降格しませんよ

こんにちは。いつ尚志くんと飲みに行けるかと日々カレンダーを眺めております、法学部3年飯岡です。

今週は公式戦がなく、日曜日には紅白戦が行われました。
最近ずっと練習してきた対人の部分をテーマとした試合でした。自分が一番苦手としている部分でもあるのでこれからも向上が必要だと感じています。
また、個人的には1年生の名前と顔がようやく一致しつつあります。
1年生が私のことを認識できているのか不安はありますが(?)、これからぜひ仲良くしていきたいと思っています。よろしくお願い致します。
来週からはリーグ戦も始まるので、1年生もどんどん試合に絡んでいけるように一緒に頑張っていきましょう!

さて、そんなことで今週は部活の試合がなかった私には一大イベントがありました。
そうです。ユアスタでの「ベガルタ仙台vsアルビレックス新潟」の一戦です。
私が応援しているアルビレックスは、ご存知の方も多いとは思いますが、今シーズンは(も)下位に低迷しております。
私は毎シーズン開幕前に順位予想をしていて、13・14位など控えめな予想をするのですが、近年はそれをさらに下回ることばかりで非常に悲しいです。
監督も2シーズン連続で途中交代となってしまいました。ですが、ゴンさんのW杯日本人初ゴールをアシストした呂比須ワグナーさんですよ!日本の英雄ですね!期待です。
(ちなみに、今節は1-2で負けました…)

というわけで、今回は飯岡的アウェイスタジアムランキングをご紹介したいと思います。
(あくまで僕が行ったことがある中でのランキングなのでかなりの偏見です。)

5位 ノエビアスタジアム神戸(ヴィッセル神戸)
台風が直撃した日に行ってしまったということもあり、開閉式の屋根があるスタジアムの良さを感じた。
ついでに関西観光もできてグーだった。大雨の中の清水寺サイコー!

4位 日産スタジアム(横浜F.マリノス)
2013年のマリノスの優勝が懸かった試合での、6万人越えの観衆は本当にすごかったです。
(マリノスを応援する響くんがいるのであまり大きい声では言えませんが)勝った。

3位 ベストアメニティスタジアム(サガン鳥栖)
何と言ってもアクセスの良さ。駅の隣にスタジアムって感じ。電車の中からでっかいスタジアムが見えるのは圧巻でした。
鳥栖は焼鳥がおいしいらしい。

2位 日立柏サッカー場(柏レイソル)
僕が行ったことのあるスタジアムの中では一番の臨場感。ピッチと同じ高さから試合を見ているような感覚。飛んできたシュートが顔面に当たりそう。
席数があまり多くないので、席取りがめちゃめちゃ大変。

1位 ユアテックスタジアム仙台(ベガルタ仙台)
1位は皆さんおなじみユアスタ。アクセスの良さも臨場感も◎。
新潟戦は毎回ビジター席がパンパンになる。立見の客も少なくない。今回は開門の2時間以上前から並んだにも関わらずそこまでいい席が取れなかった。来年は前日のシート貼りからの参戦を画策中。
泉中央駅前のSELVAにある惣菜屋の唐揚げっておいしいですよね?

といったところでしょうか。
私の親は今年中にすべてのスタジアムをコンプリートしそうな勢いなので、私も負けずに頑張っていきたいと思います。

<番外編>
・埼玉スタジアム2002(浦和レッズ、田宮くん)
→いつ行っても負ける。浦和のGKがシュートを防ぐと、オーロラビジョンに「Nice Save!!」の文字が 映し出されるのですが、それが腹立たしい。
・NACK5スタジアム大宮(大宮アルディージャ、豊田くん)
→高校の時に遠征で毎年泊まっていた宿が近く、散歩でしょっちゅう行っていた。
今年の8月13日に試合があるので、北海道から直行することを検討中。
・カシマスタジアム(鹿島アントラーズ、佐久間くん(??))
→遠い。

Jリーグに興味のない方にとってはどうでもよい内容になってしまいましたね…。
というわけで、このあたりで終わりたいと思います。

次回は、降格争いの先頭を引っ張ってくださっている大宮アルディージャのサポーターの豊田くんにお願いしたいと思います。

 

 

 

 

 

ベッドの上から

こんにちは。工学部4年の黒田です。
田宮君から自重系トレーニングの先駆者かつ至高の存在と紹介されたのですが、全然そんなことはなく、身長はたったの166.9cm(先日の健康診断で測ったのですが、167ないことにかなりショックを受けました)、体重はたったの64kgです。日々フィジカルの弱さを痛感しています。

今週は1部リーグの開幕に先駆け、Iリーグが初戦を迎えました。まずはその結果から報告します。

東北大学 0-6 仙台大学FC

スライドやラインの上下動がしっかりできず、全然的に守備は後手に回り、相手の攻撃に対応、修正できず、点差がついてしまいました。ただ、トップチームでも少し前に仙台大学と練習試合をした時に同じ様な課題がでたので、チーム全体で強化していきたいです。
実力差をカバーするためには運動量で勝ることは絶対条件で、その上で数少ないチャンスを決め切らないと勝てないと思います。大臣杯後の練習はフィジカルメニューを増やしていますが、フィジカルトレーニングは1人でできるので、もちろんチームで行うことも大事ですが、個人個人でもしっかりやっていきましょう。おすすめは、HIITというトレーニングです。簡単に言うとダッシュをインターバルを短くして行うトレーニングですが、単純なランニングに比べ、心配機能の向上は時間に換算すると5〜6倍に相当します。短時間で高効率ですので是非やってみて下さい。

また、同日、高専と練習試合がありました。この試合は1年生を中心に臨みましたが、結果は3-1でした。1年生はチームに慣れていなかったり、体がなまってたり、まだ本調子じゃない選手もいると思います。登録に間に合わなかったこともあって今は皆Bチームですが、1年のうちから、Aチームに入って試合にでるつもりで、練習から本気でぶつかってきて欲しいと思います。

大臣飲みも終え、気持ち新たにリーグ戦に向けトレーニングしていこうと言う中、かく言う私は現在熱で寝込んでいます。大臣杯後体調がわるかったのですが、じっとしてられず、筋トレしたり、HIITをしたりして熱を出し、熱が下がってもすぐに部活に行きぶり返したりして今に至ります。夏風邪の辛さは1人暮らしには堪えます。せっかくの最後の大臣飲みも楽しめなかったことも悔やまれます。
説得力はないですが、調子が悪い時は無理せずしっかり休むことも勇気です。みなさん体調管理には気をつけましょう。

大臣飲みのときにすぐに帰った僕に今度飲みましょうと誘ってくれた可愛い後輩の飯岡君に次のブログを任せます。

千里の道も一歩から

こんにちは!相楽君から自重系トレーニング一派と紹介されたものの、実際にはたまに家で体幹トレーニングをするくらいである、法学部3年の田宮です。

先日行われた大会の結果を報告させていただきます。

【総理大臣杯東北予選1回戦】
vs 北里大学獣医学部サッカー部
結果:14 ― 0
得点者:飯岡(2)、河村(2)、菅野、坂元、柴田(2)、三輪(6)

【総理大臣杯東北予選2回戦】
vs 山形大学医学部サッカー部
結果:1 ― 1 (PK: 2 ― 4) ●
得点者:相樂

よって、大臣杯は二回戦敗退という結果となりました。両日とも悪天候のため、ピッチの状態が思わしくなく、現体制になってから培ってきた「後ろから繋ぐサッカー」がほとんど体現出来ませんでした。

また、山形大学医学部戦では後半ロスタイムに追いつかれて、そのままの勢いでPK戦に敗れるという非常に悔しい結果となりました。おそらく敗戦の原因は多岐にわたると思います。メンバー内外問わず、もう一度試合内容を振り返ってみて、次のミーティングで反省・対策を行いましょう。チームメンバー各人の考えを全体の方針に組み込むことができることが学生主体のチームの持ち味だと考えているので、現状の課題の改善策等しっかり考えていきましょう。

以下では個人的な話を書かせていただきます。

私は先日の大臣杯で、3年目にして初めてトップチームのメンバーに入ることができました。試合に出場することは叶わなかったものの、大きな一歩を踏み出せたのではないかと思っています。これまでのほとんどの時間を1番下のチームで過ごしており、「別に試合に出なくても良いか」とふてくされて、嫌々サッカーに取り組んでいた時期もありました。しかし先月あたりに、出身校である仙台二高の某先輩に「お前ってサッカー楽しくなさそうだよね?もっとサッカーって楽しめるもんだよ」という旨の話をアドバイスとしていただき、その後、自分なりにその言葉の解釈を試み、サッカーへの不誠実な姿勢を直していけば何か変わるんじゃないか、という結論にたどり着きました。具体的には、その日の練習の反省をその日のうちに行う・上手くいかなかったプレーは他の人に意見を伺う・お風呂の後のストレッチを必ず行う・練習前にその日の目標を決めておく、といった非常に小さい行動から始めることにしました。すると、毎日何らかの得るものがあることを理解でき、自分のできるプレーの幅や質が微々たるものですが、高まってきたと感じています。また、「もっと上手くなれるんじゃないか?」と練習に楽しさを見出すことができるようになってきました。その結果かは分かりませんが、こうしてトップチームのメンバーに選ばれることができました。下手くそが下手くそなりに頭を使えば、なんらかの成果が手に入るのだと思います。幸いにして、藤本キャプテンをはじめとした今年の首脳陣は、時折ぶちのめされるくらいプレーに対する非難をしたりもしますが、1人ひとりをしっかりと見てくれているので、チャンスは全員に開かれているはずです。全員で毎日少しずつ上手くなっていければ良いなと思っています。私は高身長の割にヘディングが不得意なので、まずそこを頑張っていきたいです。

長文かつ駄文となってしまいましたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次回は自重系トレーニングの先駆者かつ至高の存在であり、同じmiwaファンとして尊敬している黒田尚志さんにお願いします。

追記

miwaの「めぐろ川」・「またね」は隠れた名曲なので、ぜひ聞いてみてください!

筋トレしようぜ

こんにちわ、さきほど体重を測定したところ人生最高体重76kgを更新いたしました経済学部3年の相樂です。

この体重増加が果たして筋肉増加に因るものなのか、脂肪増加に因るものか定かではありませんが、この場をお借りして、石橋君をはじめ、筋トレYoutuberなど私の筋トレライフを支えてくださる関係者様にお礼を申し上げます。

有難うございます。

筋肉から一旦、離れましょう。

GW期間は大臣杯直前ということで、練習試合を中心に活動しました。以下、練習試合の結果です。

5/4(木) vs仙台大  40分×4  2-7

5/5(金) vs宮教   45分×2     3-0

5/6(土) vs山大医     35分×2    3-2

vs東北医   35分×2     5-0

5/7(日) vs東北福祉 45分×2     0-2

試合を通して感じた反省点、試合映像から分かる改善点を自分の中で意識できるまで、きちんと振り返り、来週の練習にのぞみましょう!

多くの試合があり、疲労もたまっていると思うのでしっかり食べて、しっかり寝てケアしましょう。

練習中に100%でやるのは当たり前ですが、食事、睡眠を100%やることが出来る人はどれくらいいるのでしょうか。コンディションの面から言えば、圧倒的に後者の方が大切だと思いますし、差がつきやすい部分でもあると思います。

練習中以外の時間もサッカーへ意識を向け続けるのは楽ではないかもしれませんが、1部リーグで勝つならそれくらいの意識は必要だと思います。

何か成し遂げるためには、何か代償を差し出さなければならないと誰かが言ってたのでそれをパクらせていただくと、

今年1部リーグでどれだけ勝てるかは、どれだけサッカーと向き合えたか

ここに尽きると思います。

サッカーに向き合うということは、当たり前ですがそれ以外のことに費やす時間が失われているわけです。

そこを意識したうえで、サッカーと向き合っていきましょう!

おしゃれに決まったとおもうので、ここで終わります。

次回は自重系トレーニング一派の田宮君にお願いしたいと思います。

追記

フィジカルを鍛えたいあなたへ

一緒にトレーニングしませんか?

石橋君と相樂が川内トレーニングルームによく出没する時間

平日:10時~13時、練習後

休日:9時~12時

 

 

 

 

 

 

 

イカトン宴会部長

こんにちは、経済学部3年目の水野 皓平です。
先週のブログ担当であり、同期の中でも、キング・オブ・イカトンの称号を欲しいままにしている三橋先輩(次点は個人的には豊田)からの直々の指名。きっと私のあまりのイカトンポテンシャルの高さに、自らのキャラを取られるんではないかと内心ひやひやし夜も眠れない日が続いているに違いないですね。

最近本人、ようやく大学生の自覚が芽生えてきたようで(もう三年だr…)、朝起きればブラックコーヒー片手に朝一の授業にもしっかり出席。昼食を挟んで、午後の空きコマ返上でゼミ活動(なぜ、僕のゼミだけ活動が週5なんだろう…)。そして夕方からは部活に全力投球、気づけば日が暮れているという、まさにイカトン(イカしてる東北大学生の鑑)ライフを満喫しております。また、5セメは筋トレに捧げると言っていた同期のマッスル相楽氏や(S薮さんもかな?)単位習得はどうやら私の肩に懸かっているみたいなので、彼らの意思も引き受けて頑張っていきたいなと気を引き締めつつ、このブログを書いています。

さて、前座はこれぐらいに致しまして、先日の確定新歓の様子を写真も交えつつお伝えしたいと思います。
今回が宴会部長としての初仕事だったわけですがこなしてみて思ったのは、「超大変だわ、この仕事。。。」ってことでね。

DSC_0906

50人用の食材として、肉12㎏、焼きそば4㎏、その他にもフランクフルトやチョリソー、お好み焼きなど大量に買い込んで準備していたわけなんですが、みるみるうちにみんなの胃袋に吸い込まれていく様に驚きつつ、そんな中ドンキにゲーム大会の賞品を買いに行ったりしていた私が戻ってきたころに出来たことといえば、残っていた焼きそばに少しばかり箸を伸ばすといった至極控えめなものでした。まあでもおいしいっていってくれたり、部員が新入生とも仲良く話している姿を見れたりできてとても満足でした。楽しそうですね~♪

DSC_0917DSC_0916DSC_0923

また、今回の自己紹介イベントは三半規管を徹底的にいじめるという趣向の元、昨年度のものをバージョンアップしたものを考案させてもらいました。一年生各位すいません。新入生の中には練り歩きながらコーラを飲む人や、テンプレ通りの自己紹介をしない人もいて、個性を前面に押し出してきている様子からは、今後のピッチ上での活躍も期待できそうな予感がしましたし、そして何人もの新入生が藤本先輩への敬意を表明しており、藤本政権の支持率の圧倒的高さも明らかになりました。(笑) (私にも一票ぐらい入ってくれないかなって思ってたんですけどね…笑)、それとマネージャーの子もよく頑張って声張ってくれてました!

と、まあ、こんな感じで去年に負けないくらいの楽しいイベントになったのかなと個人的には満足しています!

もちろんメインの準備は宴会部長である私がさせていただきましたが。今回、たくさんの人が進んで手伝ってくれました。みなさんが私の至らない部分を助けてくれたおかげで楽しい時間が過ごせたと思っています。本当にありがとうございました。(柴田さん…BBQってこんなに大変なんですね。)もう柴田さんにはしばらく足を向けて寝られない気がします。(笑) あと今度笑いのとり方も教えてください。(;´・ω・)」(切実)

サッカー部はこんな風に楽しむときはみんなで楽しんで、まじめにやるときはビシッとやる、そんなメリハリのついた集団です。新歓期間は終わってしまいましたが、プレイヤー、マネージャーともに常に新入部員を歓迎しております新歓行きそびれちゃったとか、興味あるけど練習行けなかったとかいう心配はご無用、途中から入部した先輩たちだって何人もいますし、まずは一度グランドに足を運んでみてはいかがでしょう。

楽しそうな雰囲気と、学友会サッカー部の魅力が伝わる我ながら良いブログが書けたと思うので、この辺で失礼したいと思います。

次週のブログは、石橋君とともにマッスル組合を結成し「心の友はいつでもダンベル」のキャッチフレーズでお馴染みの相楽くんにお願いしようと思います。筋肉に乾杯。