ヘンダーソン、真冬で一人だけ半袖きて鳥肌たててるのみて好きになった

どーも、経済学部3菅野隼也です。前回のブログでちゅうがお猿ネタについて触れていましたが、自分からはあまり公表したくないことがバレてしまったって感じです。飲み会でなら話すかもしれません。

さて、今週の試合結果お知らせします。

東北1リーグ3節 vs仙台大 0-3

Iリーグ3     vs仙台大A2  0-2

練習試合(30分1本) vs仙台大 0-5

1リーグから振り返ると前半立ち上がり102失点その相手ほぼボール支配攻めるがなんとか耐え奪ってからのカウンターなどでいくつかチャンスつくる決められずおわった試合でした。

守備に関しては一人一人しっかり戦い粘り強く守れていただけに前半の2失点悔やまれる内容でした。前線、中盤相手への寄せもっと厳しくいくことや立ち上がりの入り方など修正できる見直し次につなげたいです。

攻撃関しては奪ってから1パスよいカウンターにつなげられたシーン今季リーグでは一番多くみられたかと思います。ただ、シュート打ちきまでいったシーンはまだまだ少ないので増やしていくことが今後の課題です。

Iリーグ今節から1年生多く出場してよいプレーみせてくれました。全体としては集中力切らさずしっかり戦えていました。相手の先制点流石仙台大いった感じのミドルシュートでしたね。出足よいインターセプトゴールしっかりはねかえすなどよいプレーこれからも続けてほしいです。

課題としてはラインコントロール奪ったボールを丁寧に繋ぐことがあげられるかと思いました。特に奪ったボール繋ぐこと関しては簡単に失いすぎだと思われるシーンたくさんあったのでビデオ見返してほしいです。ボールを繋げれば攻撃のチャンス増えるし守備負担を減らすこともできます。ボールを繋ぐにはボールホルダーだけじゃなく、周りのフォローも重要になるので、全体の意識をかえていきましょう。

練習試合関しては1年生多く戦術理解足りないこともあり厳しいゲームなってしまいました。戦術徐々に慣れてくると思うので試合しながら学んでいきましょう。ところどころで良いプレーがあったのでこれからに期待です。

ここまでが試合の報告です。来週はリーグ戦、Iリーグはお休みで、東北地区大会が行われます。今年は宮城県開催で、東北大が主催です。審判講習には、西村雄一レフリーもくるそうなので、いろいろと楽しみです。良い結果が報告できるよう頑張りたいです。

さて、今週はCL決勝戦行われたのでそれについても少し書いときたいな思います。

サッカー部ならみんな知っていると思っていたのですが、以前斐人君が決勝の対戦カードを知らなかったことには驚かされました。

そのため一応確認しとくと、決勝はレアルマドリード vsリヴァプールの試合でした。結果はレアルが勝ちCL三連覇を達成しました。

試合内容、解説はプロの方がわかりやすくやってくれると思うので、書きません。そのため僕なりに思ったことを書きたいと思います。

試合をみてて一番印象に残ったのは、クロースモドリッチいつも通りプレーしていたことです。リヴァプールはプレスの速さ、上手さが世界トップのクラブです。そのリヴァプールを相手にあの大舞台でいつも通りにプレスをかわすあの二人は世界のトップクラスだと改めて思いしらされました。この人らはどうしてこんな大舞台で力を発揮できるのかと考えると、技術面だけじゃなく、メンタルがとても重要なのではないかと思いました。

近年サッカー界では、徐々にメンタル面の重要性が認知されるようになってきたそうです。フィジカル面のように科学的アプローチをとって数値化しにくいメンタル面ですが、だんだんと数値化できるようになり、メンタルコーチを雇うクラブも増えてきているそうです。

メンタルの研究を通してわかってきたことは、ポジティブなイメージをつくることで自然と良いプレーにつながるということです。

例えば、シュートを打つ際に、「絶対に外してはいけない」というネガティブなイメージをつくるのではなく、ゴールを決めるイメージをつくることで決定率がかわってくるとのことです。

今回の決勝では、普段通りのプレーをしたクロース、モドリッチや大活躍したベイルと、ミスを連発してしまったカリウスとではメンタル面に大きな差があったのではないかと個人的には思います。

ポジティブなイメージによって僕らの決定力不足が解決したらいいなと思って書きました。これから頑張りましょう。

このへんで今回のブログを終えたいと思います。

次回は、授業がわかんなすぎて卒業できないかも的なことを言っていた朋仁君ではなく、ウイイレでトリノからアーセナルを使うようになり無双している三輪泰斗君にお願いしたいと思います。よろしく😃✌

サッカーってコミュニケーションだよね

お久しぶりです中村颯汰が合コンをドタキャンした場合行かなければいかない可 能性が出てきた中村健太郎です。サッカー関連で話をしていこうと思います。

まず今週のサッカー部の結果から報告を

土曜日 学生リーグvs八戸学院  1ー1△    得点者  舘野

Iリーグ vs八戸学院B 0ー1  ×                     得点者(中村航太)

日曜日 vs仙台高専 1-0,2-1,2-0                         得点者 1本目 佐藤、2本目 長浜、小渕、三本目 佐々木道、向川

学生リーグでは、今シーズン初の勝ち点と得点を取ることができました。みなさん、シュートを打たれる際に、最後の一歩をしっかり伸ばしきって、ブロックすることができていたので、この結果につながったのだと思います。これから、どんどん勝ち点積み重ねていきましょう。

Iリーグでは、前節仙台大学B1相手に0-8という大差で敗れてしまいました。今回は、前節に比べ、個人の能力が、少し落ちたことも幸いして、0-0のまま、しっかり体を張って、みんなでサッカーができていました。次節は、仙台大学A2なので、今から難点取られるか不安でしょうがないです。チームで、守備を頑張っていきましょう。

日曜日、仙台高専名取キャンパスで、毎年恒例の1年生主体の試合をしました。上手い人も何人かいて、圧倒していました。いつも、弱気な感じではないのに、失点のせいで、しょぼくれている選手がいたり、きれいな飛び出しから、ループできれいにポストをかすめ、ベンチの話題をかっさらった選手もいたりととても面白かったです。今週からは、何人かは、Iリーグに出ると思うので、頑張りましょう。

さて、この度、広島出身の1年生が入ってきて、広島県勢の発言力が増しました。自分は、サンフレッチェ広島が好きなのですが、彼はどうでしょう?聞いてみてください。今シーズンサンフレはなぜか1位を走ってるんですよねー(^^)去年降格争いしてたのに(笑)サンフレが連覇したあたりから3バックを採用するチームが、Jリーグでも増えてきました。しかし、今シーズンのサンフレは、4バックを採用していて、上手くはまっています。実際、3バックと4バックでは、必然的にミスマッチが生まれるんですよね。今シーズンサンフレが敗北しているのは、すべて、相手チームがスタートポジションとして、4バックを採用しているときなんです。

3バック相手だと、こちらのSBが攻撃時にあまり上がらないと、ボールを奪われて、守備をする際に、しっかり人数が残っているので、ピンチになりにくい点。また、DF陣がゴール前で、体を張って守備をしている点。パトリック、ティーラシンが、前線で、しっかりボールを納めることができる点が今シーズンの好調の要因だと思います。どうにか1年間が終わって、1桁順位で終わってほしいですね。

西野明監督になり、サプライズ選出で、青山選手が選出されました。しかし、ハリルホジッチ前代表監督が、やっとの思いで、中島翔也を選出しました。これで、サイドのスペシャリストの、乾と中島がW杯で、サイドを切り裂くプレーが見れると思っていました。しかし、西野さんは、中島をポリバレントな選手ではないと、不選出としました。W杯で、勝ってほしい反面とても負けてほしいという自分がいます。4年に1度のお祭りなので、できることなら、日本代表の活躍を見たいのですが・・・・・ニュースに代表戦しか見ないようなミーハー馬鹿が映らない点は、とても喜ばしいです。

まだまだ書き足りないですが,収拾が付かなくなるほど、ヘイトしそうなので、ここら辺で終わらせたいと思います。次回は、日本酒について、よくわからないウンチクを語り出す鈴木朋仁君に任せようと思いましたが、サッカー部の公式プロフィールで、身長詐欺を行っていて、今回の3年会で、実はお猿さんであったことがばれた菅野隼也君にお任せしたいと思います。

 


 

月って美しいですよね

みなさんこんにちはこんばんは、そうたんこと中村颯汰です。見ての通り悲しいことがありました(´・ω・`)

学生リーグ第1節vs 東北学院 0ー6 ●
i リーグ第1節 vs 仙台大学FC 0ー8 ●
でも大丈夫。まだ1試合しか消化していないってことは、残り13試合?も取り返すチャンスがあるってことだからー。
(間奏♪)
みんなー、そうたの応援k…
ここらへんで止めておきます。これがなんのオマージュか解った人は声かけてください。ナニかあるかもしれません。
今週は土曜日、日曜日ともに散々でした。
土曜日。応援しに来て下さったOB、帯同してくれた部員には不甲斐ない姿を見せることになって申し訳なくおもいます。粋がるなとツッコミが入りそうですが、試合に出たのでそのくらいの責任は下さい。
日曜日。ビデオ係でしたが、試合と不意に来る揺れが気になり悲惨な出来となっている可能性があります、すみませんでした。
謝罪を終えたところで、書きたいことを少しだけ書こうと思います。
東北学院戦、僕は途中交代でピッチから出ることになりました。もともと守備は得意ではないので、僕の評価してもらっていたところは攻め上がる能力だったと思います。それなのに0ー4で負けていて、点をとることしか収穫を獲られないような状況で替えられてしまい悔しいし惨めだし、とにかくダサかったです。まだリーグ戦は始まったばかりなので、勝ちに貢献するプレーヤーになれるよう精進します。まあ、まずは試合に出られなければなりませんね。(テヘペロ
1年生はまだ登録が済んでいないということで、まだ試合に出られませんね。試合やビデオをみて、俺の方がデキルわって思っている人もいるはずです。この土日の結果を見ればわかるように、すぐにチャンスはまわって来ると思うので慢心せずに気合い入れて行きましょう‼️
言うまでもないですが、2年生以上も試合で勝てるよう気張っていきましょう♪
あと少しだけお付き合いください。皆さんは、明け方近くに寝返りうちながら何度も眠ろうとしても眠れないという経験をしたことがありますか?私は春休みに1週間ほど苦しめられました。原因は心音の増幅だったのですが、そもそもなんで心音という些細であるはずのものが気になってしまたのか(・_・?)おそらく将来を悲観し過ぎたことです。色々考えていくうちに負のスパイラルから抜け出せなくなっていました。寝る前に人生を考えたくなることがあるかもしれませんが、僕みたいにならないように暗いことを考えない方がいいと思います。
未来の自分を想像したときに、誰もいない借り家に1人帰る画が見えてしまいました。もしかしたら人間との相性が悪いだけかもしれないので獣をパートナーにしようと思いました。そして未来の相棒を探しに猫カフェに行ったら、目が充血し涙が止まらなくなりました。人間とも猫とも縁がないようです。まだまだパートナーを探しているので、おすすめの種族または個体がいましたら紹介して下さい(ФωФ)
最近良くない出来事が多めなので、帳尻あわせのラッキーイベントを楽しみに頑張って生きていこうと思います☆
次回のブログは朋仁くんに任せようと思っていたのですが、僕が書かないと宣言した不眠症と猫アレルギーの話をしてしまい、disられるのが恐ろしいので、僕が合コンをチキッてキャンセルする場合に代役を勤めてもらう予定のちゅーそんこと中村健太郎君にお願いしたいと思います。
アウべスに
合うベスト
ばいばいっ

小木のカリスマ性はマイケルジャクソンのそれと同レベ

こんにちは、経済学部3年の坂元智行です。

皆さん、GWはいかがお過ごしでしたか。
僕のGWで特筆すべき出来事はというと、記憶と天才的な野球の才能を失いながらもパワフル第二高校を甲子園に連れてっていちごちゃんと結ばれた(⚠︎ゲームの話です)ということぐらいしかありません。なので早速、今週の試合結果を先に報告したいと思います。

5/4 vs東北福祉大学

1本目 1-0 得点者:鈴木港
2本目 0-0
3本目 3-1 得点者:田端×2 豊田

5/6 vs富士大学

1本目 0-1
2本目 0-2
3本目 1-1 得点者:坂井
4本目 0-3

福祉大との試合は怪我で外から観戦してましたが、ボールを支配しながらも点が入らず、逆にカウンターで危ない場面を作られていた印象を受けました。

富士大との試合は、高い位置ではめることがなかなかできませんでしたが、1、2点は決めるチャンスがあったと思います。個人的にも決定機を外してしまったので猛省です。

今週からリーグ戦が始まりますが、去年の様に一戦一戦を全力で、チーム一丸となって戦いたいと思います。とりあえず、初戦の学院戦に集中して絶対に勝ちましょう!

さて今回のブログ、何を話題にしようか迷いましたが、これが僕の書く最後のブログになるっぽいので、普段は共感を得られないためあまり話すことのない、僕の大好きな芸人、おぎやはぎの魅力について書こうと思います。

1.コンビ仲が良すぎる
矢作は酔うと小木の面白さをしつこく語り始める、小木をカッコよく撮るために一眼レフを買う、プライベートのハワイ旅行で一緒に遊ぶなどといった仲良しエピソードがたくさんあります。また、仲の良さは漫才にも反映されていて、お互いを褒め合うという、誰も傷つけないお笑いは最高に和みます。

2.超有能だが、ツンデレな矢作兼
英語ができると嘘をついて貿易会社に就職するが、英語力のなさを得意のコミュ力でカバーし営業成績は常にトップ。「人力舎の流行は矢作で始まり児島で終わる」と言われるほど、ファションセンスが良い。このように本来はなんでもできる矢作ですが、そこを気づかれないように普段はダメ人間を装っているところがとてもかっこよく感じます。また、ラジオのリスナーに暴言を吐きながらも、結婚発表など大切なことは真っ先にラジオで言ってくれるツンデレの兼ちゃんは非常に愛おしいです。

3.カリスマ性だけの男、小木博明
矢作と比べるとスペックは低いはずなのに、なんかすごいと思わせる力があります。なにがすごいのかと聞かれると正直よくわかりませんが、とにかくなんかすごいです。カリスマ性があります。特に、小木の話すエピソードは凡人にはあり得ない話で、小木のカリスマ性をさらにあげています。僕が特に好きなエピソードを以下に挙げたいと思います。
500以上の映画を観てきた小木だが、内容を覚えている映画はロッキーのみである。5歳の時、大きな雷が落ちた瞬間に怒りの感情を捨てた。高校のサッカー部では、小木専属のマネージャーがいた。そもそも「おぎ」ではなく、本名は「こぎ」だった。
ラジオなどを聴いていると、小木は矢作を喜ばせたくてなって話を盛る癖があるので、この話も本当かどうか怪しいですが、あの小木ならあり得るかもと思ってしまいます。

長くなりすぎたので、ここら辺で終わりにしたいと思います。少しでもおぎやはぎに興味が湧いた人がいたらまずは、メガネびいきというラジオ番組を聴いてみて下さい。非常に面白いです。

次のブログは、21歳になる鈴木朋仁くんにしようと思いましたがダメみたいなので、無難に中村颯汰君にお願いしようと思います。