東北大サッカー部の”フィジカル”班とは?

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

3月も終わろうとしているのに春の暖かさがやってくると思いきや、これ以上にないミゾレ交じる寒さがやってきた仙台のこの地で、本日も練習と試合を行なっておりました。

さて、東北大学学友会サッカー部の各班によるブログリレーはここまで主務班、審判班、用具班と来ました。

 主務班はとても真面目で本当に縁の下の力持ち的な存在、、、

 審判班は堅実で真面目だけどカッコいいかも、、、

 用具係は広見班長の独裁主義なのかなぁ、、、

ヒロミ班長

と、読んでくださった皆さんは色々思ったことでしょう。

本日はフィジカル班です!!

まず最初にフィジカル班と聞いて何を思い浮かべますか?

単に直訳すると「身体の」とか「肉体的の」などいくつか意味はありますね!

我々、東北大学学友サッカー部のフィジカル班は主に2つの意味を込めて作られました!

1つは「身体的な」という意味に近いもので、選手の身体のメンテナンスや強化をサポートするものです。サッカー人生における育成年代も終わり、大学でサッカーをやっていく上で、いかに怪我をしないかは大切です。それは入念なアップやダウンに限らず、食生活など日々の生活にも影響を受けます。

また、「肉体的な」という意味を込め筋トレのアドバイスなども行いました!

オフ期間前に筋トレのフォームや食事の栄養面などを各自調べ1枚のレジュメにし部内に共有しました。

筋トレは競技力の向上に不可欠なものですが我流のフォームを続けると十分な効果が得られないことや怪我の原因になることもあります。また、日々の食事はプレーに大きな影響を与えます。

1人暮しの部員が多く十分な食事を摂ることが難しい状況ですので優先して摂るべき栄養素などまとめで部内に伝えました。

そしてもう1つは緊急時の対応や怪我の正しい手当、対応方法を学ぶことです。

我々学友会サッカー部は、学生主体で日々の練習、試合を行なっているため、それまで必ずいた「指導者」がいません。つまりは、全て自分らの責任で行動しなければならないのです。いざ部員が怪我をした時、誰がどう処置を施すかによって今後のサッカー人生に大きな影響を与えうる場面に出くわすかもしれません。そんな時の為に、少なくともフィジカル班のメンバーだけでも脳震盪の対応であったり、流血してる時の対応を学んでおくことが大事だと思います。

先日、仙台市開催のスポーツ医学セミナーにフィジカル班で参加しました。内容は最先端の怪我のリハビリや怪我をしない為のアップやダウン方法など様々でした。これらは主にサッカーのお話であって、スポーツドクターの方やスポーツ整形外科の先生などから実践も交え教えていただきました。そのセミナー後から実際に練習の冒頭で、fifa推奨のアップメニューを取り入れはじめました。

今後の活動としては、月1のミーティングの際に接骨院の先生をお招きしチーム全員でメディカル講習を受ける予定です。怪我をした時のテーピングの巻き方であったり、正しい処置法を学べればと思っています。

我々、フィジカル班は他の班に比べ、なくても成り立つかもしれません。

また、誰かが資格を持っているとか知識が秀でている人などもいません。

だからこそ、全員が同じ立場として意見を言い合い、サッカー部がより良いものになるように貢献していけると思っています。

もし、新入生の中にプレーヤーとしてではなく、スタッフとして携わっていきたい等ございましたら気軽に練習、試合に来てください!

待ってま〜す


広見班長率いるホペイロ軍団(用具班)の班紹介!

こんにちは!
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
今日が3月28日なので入学式まであとちょうど一週間ですね。
だからきっと新入生の皆様は4月からの新生活に向けて準備を進めていて、その忙しさはピークに達しつつあるのではないでしょうか?
今回のブログはそんな皆様の準備の片手間に読んでいただいて少しでも魅力が伝わってくれれば幸いです。

さて申し遅れました、サッカー部の班紹介ブログリレー第3弾の今回は東北大学サッカー部のホペイロ軍団こと用具班です(勝手に命名しました)!現在用具班は古賀広見班長をはじめとした3名の少数精鋭で活動をしています。
ちなみにホペイロとは「プロサッカー選手の用具や身の回りのものを管理・ケア・準備する人、仕事のこと」のことです。(コトバンクより引用)
用具班の活動としては流石に本当のホペイロとは違って選手個人の用具は管理してはいませんが、サッカーボールをはじめとした用具の管理、またテーピング等の補充、買い出しがメインの仕事となっております。
またつい最近、新たに部室ができたのでその管理も仕事の一つです。
ここまで大まかに仕事内容について説明しましたが、用具の管理に関しては実際は一年生をはじめとする選手個人が部の荷物を管理する体制が敷かれているので仕事量はそんなに多くないなと感じています。
しかし今後は具体的な活動も増やして行ってゆくゆくは本当のホペイロ的な存在になれたらいいなと個人的には考えています。

ここら辺で用具班の活動内容の紹介は終わりにして用具班の魅力の紹介をしたいと思います。
魅力を紹介するにあたって最近の用具班の活動を紹介します。

・部室の在庫よりドクターバックにテーピングの補充
・ティッシュの買い出し
・部室に置いてあった氷嚢をドクターバックに移動

何かものすごく地味な活動ばかりですね。それは読んでいる皆様にも痛いほど伝わっているとは思いますが一番痛切に感じているのは我々用具班ではないかと思います。実際、広見班長からこのブログを書くことを任命(じゃんけん)されたとき、「書くことなんてねーよ!」と軽くひとりごちてしまうほどでした。
しかし考えてみるとそうではないなと思い当たる節がありました。
先日、練習試合がありS木Y斗君が敵と接触して足を痛めてしまいました。試合後にY斗君は部室からドクターバックに移した氷嚢を使って痛めた足の処置をしていました。用具班の活動が役に立ったと思い、その時恐らく用具班になって初めて用具班でよかったなと感じました。
つまりたしかに用具班の活動は地味なものではあるけれど決してそれは無駄なことではなくて、無くては困る活動でいわば縁の下の力持ち的なものであると思います。もしサッカー部を人間の体に例えるとしたら用具班は脾臓あたりでしょうか。

・・・あれ?途中までいい話でまとめてたつもりだったけど、最後の最後でなんか気持ち悪い感じになっちゃった。でもまぁブログの前半部分は真面目にかけていたので許してください。

これ以上ブログを書くとダラけてしまいそうなのでここで終わりにしたいと思います。
以上、東北大学サッカー部の脾臓ことホペイロ軍団こと用具班の班紹介でした!

“Football is the greatest sport on earth”

こんにちは!
仕事持ち制度の紹介第2弾です!今回は新入生のために東北大学蹴球部審判班をイントロデュースします!

我々審判班のメンバーは全員審判級3級以上を取得しており、担当業務はその名からも想像がつくように、インディペンスリーグというリーグ戦の審判担当を始めとし、宮城県サッカー協会からの審判依頼への協力、審判研修会への参加などです。

また、我々は東北地区大学サッカー連盟(通称TUFA)の審判部に属しています。このTUFA審判部という組織は学生により運営される組織で、審判活動などを通して東北地区の大学世代を中心としたサッカー界全体の発展に寄与することを目的として、様々な試合を用いての研修を行っています。大学や都道府県の垣根を超えて大きなネットワークを作ることもでき、他の学生審判員の頑張っている姿を見ることは自分のやる気にもつながります。最近では、3月中旬に静岡県まで行って宿泊での全国研修もありましたよ!

抽象的な紹介になっていますが、具体的なところに入っていきます。

2019年3月現在、班員は9名。プレイヤー兼審判班員は7名で審判専任は2名います。専任2名を中心に本チームの試合の審判の割当をしつつ、7名には主に人手不足の時に副審や第4の審判員、たまに主審をこなしてもらっています。
研修会などにおいては審判をする上で欠かせないルールの中でも、ファールの判定についてやオフサイドの曖昧になりがちな成立条件や再開位置など、実際にビデオを見ながら講義を聞いたりします。Jリーグで審判をしている1級審判員や国際審判員にお会いし、貴重なお話を聞くことができることも魅力的なところです!

この班の1番の魅力は、「サッカーを支えることを知る」ことができることではないでしょうか。サッカーの大会を成り立たせるためにはプレイヤーだけでは不十分です。試合のために各地域のサッカー協会や審判員、ゲームコミッショナー、スタジアム管理者など多くの人が動いて下さっているその現場を目の当たりにし、その一部となるのです。昨日のブログの学連担当も言っていましたが、「学生主体」のチームであるこの部では仕事持ち制度も含めて色々な役割を担う人がいて、その人々の繋がりが大事になっていると思います。きっとプレイヤーの中にも、1試合を成り立たせるだけでもこんなに大変なんだ、と気付いている人は多いことでしょう。審判は運営との携わりがとても強いため、プレーだけでなく審判・運営をすることで、サッカーをちょっと違う角度から楽しんでみたいという方!おススメです!

審判班員のブログのうち、審判班としての活動について触れてくれた2名のブログをご紹介させて下さい!これが審判班の生の声ですよ
佐々木 
溝口 (雑記 以降)

さて、ここからは、訊かれそうな質問を考えて自分でQ&Aします!

Q. サッカーのプレーをしたいのに審判の仕事ばかりにならない?
A. ご心配なく。審判の割当は基本的には専任の審判員がしています。審判班のメンバー全員を重要なサッカー部員として見ていますから、試合のメンバーとなるのならもちろんそちらを優先します。無理なく続けられます。

Q. 研修会とかは強制参加なの?
A. いいえ。強制参加の研修会はありません。ですが一度は参加してもらえると「こういうことやってるんだ」と知ることができて、審判的目線で試合を観たりできるようになって楽しいのではないかと思います!

Q. TUFA審判部では何をしているの?
A. TUFA審判部は発足して1年ほどの新しい組織です。サッカー競技の向上には、審判のレベルアップが欠かせないことから、審判をやる学生が集まり組織が生まれました。今年度から役職を決め、本格的に始動します。
主な活動としては、年に2回泊まりでの研修会とインディペンデンスリーグの主審割当などがあります。他にも、大学生や社会人の東北大会への審判派遣があります。

Q. 高校までプレイヤーでしたが、大学から審判を始めるのでも大丈夫?
A. 本部活では専任審判員も随時募集していますので大歓迎です。本班の専任審判は2名とも審判としての活動を始めたのは大学に入ってからです。質問とかあれば部活に見学に来て訊いてくれても良いですし、こちらから質問してくれても大丈夫です!班員が丁寧にお答えします!

もう質問が思いつきません。そろそろ今回のブログは終わります。

宮城県では女性審判員も活発に活動してます!東北大学には女子のサッカー部・サッカーサークルは無いですが、サッカーに携わりたい女子!審判員とマネージャー、分析担当などなら本部活は大歓迎です!是非足を運んでね!

•最後に
大学に入ったなら、なにか本気で熱中できるものを持つべきです。中途半端な大学生活を送ると何事にも自信がなくなります。

私たちと、本気のサッカーしませんか?

以上です。

タイトルはLaws of the Games (page 11)より引用

サッカー部の班紹介、は~じまるよ~~

皆さんこんにちは!

現在、新四年生による珍しくファボを稼いでるブログが続いている最中(宗村さんのはこれから伸びる..。はず。)ですが、そこに割り込んで、これから7回にわたって、ブログを書かせていただきます。

私たち東北大学学友会サッカー部では今年の代から、新しい取り組みとして、部員全員の仕事持ち制度を始めました。

その意図としては、各部員が仕事を持ち、自分に与えられた仕事をこなすことで、部員全員にチームへの帰属意識を持たせる。それがチームの一体感にもつながる。です。

今年から始めた取り組みなので、これといった形なども決まっていませんし、これからどうなっていくかも、実際にやってみないとわからないという部分もあります。だからこそ、面白いと思います。

晴れて東北大学にご入学された皆さん。合格おめでとうございます!!激しい受験戦争も終わり、束の間の休息が与えられ、彼女と旅行に行くこともなく、家でゴロゴロしながらこのブログを読んでいるあなた。今日から始まるブログを読んで、東北大学のサッカー部って、こんなこともしてるんだってことを知っていただければな。と願いをこめて書いていきます。

先週から新1年生も練習に参加してくれました。皆さんの参加をお待ちしております!!迷ってる方、まずは川内グラウンドに行ってみよう!!

それでは、班紹介に移っていきます。

栄えある班紹介、第一弾に選ばれたのは、主務班です!!

主務班は、会計担当・学連担当・大学担当の3つに分かれてそれぞれ活動しています。主務は、ほかの班と違って、希望して入るわけではなく、毎年その年の主務だった人から指名されて選出されます。選ばれた人は、仕事の内容によって、補佐をつけ、仕事を行っていきます。それでは、それぞれ担当しているものから、自分の仕事の紹介をしていただきましょう。

会計:私たちは、会計の仕事をしています。主な仕事としては部のお金の管理に限らず、OB会報の発行補助、定期戦の運営、他県開催試合や遠征の際の移動手段の確保など、多岐にわたります。多方面からの支援やサポートを受けながら、一人一人が責任をもって業務にあたっています。

学連:私たち学連担当は、リーグ戦を円滑に進めるための仕事をしております。具体的には、選手登録や公式戦へのエントリー、リーグ戦の日程調整、各試合結果の集計、他大学や東北地区サッカー連盟と連絡を取り合っています。重要な役割ですが、こういった貴重な経験ができるのも『学生主体』を掲げている東北大学学友会蹴球部ならではと思っております。各々が責任を持ち、協力しながら真面目に務めていきます。

大学:大学担当は、大学内での仕事を行っています。具体的に言うと、グラウンド会議・代表委員会・CAP会議への出席などといった、他の部活動の方とのやり取り。学生支援課や、部長先生とのやり取りなどを行っています。責任をもって務めていきます。(このブログは本来昨日あげなければいけないのに、すっかり忘れてしまうくらい、あんぽんたんなことは内緒。)

以上で、主務の仕事紹介を終わりにしたいと思います。

皆さんこう思いましたよね?

つまんねーーー。はい。つまんないですよね。

でも、主務の仕事紹介ってそうなっちゃうんで、許してください。

次回からは、めちゃくちゃ魅力的な記事をめちゃくちゃ魅力的な班員が書いているので、‟放課後音楽室に来て!”と、あまり好みではない女の子に言われた時くらい期待しながら待っていてください!!(このボケでファボ15はいったな)

それでは失礼いたします。

※ブログでの私はイメージです。実物と異なる場合があります。

こんにちは!越後が生んだ元気印!愛嬌たっぷり!学友会蹴球部の太陽こと、宗村光太郎(むねむらこうたろう)と申します!所属は法学部で、4月から4年生になります!出身は新潟県立新潟高等学校でポジションはDF、好きなアイドルは欅坂46の尾関梨香さんです!

まずは今週の試合結果からお知らせします!

@vsトンペークラブ

1本目 2-0  得点者:長浜、佐々木道×2、坂井×2

2本目 3-2

@vs 弘前大学医学部サッカー部(30分×4本)

1本目 3-0  得点者:向川、坂井(渡邉)、関根(坂井)

2本目 2-0  得点者:鈴木由斗、関根(羽成)

3本目 2-0  得点者:長浜(高木)、鈴木由斗(佐々木) 4本目 3-0  得点者:佐々木、田中(佐々木)、梅田

全ての試合で勝利できました!正直最近の練習、試合には参加できていないので内容について詳しくは分かりませんが、球際、DFライン、判断スピードがテーマだったようです。

もうしばらくすると1部リーグ、Iリーグがスタートします。この良い流れを断ち切らぬようしっかりと準備をして、去年より一つでも多くの勝ち点を重ねましょう!

ここからは余談です。

先週のブログ担当だった天才ピアニストの三輪君より宿題が出ていたのでそれについて答えたいと思います。

「最近挨拶ができるようになったって本当?」

やだなー。「気さく」という言葉が服を着て歩いているような僕に言うことじゃないですね・・・。でも最近就職活動を通じて以前より明るい人間になった気がします。毎日自分は陽キャだと言い聞かせているからでしょうか。初対面の人でも目を見て笑顔で「こんにちは!」と言えば自分も相手もいい気持ちになります!新入生の皆さんは慣れないことばかりで不安だと思いますが、勇気を出してすれ違った人に挨拶をしてみましょう!きっと素晴らしい大学生活のスタートダッシュを決められるはずです!

「学部に友達いなくても大学生活ってやっていけるの?」

誤解を生むような質問ですね。僕の友達は少数精鋭なだけでちゃんといます!

たまたま友達といるところを3年間見られていないだけで、ちゃんといるんです!

これを読んでくれている新入生はきっとたくさんの友達に囲まれた大学生活を送るのだと思いますが、もしできなくても大丈夫。いつか必ずあなたの居場所は見つかります。それでもできなかったら僕と友達になればいいんです!心配すんな!

「新入生にむけてのメッセージ」

ここからは少しまじめな話です。

大学のサッカー部と聞くと皆さんはどのような印象を持ちますか?

「大学までやるくらいだからみんな上手いんだろうな」「先輩が怖そう」

「きつそう」「部活以外にやりたいことができない」等々、色々な声が聞こえてきそうですね。確かに大学生という人生の夏休みでさえサッカーをしに集まっている人たちばかりなので、サッカーに対する想いは人一倍熱いです。監督もコーチもいないので戦術は自分たちで決めますし、スタメンももちろんそうです。先輩後輩問わず意見をぶつけ合って切磋琢磨する環境がこの部にはあります。あと個人的には一生涯付き合うことになるであろう仲間に出会うこともできると感じています。僕はこの3年間で本気で部活を辞めようと思ったことが3回ほどありましたが、いつもサッカー部の少数精鋭の仲間たちの存在に救われてきました。もしなんとなくの友達関係よりも、僕みたいな少数精鋭の仲間がほしい、そう感じたならぜひ川内グラウンドに来てください。いつでも大歓迎です!

なんとなくまとまりのない文章になってしまいましたがこの辺で終わりたいと思います。読んでくださってありがとうございました!

次回は、去年のキャプテン鈴木港斗君にお願いしようと思いましたが、なんとなく違う気がしたのでやっぱりやめて、なぜか就活中、女の子にモテまくっていると噂の恋愛マスター菅野隼也大先生にお願いしたいと思います。菅野よろしく~。