Hello World, Hello Game.

こんにちは。
法学部3年、佐久間遼です。
本日のブログの内容は、最近の活動レポートと、アメリカ体験記、恒例の私のおすすめの三本立てでお送りします。

まずは、活動レポートから参りましょう。
2月24日 対仙台大 40分×4本 0-3, 0-2, 1-3, 0-1 得点者 羽成 …結果が定かではないのでご了承を。
2月26日 対富士大 40分×6本 0-0, 0-1, 0-2, 0-1, 2-1, 0-1 得点者 三橋 羽成

内容については、ビデオを確認して各自反省をしましょう。この二試合は、ディフェンスでの取りどころの徹底を目標としていました。私の個人的な意見ですが、できている場面とできていない場面が半分半分くらいかと思います。特に後ろからの声掛けのタイミングの遅れ、選手の判断のスピードが遅いなどが原因と思われて、狙った形にならない場面がありました。コミュニケーションなくしてサッカーはできません。昨年に比べて試合が静かだと感じます。特にシーズン前で多くの時間をとれるいい機会です。どうしてほしいのか、こういう意図があってそのボールを出したんだが、どうしてうまくいかないのかなどなど、話すべき内容はいくらでもあります。声掛けがたくさんできるチームを目指していきましょう。
また、個人的なことですが、今シーズンより今までよりも明確な目標をもってプレーヤーとしてもレフリーとしても、ゲームに臨もうと心がけています。福島大では120分動けるかどうか(結果100分過ぎでアウト)、仙台大ではオーバーラップより得点に絡む(アシストを記録)、富士大では120分間チャレンジ+シュート二本(120分なんとか持った?!、シュートは二度形を作るも打つことはできなかった)というように5W1Hが明確になるような目標を立てるようにしました。括弧書きで結果を書いてみましたが、達成しようとする意識が実際のプレー、ジャッジに如実に表れます。これから春合宿も控えています。試合前の準備においてイメージをより具体的にしてみることも有効ではないでしょうか。
 活動レポートの最後は少し健康面について触れたいと思います。怪我、病気多くありませんか???
話を聞くところによると、インフルエンザ、ノロウイルスの感染症類、靱帯損傷、筋挫傷、肉離れ、そして今日も捻挫をした選手が出ました。去年もこの時期に戦列を離れた選手がたくさんいました。その中の一人で一番回復に時間がかかったのが何を言おう、この私です。3年以上前の捻挫の後遺症がとうとう爆発し、4月を最後に戦列を離れ、8月に手術し、手術前の状態に戻ったのは去年の暮れごろのことでした。まだサッカーに全力で挑戦したいと思い、迷わず4年目の活動をすることを決めて今ここにいます。悔しさは言葉に表せません。
こんな経験は、他の部員の誰一人にもしてほしくありません。最後まで部員全員で切磋琢磨したいというのが私の素直な気持ちです。そのために、アップで汗かけてますか?走り方・キックのフォームは?アフターケアは?栄養は?睡眠は?これは私が怪我をした後、心のどこかに常に置いている個人的なことです。チームはどうでしょう。シュート練習するのにボールがあったらどうなりますか?アップに真面目に取り組まない選手に声をかけられていますか?避けられない接触によるけがは確かにあるのかもしれません。しかし、身体を資本にしている以上、怪我をしないことのために全力を尽くす必要があります。残念ながら、私は全力でできていなかったからけがをしたと猛省をしています。横浜F・マリノスの中澤選手はアップ、ダウンに誰よりも時間をかけるそうです。2時間以上も前に練習場につき、午前の練習が終わってから帰るのは3時を過ぎることもあると聞きました。その努力の結果は言うまでもありません。怪我をした選手、連戦で疲労のたまっている選手、どうか私と同じようにならないでほしい。少し見直してみませんか。

さて、残りの二つに参りましょう。
既に長いよとお思いの方、ここまでの記事を読んでいただければ、今回のブログで私が書きたかったことの9割5分は終わっていますので閉じるボタンをクリックしてください。
2月の前半、海外の大学院を見学し、企業を訪問し、自分を変えるきっかけを作ってくれた偉大なホストファミリーに会うべく、アメリカ合衆国、ニューヨーク州とウィスコンシン州に一人で行ってきました。10日間の出来事すべてを語ると長くなるので、簡単に。
まずメインになる、大学院見学ですが、これはすごいとしか言えません。中でも、ウィスコンシン大学マディソン校は40以上の図書館をキャンパス内に持ち、一部は24時間開館しています。その規模もテスト期間中だと席探しに苦労する本学の図書館とは比べ物になりませんでした。調べたところによると、東京大学は全キャンパスに32の図書館施設が、本学は19の施設があるそうです。アメリカは大学もでかいんですね。
また、練習に帰って四年生のOBの方に「佐久間、丸くなったな」と言われた原因に関しては以下をご覧ください。これ以上の説明はありません。

うまかったー。
これ以外にもたくさんの経験をしてきました。個人的には英語がもう一度ちゃんと喋れるようになったことが、とてもうれしかったです。まだまだネタは尽きないので、合宿にでも取っておきましょう。

最後になりましたが、レンタル店店員のおすすめ。
今回は、私が高校時代、留学に行くときの飛行機で3回泣き、今回の帰りの飛行機で4回泣いた、私のナンバーワン映画をご紹介します。
『42 ~世界を変えた男~(原題:42)』
メジャーリーグを含むすべてのアメリカ、カナダの野球チームで永久欠番になった番号、「42」。この番号を背負って初めて近代メジャーリーグの舞台に立ったアフリカ系アメリカ人、ジャッキー・ロビンソンのメジャーデビューまでの道のりを描くスポーツドラマ。戦後すぐ、公民権運動よりも前のアメリカの有色人種に対する差別は、自由の国としては考えられないほど凄惨なものであった。そこに現れた英雄はなぜメジャーでプレーすることになったのか。彼自身の葛藤と、周囲の人の愛と尊敬に涙せずにはいられない一本。
ブルックリン・ドジャース(現LAドジャース)GM・ブランチ・リッキー役のハリソン・フォードが味のある演技をしています。

最後までお読みいただいた方、誠にありがとうございます。
ブログ書くのを大変楽しみにしているので、毎回とても長くなってしまいます。本当はカーリング女子チームの銅メダルや大杉漣さんのこと、開幕したJリーグなど書きたいことはたくさんあったのですが、このあたりにしておきます。
次回があるのであれば、ホットな話題を取り上げたいものです。

次のブログは、扇君にお任せしようと思います。
追伸
受験生の皆さん、試験お疲れさまでした。
きっと次回の扇君よりあたたかなアドバイスを頂戴できると思います。

小技を利かす駒形さん

こんばんは。工学部電気情報物理工学科3年三橋です。

まずは、今週行われた試合結果を報告したいと思います。

2/19(月) vs福島大学@川内グラウンド

1本目 0-2

2本目 1-1(羽成:2週連続ゴール、素晴らしい!!)

3本目 0-0

4本目 0-2

先週の東北学院戦に続く1部のチームとの試合でした。4本とも勝つことができなかったのは悔やまれます。2本目は終了間際の失点だっただけに、最後まで集中を切らさずにプレーしたいですね。先週は前からプレスをかけてボールを奪う、今週はブロックを敷いて守る方針でした。シーズン前なのでどの守備方法が良いのかチーム全員で考えていきましょう。今回出た課題を次回以降の仙台大、富士大戦にいかしましょう。

さて、今回は駒形さんからブログネタを頂いたのでそれに沿っていきたいと思います。(前回もやった気がする…)

①三橋、お酒との闘い

先々週の金曜日、早坂、櫻田、駒形、三橋の4人で飲みに行くことになりました。このメンバーで飲みに行くのは初めてだったのですがお互いに近況報告をしあいながら飲んでいました。一次会終了後、二次会は僕のバイト先に行こうという話になり298(にくやって読みます。焼肉屋です)に行きました。一次会の段階で飲みすぎている感はあったのですが、バイト先ということもあり、社員さんが色々サービスしてくれるものでついついお酒が進んでしまいました。普通のハイボールを頼んだつもりが通常サイズの3倍、メニューに載ってないテキーラが持ってこられたりと傍から見たらラッキーな飲み会だったと思います。テキーラは初めて飲んだのですがこれを飲み切ったのが良くなかったのか、会計後の記憶が飛んでしまいました。気づいたら外に出ていたのですが一人で帰れる状態ではなく、駒形さんに家まで送ってもらう始末でした。駒形さんはそのあと歩いて帰ったとのことだったので今度ご飯でもおごろうかと思います。

20歳を超えた人は部の飲み会でもお酒を口にすることがあると思うので十分気を付けてください。自分の限界を把握しておくことが大事ですね。

②三橋、お休み期間の過ごし方

これに関しては長期休みが来るたびに感じるのですが、本当にすることがない!!

今年は、夏には院試も控えていることもありTOEICのために単語帳を読んだり図書館から借りてきた本で勉強中です。とりあえず大学受験の頃の英語力まで戻したい。僕は去年まで部活とバイトで長期休みを終えていたので1、2年生はそうならないように友達と旅行に行ったりするのもいいかもしれませんね。

③三橋、うちこんでいるものがある?

うちこんでいるものは強いてあげるなら料理ですね。3年連続3食ミーラーなので自炊スキルは皆無です。長期休みはスーパーに行ってはCookDoコーナーに足を運び、今日の晩御飯を選びます。具材をカットするだけでまともな晩御飯になるのはありがたいですね。味の素に感謝です。最近は作ったことのないCookDo商品がなくなってきたので、誰でも簡単に作れる料理があるよ!っていう人はぜひ教えて下さい。

長くなったのでこの辺で終わりにしたいと思います(+αは無理だった。ごめん…)。駒形さんの小技が何なのかわからない、気になるという人は次の練習時にでも彼に聞いてみてください。

次回はアメリカ帰りで時差ボケと戦っていた佐久間にお願いしたいと思います。

美しいのはポジションじゃない

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
文学部3年の駒形舜です。
春休みですね。でも寒すぎてまるで冬休みですね。はっはっは。雪嫌い。

文学部らしい美しい前置きはここまでにしておいて、
今週行われた試合結果についてお伝えします。
2月9日(金曜日) VS東北学院大学 @川内
40分×4本(得点者)
1-3(羽成)
1-3(坂元)
0-3
1-0(田端)

2018年最初の練習試合となりましたが、ご覧の通りスコア的にも完敗でしたね。
僕はこの日用事があって参加できなかったのですが、ビデオを見た限り課題はたくさんあるかな、と思いました。
普段とは違うポジションだから、とか久しぶりの試合だから、とか言いたいことはあると思いますが、課題には真摯に向き合わなければいけませんね。
さっそく次の練習では試合で出た課題を克服しようというメニューが組まれていたのでみんなで頑張りましょう。

また、せっかくビデオを撮ってくれているのでみんなでいいプレーのイメージの共有もできるといいですよね。
例えば1本目の3つめのビデオの2分30秒ごろのあやとのスペースへの飛び出しとか練習した通りだと思いますし、
4本目の24分ごろのカウンターっぽいのとかもおぉ!ってなりますし。

特に上級生は授業も少なくて時間はあると思うのでみんなで観ましょう。(はやくも7セメ突入が決定した経済学部生がいるとかスペイン語が危ない経済学部生がいるとかいう噂もありますが…)

最近3年生は就活(主に文系数名)や再試(主に元主将1名)、渡米(主にニキ1名)などで練習や試合に出れなくてチームに迷惑をかけてしまっていて申し訳ないなぁと思っております。
そういう自分もやはり就活で参加率が低下していて悲しいのですが、いま思うのは「自分サッカー好きだなぁ」ということですね。

家にいるときは大体DAZNで試合観てるし(スポナビに勝った(‘ω’))、
スマホで唯一やってるゲームもサッカーのですし(ケヤキセはやってません)、
一番好きなマンガもサッカーマンガですし(ジャイキリです)、
大学4年生になる、というこの時期にこんなにサッカーに囲まれているなんて想像もしていませんでした。
また、自分と同い年のプロ選手が所属先が見つからずに引退、というような情報を目にすると、レベルは違うにせよサッカーをやれている自分は恵まれているなぁと思うわけです。
これも今まで支えてくださった皆様のおかげですね!これからもよろしくおねがいします!!!!

きれいにまとまった(?)のでこの辺りで次の人ににお願いしたいと思います。
さーて、来週のブログは

・三橋、お酒との闘い
・三橋、お休み期間の過ごし方
・三橋、うちこんでいるものがある?

の3本+αでお送りします!三橋よろしく!

OBってすごいなぁ…

ちは!

来たる化バイの研究室決めじゃんけん大会に向けて日々精進している藤本です。

男気じゃんけんはいつでも受けて立ちます。かかってこいや!

 

さーて、テストも終わった事ですし、ちょっと雑談しますかねー。

 

僕らの代も3年生が終わりに近づき、大学生活も後1年間となりました。

この時期は就職や進学など、将来を考え、決断しなくてはいけない時期ですね。

学年の飲み会なんかでも真面目な話題が主になってきました。各人いろんな考え方や価値観を持っていて話をしていて非常に楽しいです。

みんなの話を聞いているとやる気も出ますし、就活や院試も団体戦ですね。

 

部活の中でもついに最高学年になってしまいました。4年生って難しいポジションだなぁってつくづく思いますね。

昨年はキャプテンとしてチームの舵を取っていましたが、今年は後輩が主体でチームを動かします。

後輩との考えの相違などから歯がゆい思いをすることも少なくありませんが、これも経験ですかね。とにかく精一杯やってみたいと思っています。

 

さて、話は変わりますが、「先輩と後輩」についてどう思いますか??

 

ただ歳とるだけならサルでもできますし、今まで得てきた経験だったり、知識だったり。

また、それを活かした立ち振る舞いや考え方の「差」によるものかなって思います。

きっと部活もその「差」の一助になっているのかな、と思います。

 

学友会の部活は上下関係が厳しく、それが社会的な信頼にもつながっています。

まぁ高校の部活の方が上下関係厳しくってため口聞いたら裏に連れて行かれる、みたいな世界だったんであんまり厳しい感じもしませんけど…

でもサークルの友達は先輩とタメで喋っているし、学友会はある程度の厳しさなのかなって思いますね。

 

その身内への厳しさがサークルとの違いですし、それが「差」につながってくるのではないでしょうか。

 

ふわっとした雰囲気のチームは弱いですし、全員一丸となってやるときはやる。それがいいんじゃないですかね。

伝統あるチームですし、先輩にも素晴らしい人がたくさんいます。僕らも後輩にいい影響を与え、さらにバトンを繋いでいきたいですね。

 

来春の遠征も東京にいるOBの方が手助けをしていただいていると聞きました。そこでいろいろなお話を聞けたらなーと思っています。

僕らの代も就活や院試を通して、いい大人になれるように頑張りましょう。

 

なーんか、ふわっとしたブログになってしまいましたが、この辺で。

 

では来週は就活に不利といわれる文学部でありながら、先日のインターンで手ごたえをつかんだと言っていた駒形舜くん、お願いします。

ちなみに最近の息抜きはかわいい女の子と握手をすることみたいですね。

東京遠征のついでにインターン参加して結果を出したみたいなので、さすがだなぁって思います。彼女も大切にしてあげてくださいね。

 

では、またー。