第一歩として髪の毛の色を金に変えたのです。直接は関係ないかもしれませんが、自分がそう決めたことを忘れないための決意として、そして、それをみんなにも知ってもらう証として。僕は自分を変えていくことを決めました。それはただ1つの思いがあったからです。

「モテたい」

という思いが。

こんな感じで、そろそろ今回のブログを終わりにしたいと思います。長くなってしまってすみません。1年生にはこのブログを通して僕がどんな人間かわかってもらえたと思います。目立っていると思うので、この機会に名前を覚えて、恐がらずに話しかけてもらえると嬉しいです。

それでは次のブログは、一緒に髪を染めた仲間であり、今シーズンの副主将でもある渡邊斐人くんに任せたいと思います。本職のブロガーである渡邊くんならきっといいブログを書いてくれるでしょう。

”キャプテン”としての挑戦   〜最高の仲間と目指すサッカー〜 


青空に新緑が眩しく芽吹く季節となる頃。
平成が終わり、成人したタイミングで令和となりました。何か節目を感じます。
令和元年度のキャプテンを務めます学部3年の小山直人です。

世間一般では大型連休でしたね。今年は10連休ということで、家族と過ごす人、友達と旅行に行く人など普段とは違う生活を送られたことでしょう。
さて、我々サッカー部はというと東北地区学生リーグの開幕でした。
初戦はアウェーということもあり勝ち点を1でも取りたかった試合でした。
八戸までOBの方、保護者の方もたくさん来ていただきました。遠方まで足を運んでいただき本当にありがとうございます。

結果は八戸学院大学に1-2で敗れてしまいました。

簡単には勝ち点を取れないなという印象でした。内容は全然悪くなかったと言い切れます。
相手ゴールを何度も脅かしました。
今までやってきたことは間違いなかったと思います。沢山の方に内容はすごいよかったとか見てて面白かったと言っていただきました。

ただ、我々には譲れない目標があります。

学生リーグ3位以内

この目標を達成する為には内容がいいだけでは意味がありません。
結果にこだわらなければいけない。

今回の2失点は、次に活かさなければいけません。
また、すぐ次の試合がやってきます。
学院は強豪です。
でも、目標を達成する為には次の試合の戦い方はすでに決まりました。

勝つだけです。

これまで学友会サッカー部に入ってブログを2回書きましたが2回ともなんのブログなのかよくわからないまま終わってしまった感じだったので、今回はこのタイミングでもあるので今シーズンの意気込みを書きたいと思います。

2年前、ただサッカーが好きだから、サッカーをしたいから入部しました。キャプテンになるなど夢にも見ませんでした。その時の代はとにかく情熱的な先輩ばかりで本当にサッカーが好きな先輩ばっかりでした。がむしゃらに走って激しくぶつかり合うサッカーを今でも覚えています。当時はそういうサッカーが嫌いではありませんでした。結局気持ちが強い方が勝つんではないか主義でした。
さて、今年のチームは、、
どちらかというとそういう人はいないチームです。声を荒げて怒鳴るような先輩も後輩もほとんどいません。ただ、みんな静かに燃えていると思います。自己主張しないだけでうちで秘めてる思いは十人十色、様々です。
その分、2年前よりテクニックのある選手が多いです。冷静な対応、判断ができる選手がたくさんいます。
2年前は戦術などあまり意識したことはありませんでした。もしかしたら今、過去の自分と同じ状況の後輩はそう思っている選手がいるかもしれません。

しかし、いざキャプテンとなるとチームをまとめる上でどれだけ戦術が重要か身にしみてわかります。一人一人の動きやタイミングひとつが得点にもつながり、失点にもつながること。今年は自分よりも戦術に対して熱心に取り組んでくれている分析班主体でチーム戦術の浸透を図っています。

ここから自分が本当に言いたいこと。
リーグ戦を闘う上で大切なことは何か。これには2つあると思います。
1つは、準備です。シュート練習1本を本気で取り組めているか。1対1の守備対応はもっと寄せられないか。ひとつひとつの練習が試合に表れると思います。
また、その試合に対して不安要素を少しでもなくす戦術を組めているか。相手チームとの相性と11人の個性はマッチするか。リーグ戦では毎週必ず問いていくべきです。
そして、もう1つは、気持ちだと思っています。気持ちという言い方をすると誰もがそんなの持っていると思うかもしれません。ここで言いたい気持ちとはチームを思う気持ちです。苦しい時間帯にチームを思ってどうプレーするか。当該者だけが考えればいいことではないと思います。例えば練習中に次のメニューの用意を誰よりも早く気づいて作るとか、チームの荷物管理を率先してやることだとかコレらも立派なチームを思う行動です。
試合の流れはほんの些細なことで変わります。その変わり目は自分らで変えるしかありません。どう変えるかは自分ら次第です。リーグ戦1試合の中で苦しい場面は幾度となく訪れます。その場面場面が個人として、そしてチームとしての成長の伸び代だと思っています。
練習でただ、何も思わず練習してるだけで、試合に出ていきなり何かを変えるなどほぼ不可能だと思います。

キャプテンとしての仕事は、その苦しい場面で、如何に、チームに追い風を与えれるきっかけを作るかが大切なのではないかと思っています。

自分に何ができるか?

どのようにして、好調を維持できるように支えていくかを常に考えて、キャプテンの使命を全うしたいです。

まだまだキャプテンとしては未熟です。

リーグ戦最終戦の時に、後悔しないで終われるよう今を大切に残りのサッカー人生を過ごしていきたいです。

さて、自己満ブログが終わりました。
八戸戦で負けて、書きたいことを永遠と書き綴った感じです。
来週からはきっと楽しいブログでしょう♪☆

次は、萩原先輩に頼みましょう
今日のブログとは180度ちがうものでしょう!
乞うご期待!!

「新しい時代」ってなんかカッコいい

更新が遅れてすみません。

もう令和ですね。明けましておめでとうございます(?)

「新しい時代」って、なんだか少しワクワクしませんか。

あ、ワクワクしない派の人は知りません。

ワクワクする派の僕は、これをきっかけにして、何かしら新しいことをやってみたいなぁと漠然と考えています。

時代が変わっても、自分の中で何かしようと思わなかったり、思っても何も動かなかったら、きっとこれまでと変わらない日々が続くんじゃないかと思います。なのでせっかくならこの漠然としたワクワクを大切に、何かやってみるのもちょっと楽しそうかなって感じです。

申し遅れました、文学部4年の鈴木港斗です。

いきなりクソほど偉そうなことを言ってごめんなさい。自己啓発とかそんなつもりじゃないです。「港斗、相変わらずやってんなぁ」とか思わないでください。許してください。

僕は最近就職活動のせいであまり部活に行けず、ストレスが溜まる日々が続いています。ありきたりな言い方にはなりますが、当たり前のように楽しくサッカーができることって、やっぱり本当に幸せなことだなぁとつくづく実感します。今ある環境に感謝を忘れないでいたいものです。

真面目な内容になってしまいました。ただ、今回はずっとそんな感じかもしれません。ご了承ください。

最初に活動報告です。

数日前から10連休のGWですね。我々は土曜日に確定新歓でBBQ、月曜日に練習試合がありました。

4/27(土)の確定新歓では、計22人(プレイヤー19人 マネージャー3人)の1年生が新しく入部してくれました!ありがとう!!!これから一緒に頑張っていきましょう。(確定新歓の自己紹介で嫌になった人とかいないよね…?)

そして新歓をしてくれた2年生、本当にお疲れ様でした。ありがとう!

次に練習試合の報告です。

4/29(月) vs山形大学医学部

30×2本, 40分×3本 @山形県内のグラウンド

(GWでレンタカーが取れなかったため、原付で県を超えた人も多いらしいです)

1本目 3-0  得点者:三輪(小山)、中村(関根)、中村(坂井)

2本目 0-0

3本目 1-1  得点者:長浜(坂井)

4本目 0-1

5本目 2-0  得点者:鈴木由斗、田中

リーグ戦前の最後の実践の場あり、結果と内容の両方にこだわった試合でした。もちろん良かった点と改善点は出ましたが、個人的には、リーグ戦に向け大きな修正が必要というわけではなさそうという印象でした。

ただ、人によって戦術理解度が異なることは大きな課題だと感じました。

特に今トップチームで出られていない人。

どうせ自分は出ないから戦術あんまりわかっていなくても、、、なんて思っていませんか?

今週末からついに公式戦が始まりますが、もしそんな気持ちでいるのなら今すぐに切り替えてください。

怪我をしたり風邪をひいたり、必修の講義で試合に行けなかったり、、、今のレギュラーメンバーが試合に出られないことなんていくらでもあります。

そんなとき、レギュラー以外に戦術を理解している選手がいない、なんてことになったら、首脳陣が頭を悩ませることは間違いないでしょう。

チーム全員で目指すべきサッカーが共有され、誰が出ても同じサッカーができるチームは間違いなく強いです。逆に、これができなければ我々の目標である「1部リーグ3位以上」は決して達成できないでしょう。

新入生も、入ったばかりで最初は慣れないかもしれません。ですが、「すぐにでも試合出てやる、活躍してやる」くらいのアツい気持ちをもって日々取り組み、先輩方に危機感を持たせてほしいなと思います。

チーム全員で頑張りましょうや。

活動報告は以上です。

最後はメッセージになってしまいましたね。すみません。

ここらへんで響くんがくれたお題に答えていこうと思います。忘れてませんよ。

・学生時代に力を入れたことは?(200字)

(ごめんなさい恥ずかしいので省略します…ほどほどに頑張ったつもりです…ラスト1年も頑張ります…)

・学友会蹴球部で実現したいことは?(200字)

「うちの部に入りたいから東北大に行きたい」と中高生に思ってもらえるような部になることです。入ってきてくれた新入生がそんなこと言ってくれたら、かなり嬉しくないですか?そのためには、我々の理念である「Enjoy Football」を体現することが必要だと考えます。どのチームよりも楽しそうにかつ全力でサッカーをすることで、松島や県Cで偶然うちの試合を見た中高生たちがワクワクして憧れるような、そんなチームになりたいです。(196文字)

こんな感じでいいですかね。なんだか無理やり200字に詰め込んだ感が否めないですが、まぁどんまいです。お許しください。

他にも色々書こうかと思ってたのですが、バイト先の牛タン屋が忙しすぎてしんどいのでまた今度にします、、、

最後になりますが、活動報告のところでも言ったように、今週末から遂にリーグ戦が開幕します。

これまであまり部活に参加できていない自分が言うのもなんですが、、、

めちゃくちゃ楽しみですね。

これまで2年間1部リーグを経験しましたが、強い相手と本気で戦う楽しさ、全力を尽くし勝つ喜びは、何にも代えがたい素晴らしい経験です。

今年の目標である「1部リーグ3位以上」は、うちの部にとって過去最高順位(のはず)です。

決して簡単ではないですが、だからこそ全力で、本気で、死に物狂いで戦いましょう。

そして勝って笑いましょう。

記念すべき令和1年目、結果残して東北を驚かせてやりましょう。

個人的な欲を言えば、さっき言ったことも実現できたら最高ですね。

以上です。最後は青臭いことばかり言ってしまいました。恥ずかしい。大目に見てください。こいつやってんなぁって思わないでください。

ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました。

次のブログからは3年生ですね。誰にするか迷いましたが、やはり主将の小山直人くんにお願いしようと思います。

チームへの想いを、僕以上にアツく語ってくれることでしょう。

では、さようなら。