魅力とは

はじめまして。皆さんこんにちは。サッカー部の角刈り3兄弟(長男;一朗さん、次男;豊田さん)の末っ子・化学バイオ工学科1年の渡邉斐都です。ちなみに、渡邉のなべは、ハに口の邉です。

それでは早速、今週の試合結果をお伝えします。

学生リーグ VS福島大学 1-2

東北大学のホームである川内グラウンドで行われたこともあり、たくさんの方々が雨の中、応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございました。雨の影響でスリッピーな状況で、前半の立ち上がりは、相手に押し込まれる時間が続きましたが、フリーキックから三輪さんがヘディングで合わせて先制しました。しかし、前半終了間際にコーナーキックからの折り返しを相手に押し込まれ、同点で前半を終えました。後半は、一進一退の攻防となりましたが、チャンスを生かしきることができず、逆に相手の質の高い攻撃から決勝点を奪われてしまいました。この試合結果により、東北大学は入れ替え戦に臨むこととなりました。しかし、ポジティブに考えれば、あと1試合・あと1週間今のメンバーでサッカーができるわけです。今こそチームが一枚岩となって進んでいきましょう。

Iリーグ VS仙台大学B2 0-4

前半の早い時間帯から自分たちのミスで、2失点してしまいました。後半も相手の攻撃を防ぎきれずに2失点してしまいふがいない結果になってしまいました。そのなかでも、中盤でしっかり球際に行けていた選手や、ボールを前線でおさめる&裏への抜け出しからいいシュートを打っていた選手もいたので、良かったことは次につなげ、悪かったことは寝て起きて忘れないで、修正していきましょう。

さて、ここからは、リーグ戦も受験勉強も終盤に差し掛かっているところなので、僕が約半年間サッカー部で過ごしてきて感じた、東北大学学友会サッカー部の魅力について書いていこうと思います。

1つ目は、なんといっても部活でサッカーができることです。東北大学に限らず、国公立大学の良さは、学費が安いことと、だれでもサッカー部に入れることではないでしょうか。多くの私立大学ではセレクションを行うため、部活には入れない場合が存在します。僕の友人は、高校名でセレクションに落とされてしまいました。それに比べて国公立の場合、本人のやる気さえあれば部活に入ることができます。今年の1年生のうち、実は2.64575の2乗人が浪人しています。自分たちと同じ世代の多くの人たちが働いている中で、本気で勉強に打ち込み(汗)、本気でサッカーに打ち込めるのは、おそらく人生最後でしょう。今自分がそうやって暮らしていけるのは、本当に幸せなことだと思います。そのことを胸に刻み込んで大学生活を送っていきたいものですね。さらに恵まれているのは、今年から人工芝で練習できるようになりました!1年キーパーの祥太郎君もこれが決め手で、東北大学を選んだそうです。キーパーがやりたい方は、1年キーパーの2人がおいしいご飯に連れて行ってくれるらしいから、是非、川内グラウンドに足を運んでね。

2つ目は、学生主体のチームであることです。これのどこが魅力なんだいと不思議に思う方もいると思います。僕も入部当初は不安でした。僕がまず感じたのは、今まで自分がどれほど恵まれた環境でサッカーをやれていたかです。練習メニューを考え、グラウンドを取り、指導し、試合を組んで、試合会場まで運転し、審判をしてくれ、ミスしたら叱ったり、アドバイスをしてくれていた監督やコーチ。寒かったり・暑かったりする中、水汲みをし、ビブスを洗い、マーカーを用意して、時間を計り、写真を撮ってブログを書いていたマネージャー。朝早く起きて朝飯と弁当を作り、駅まで送迎し、ジャージやスパイクを買って、時にはマッサージしてくれた家族。大学生になって、学生主体でサッカーするようになって、本当に大きな、多くの支えの中でサッカーをしてこれたことに、ようやく気づくことができました。人間は、与えられている時には気づかないけれど、失ってからそのありがたみに気づく生き物ですね。(☚後になって恥ずかしいやつだ、、、)今だって、先輩方が多くのことをやってくれているし、親もお金送ってくれてるから自分はサッカーができているんだということを肝に銘じておきたいですね。そんなこんなで学生主体でやるということは大変なことも多いのですが、学生主体だからこそ得られるものもたくさんあると思います。たとえば、監督や先生、上司の指示を待っているだけでなく、1人1人がチームや自分に何が足りていないのか、どうしたらもっと良くなるか、楽しくなるかを自分で考え、お互いに意見を交換し、より良い方向にまとまっていけると思います。(これは僕の理想であって、それができるかは、1人1人の意識の問題だと思います。)これはサッカーだけでなく、将来生きていくうえでも必要なことだと思います。みんな、人として成長していくのだから、学友会に入ったら、生徒に50単位くらいくれても全然いいと思います。

長々と長文を書いてしまい申し訳ございませんでした。まだまだサッカー部の魅力を書いていきたいのですが、もういいよという声が聞こえてきそうなので、この辺にしておきたいと思います。読んでいるどうかは分かりませんが、受験生の皆さん。勉強お疲れ様です。サッカー部1年の岳君は、受験期に4年生の佳亮さんのブログを読んで、こんな人とサッカーしてみたいと思って、サッカー部に入り、現在一緒にサッカーをしています。素敵な話ですね。僕のブログを読んでこの人と一緒にサッカーをしたいと思った人はいないと思いますが、東北大学学友会サッカー部でサッカーをしたいと少しでも思ってくれた人がいたら、僕は嬉しいです。次のブログは、石川遠征で3日間同じ部屋で、僕との絆を深めた中村君に書いてもらおうと思ったのですが、石川遠征より北大定期のほうが楽しかったと言っていたので、かわりに、自称意識高い系の寺倉岳君に、熱いメッセージをいただきましょう。岳、よろしく!!

 

 

女子力とは

はじめまして。最近原付を買うべきかどうか悩んでいる経済学部1年の関根航太です。何か助言のある方は是非お願いします。さて、今週の試合の結果と概要です。

 

学生リーグ  vs.東北学院大学

⚫️ 1-3   得点者 門脇

iリーグ vs.東北学院大学FC

⚫️ 0-2   得点者 なし

天皇杯1回戦 vs.仙台SASUKE.FC

⚫️ 1-5   得点者 中村航太

練習試合 vs.東北生活文化大学高校

⚪️ 7-0 or 8-0   得点者 河村 2or3、柳 2、中村(健)、坂元、古賀

学生リーグ、iリーグ、ともに東北学院大学と対戦し、敗れてしましました。学生リーグでは、残留争いの中、勝ち点を奪うことができませんでした。残り2試合、チーム一丸となって残留を決めましょう!iリーグでは、特に後半、試合を支配しながら、得点を取りきれず、得点力不足を痛感しました。また、天皇杯では、相手が東北社会人1部リーグということもあり、厳しい戦いになりました。練習試合では、高校生相手ということもあり、大量得点で勝利を収めることができました。今週は試合が多くおこなわれ、それぞれで反省することがあったと思うので、日々の練習で改善していきましょう。

 

さて、ここからはどうでもいいことを書こうと思います。大学に入学してからすでに半年が経ちました。時が経つのははやいですね。最近は週に1回以上は斐都君や仁君などに料理を振舞っています。そこで、これまで作った料理の中で、コスパがよかったものを紹介しようと思います。

1.ハンバーグ

パン粉や牛乳などをいれなくても、ひき肉、玉ねぎ、卵だけでつくることができ、非常に簡単です。また、ソースによって色々な味にも変化することができ、自分好みにアレンジもできます。作るときに手がベタベタするのが難点ですが、斐都君曰くファミレスより美味しいそうです。

2.餃子

混ぜることや包むことが非常に面倒くさいです。しかし、一度に50個くらいつくれば3人分くらいになり、焼いたり、鍋に入れたりして、様々な料理に利用できます。自分的には結構お気に入りです。

3.ローストビーフ

あんまり家で作るようなイメージはないかもしれませんが、意外に簡単に作ることができます。丼ぶりにして、自家製のたれと温泉卵をのせると、店の料理のような味になります。

上の3つ以外にも色々な料理を作ってきましたが、これ以上書いてもつまらないと思うので、ここらへんでやめておきます。何かオススメの料理があったり、もしも、もしも、もしも自分の料理が食べたいという人がいましたら、是非声をかけてください。

次回はちょうど一年前の選手権の試合後、キャラにも似合わず大泣きしていた中村航太君にお願いしようと思いましたが、同じ高校だったやつにお願いするのもなんなので、いつもこんな料理を作ってくれる彼女が欲しいといってくれる渡邊君にお願いしようと思います。

 

 

有為転変

はじめまして、最近推しメンのきいちゃんがそろそろ卒業しそうなのできいちゃんロスを少しでも避けるため推し変を決めた工学部建築社会環境工学科1年の小山です。

はじめに今週の学生リーグ、iリーグの結果と概要です。

vs 富士大学 0対3
小雨の中の試合でした。サイドだけでなく中央でのダイレクトパスなど多彩な攻撃パターンの相手に対し終始守る形の試合でした。両ウイングバックが攻撃参加させてもらえずこちらのカウンターも薄い攻撃に終わってしまだという印象です。また、1つ1つのシュートの質が高く、見習う部分がたくさんありました。良い体制でシュートを打たせないように寄せを意識することが大事だと思います。また、DFだけでなくMFのチャレンジとカバーも行うべきだど思います。

vs TG NEXT 0対1
前半はワイドポジショニングをとる相手に対して苦しい時間が続いたものの、下から組み立てたり、前線との連携が取れたりもできました。後半はカウンターや流れの中からゴール前まで持ち込むことはできましたが得点までには至りませんでした。後半の良かったところは、ポジションにこだわらずボールに一番近い選手がプレスをかけ空いたところを別の選手がカバーすることができたからだと思います。ただ、体力やフィジカルなどの問題で失速してしまったことは事実なので日々の練習から意識していきたいところです。

vs 八戸学院大 2対1
前期に点を取れず勝てなかった相手から敵地で勝ち点を取ってきました。一度は追いつかれるもエースの三輪さんが勝ち越し点を取りました!!!!

 
さて、話をかえます!東北大に入学して半年が経ちました。本当に早いものです。当初はサッカーとかやるつもりなんてなかったけど新歓で優しくしてもらったことで入部しました。ここでざっとこの半年で自分に起きたことをいろいろ思い出して書いてみたいと思います。
まず、デビューしたてはなぜか知らないけど調子は良かったんです。え、まさかあれで調子良かったのって突っ込むであろうキャプテンも見てることは承知のうえでかきます。まじでたまたまなだけなんですけど、なぜか良かったんです。
初めて1部リーグに出た八戸戦は今でも覚えてます!
…って書くような流れですが実際もう今では全然覚えてません。ひとつ覚えてるのはまきとさんのナイスなクロスを外したのは覚えてます。すいません。ただ、この調子は秒で終わり秋田で本当の自分がでて軽くメンブレして三輪さんと過去の辛い経験を熱く語り合ったことをおぼえてます。このあたりから徐々に先輩と仲良くさせてもらってウイイレという理想の世界に浸かり始めました。
そして石川遠征あたりから「なおとCBいける説」が浮上し、iリーグvs仙台大a2との試合でCBで出場しましたが11点取られました。それこそメンブレしましたが次の週はOMFで仙台大のトップに12点取られました。実際彼ら相手に何もできなかったことがくやしかったです。先週は八戸でやらかし、結果点を取られなかったので本当に良かったのですが試合後に冷やかしてくる先輩や真顔で重たいストレートを突き刺してくる先輩やお前が一番上手いといってくる飯岡さんや爆笑する先輩や心配するな来週からBと満面の笑みで励ましてくれる尚弘さんなどのおかげで良い経験をさせてもらいました。その日のバイトでは多分お皿やコップ3枚くらい割ったような気がします。

と色々ありました。今思うと全部懐かしいです。これらの経験から今後の試合や生活に生かしていきたいです。

話は変わりますが、三輪さんの家で恒例のウイイレやりました。
話は、とある一戦!
ドイツ(わい)vsポルトガル(菅野さん)
羽成と三輪さんで4人のリーグやっていて、初戦フランス(羽成)に負けたので菅野さんに勝たないと俺の優勝は無くなる大事な一戦。

っっしゃぁ気合い入れるぞぉぉぉう!!
\\\٩(๑`^´๑)۶////

まず前半7分にペナ内でクリロナに後ろから削ったことでフンメルス退場

チーーン。。。( ・∇・)

ただここであきらめなかったドイツ。2バックにして攻撃の手を緩めなかったところ、ゴメスとエジルの2人で2点取り後半35分についに逆転!!!

キタコレ!
明日のネタになるやつ!!!!(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

ここからサネを下げてCB追加して5バックに変更し勝ち逃げ作戦開始!!

後半43分ポルトガルのコーナー。
ウイイレのコーナーは○と□を押すだけといってもいいほど簡単で運ゲーなのでこれを守ってクリアすれば俺の勝ちや!!

…クリロナゴール。。

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

やっぱり最下位がお似合いの僕でした。

ちなみに優勝は羽成でした!

俺のしたこととしてはリーグをぶち壊してみんなを面白く裏切りまくったことですね。

今日の満員の通勤電車の中でブログを書いていて、目の前の人の履いている靴が多分関根と一緒なので関根に来週は書いてもらおうかな。よろしくお願いします。

タイトル入れ忘れは良くない


どうもこんにちは。工学部材料科学総合学科2年の三輪泰斗です。他の2年生には既にブログを書いたと思われていて書くのが最後になってしまいました。悲しいのでワンワン大泣きしながら今このブログを書いてます。さて、まずは先週の結果報告です。

 

学生リーグ後期3節vs八戸学院大学@ダイハツスタジアム

0-0

Iリーグvs東北学院大sc@川内グラウンド

2-0 (坂井、関根)

今週は学生リーグ、Iリーグ共に無失点で試合を終えることが出来ました。どちらも最後の部分での体を張った守備や、気持ちで負けていなかったからこその無失点だと思います。学生リーグは仙台大学以外との試合では初の無得点試合となってしまいました。前半に自分たちの時間があったり、後半にも鋭いカウンターからのチャンスがあったので決めきれていたらなぁ…という感じです。FWとして反省どころですね。またこの試合、個人的にはタッチが悪くロストが多かったのと、ボールをもらう前の首振りがあまり出来なかったのが反省点なので修正していこうと思います。ちなみにこの首振りアオアシというマンガを読んで始めました。周りが見えるとサッカー楽しいです。ぜひアオアシ読んでみてください(論点)。

 

さて、長かった夏休みも終わり学校が始まってしまいました。夏休み、部活以外で何してたか振り返ってみると恐らくウイイレしかしてません。このウイイレ、2年生と1年生の1部でなぜか夏休み直前あたりから人気が爆発しだいたい僕の家で夜通しウイイレをやるというイベントが頻繁に開催されていました。さあ、これからそのウイイレ合宿のイカれたメンバーを紹介するぜ!

1.かんの(2年)   使用チーム:マンU,レスター,ベルギー

皆勤賞。いつもいる。だから多分一番強い。普段のプレースタイルとは真逆のロングボール→ルカクで収めるorバーディーが抜け出すというプレーを得意とする。またパスコース読んでくるのがうまい。厄介。

2.ひびき(2年)   使用チーム:アトレティコ,ナポリ

出席率2位。フェルナンド・トーレス師匠の調子によってチームの出来が左右されてしまうので強い時と弱い時の差が激しい。またAIが謎のプレーをして点を取られるのが得意。「信じらんねぇ!」

3.なおと(1年)   使用チーム:チェルシー

イキリ。試合前の「俺強くなったから!」宣言からの大敗北はテンプレ。しかし最近マジで強くなってきた説が濃厚。また1年生に友達がいないので僕の家にいる時が1番心地よさそうである。

4.みなと(2年)   使用チーム:アーセナル

うるさい。僕はだいたい寝落ちしてしまうのだがこいつの150デシベルの声で目が覚めてしまう。近所迷惑を考えて欲しい。掃除機。やってて脅威なのが僕達が「イマジネーション」と呼んでいるドリブル。謎の動きをして向かってくる。

5.むねむら(2年)   使用チーム:マンC

よくわからん。菅野に5-0で勝ったかと思えば半初心者の関根に負けたりする。コーナーキックが得意(意味不明)。むねむら曰く、「〇を押して□を押すだけの簡単なお仕事」

6.はなり(1年)   使用チーム:ユベントス

今までは1,2を争う強さだったが免許合宿に行ったブランクにより弱くなってしまった。やっぱ免許合宿言ってる奴はだめだな!

7,そうた(2年)   使用チーム:チリ

メチャポゼッションがうまい。それ現実でやれよってぐらいポゼッションしながら上がってくる。でも決定力がないので試合はロースコアで終わることが多い。最近諸事情でFIFAをPS4と共に購入したのでたまり場になる可能性あり。

とりあえずよく来るのはこのメンバーです。他にも1年生だったり誘うと来てくれる人が多くて嬉しいです。ウイイレ通して仲良くなりましょう笑。僕もウイイレしたい!っていう人は言ってください。歓迎します。ちなみに僕は負けた時に言い訳がしやすいからという理由と、パススピードが絶妙に遅いのでダイレクトパスしやすいという理由でトリノをよく使っています。最近はトッテナムも使うようになったので言い訳ができないのが悲しいです。

 

さて、次のブログは初の1年生の執筆です。誰にしようか迷ったのですがやはりここはイキリが道を切り開くのがいいかなと思ったのでチェルシーでトリノに長い間勝てなかったなおとにお願いしようと思います。では、また会う日までさよなら。アディオス。