ひそかな願い

こんにちは。更新が遅れてしまい申し訳ありません。
岩崎くんは就活で多忙とのことで代わりに書かせていただきます、工学部3年の戸嶋です。
もうすっかり春の天気ですねと言いたいところですが、昨日から続いて今日も寒かったですね。
僕は秋田出身で寒さには強いつもりでいたのですが、最近年を重ねるにつれ寒さに弱くなってきたような気がしてなりません。笑

一昨日はオフ明けでゲーム大会がありました。5日間のオフの後なので自分を含め体が重そうな選手が多く見られましたが、良いリフレッシュになったと思います。

昨日は全体でミーティングしたあとフィジカル(走り)がありました。ミーティングでは各学年で分かれて普段の練習について、フォーメーションについて、メンバー選考など様々な観点から意見を出し合いました。久々の全体でのミーティングだったので、各々が日々思っていたことを共有できる良い機会だったと思います。ミーティングの後はオフ明け2日目ながらフィジカル(長距離走)をやりました。オフでなまった体をほぐすのには良かったのですが、途中で足がつってダウンしてしまう選手も何人かいました。
近況についてはこの辺ですが、ここで終わりというわけにもいかないので、何か書くことはないかと考えてみたのですが、最近自分にゲイ(もしくはバイ)疑惑がかけられていることなど思いつきましたが、それについてはここで必死に弁明すると逆に怪しまれそうなのでやめときます。笑
どうでもいい話になってしまいますが、僕は最近音楽を聴くことにハマりすぎて、2、3時間とかぶっ続けで聴いてしまいます。「Apple Music」という月額980円で音楽が聴き放題というサービスに加入していて、暇があればそれを利用して音楽を聴いています。僕が最近よく聴いているアーティストなのですが、みなさん「ゲスの極み乙女。」ってバンド覚えてますか。ベッ○ーが不倫したとかで一時期大騒ぎになりましたよね。結構前から聴いていたのですが、最近またハマりました。知っての通りボーカルの彼は確かに人間的にはダメかも知れませんが、彼の作る曲はセンス良すぎです。ひっそりと復活してくれないかな。。なんて最近思ってます。ちなみに3年の黒田くんはこのバンドのボーカルがある女性シンガーを批判したことから断固としてこのバンドを否定しています。ですが名前には反して意外と聴きやすい曲が多いので、興味のある方は暇なときにでもYouTubeなどで是非聴いてみてください。

次は僕の中学校、高校からの後輩である工学部2年(新3年)の河村一朗くんにお願いしたいと思います。
長々とつまらない文章を読んでいただきありがとうございました。

老害の小言part2

こんにちは!
更新遅れてすみません、少し私用で立て込んでいました。
原付前一回転、原付横すべりベッドスライディング等、中国雑技団顔負けの新技を編み出している法学部3年堀山です。
つぎは白井健三選手を見習ってひねりを入れていきたいなと思ってます。
※皆さん原付やバイクでの移動が多いと思うので気を付けてくださいね。

まずは試合結果の報告をさせていただきます。
〈天皇杯〉3月12日vs船岡FC(1-1.PK×)
新チーム初の公式戦でした。
僕は事情があり、当日急遽行けなくなってしまったので試合の内容に関しては控えさせていただきます。
個人的にはメンバーに選んでもらっておいて当日会場にたどり着くことができず、チームに迷惑をかけてしまい申し訳なく思っています。
チームとしては学生の大会である総理大臣杯やリーグ戦に向けて、公式戦の厳しさ、自分たちに足りない部分を感じることができたのではないでしょうか。
夏前の総理大臣杯に向けてチーム内競争を激化させ、チーム目標に向けて気を引き締めていきましょう。

さて、けいすけ君から後輩へ何かというリクエストを受けたので、それについて書こうと思っていろいろ考えたのですが特にありませんでした。
後輩について考えているうちに、最高学年になってしまった僕が1.2年生の頃、先輩に言われた言葉をいくつか思い出したので、代わりにそれを書きます。

①「水で遊ぶな!!!!」
〈解説〉
これは練習前、スクイズボトルで水を飲む際に僕が同学年の人にふざけて水をかけたところ、3つ上の先輩に注意されたものです。
「マネージャーさんがせっかく汲んでくれた水を無駄にするな」ということと、「練習前なのだから気持ちを入れろ」という旨の言葉でした。
〈コメント〉
いつも支えてくれるマネージャーへの感謝や練習への意識は大事ですね。

②「肉たくさん食べな」
〈解説〉
これも3つ上の先輩に言われた言葉なのですが、筋トレや運動をした後は肉をたくさん食えということです。
その方曰く、1日に必要なタンパク質から計算すると肉を1000gたべなければいけないということでした。
〈コメント〉
特に身体を強くしたい人は詳しく調べて実践するのもいいかもしれませんね。(※賄いで肉をたくさん食べれるバイト紹介します)

③「お前は毎日10キロ走って筋トレやったりしたの?」
〈解説〉
これは2つ上の先輩に言われた言葉です。僕が腐りかけてた時にかけていただいたものです。
〈コメント〉
シンプルですね。試合に出れないのは自分に何かが足りてないからですね。

④「君たちはサークルでやることをおすすめする」
〈解説〉
4つ上の先輩に言われた言葉です。遠征中、Cチームの試合において大量失点をし、皆んなが戦意を失っているときのものです。
〈コメント〉
部とサークルの差って何でしょうね。いろいろ挙げられますが、僕は最低限当たり前のことを当たり前にすることだと思います。もちろん、プレー外の面に関してもです。体育会系部活が社会的に信用されているのはこの部分があるからだと思います。

《総評》
まだいくつかありましたが、そろそろ長くなってしまっているので終わりします。
僕には学がないので先輩方の言葉を借りることになってしまいました。
過去にこんな事言われてたなと、恥ずかしい気持ちになると同時に、今もまだまだ至らない部分があるなと感じ、改めていきたいと思っています。

最後に一言だけ、
せっかくサッカーを好きな人たちが集まっているのだから最後まで楽しみきりましょう!

次のブログはサッカー部1カタい男、岩崎君にお願いします。哲学、倫理学的観点からのありがたいお話に期待です。

老害の小言

みなさんこんにちは!化学バイオ工学科三年、こんどうようぢ×中川大志×生田絵梨花◎高橋佳亮です。  僕は乃木坂には触れず部活について書きます。

 

日曜日に我が母校仙台ニ高との試合がありました。結果としては中々点が入って勝ったので、点差に関しては書かないでおこうと思います。

 

 

さて、別のサッカー部についての話をしたいと思います。自分達が最高学年になりそれに伴い学友会サッカー部という集団について昨年より一歩引いて考える時間が増えました。これから公式戦が始まったり新入生が入ってくるということもあるし自分が書く最後のブログかもしれないので、3年部活をしてきてなんとなーく伝えたいことのほんの一部をツラツラと書いていこうと思います。見切り発車で長くなるとは思うしめちゃくちゃ偏った考えで伝わらない人には伝わらないと思うのでテキトーに読まないでもらっても大丈夫です!

 

この部の一番の特徴を何でしょう?んーいろいろあるな。僕はやはり何と言っても学生主体のチームであることだと考えます。この言葉を使う時は大抵ポジティブな強みとして発言される気がします。だって学生のみで行動することにより得るものはとても大きいですよね!学生のみで他チームとの交流、遠征や北大定期戦の運営、練習メニューや試合メンバーを決めたり普通じゃ味わえないことばかりですね!……ちょっと待って、これってほとんど幹部と一部のその他しか関係なくね?こんなこと言うと感じ悪いのも承知だし、一生懸命みんな練習してることもわかってます。でもそれって大人がいる集団、もっと言えば中高生の時だってしてきた最低条件とはちがいますかね?じゃどうやって学生主体という特徴を個人と集団に対して強みにしましょうか。まぁーーそれは各自考えましょ!  各個人が集団になにかしら影響を与えれている事実と自覚があるかは1つの尺度ではないかなとは思います。結論なにが言いたいかと言いますと、サッカー上手い下手関係なくもっともっと部活動を楽しめるし成長のための何かを搾り取れることを認識してほしいんです!幹部だけが味わえる良さにしとくのはもったいない。ノースアジア戦の後の快楽と言ったらもう……あんな気持ちを得られる瞬間が僕には今シーズンのみしか残っていないのに対して後輩にはあと何年かチャンスがあることがとてつもなく羨ましいので伝えておきました。

 

もう既に長いんですが、もう1つだけ笑   50人の集団がまとまることの難しさについてです!

みなさんはチームが全員1人も残らず意識高くまとまる瞬間はあると思いますか?僕はほぼ無いなと思います。何だこいつと思う人もいるとは思いますが少し考えてください。1年365日あれば意識を上げること下げることありますよね?例えば彼女が出来るもしくはフラれる、身内に幸せがあるもしくは不幸がある、怪我をするもしくは治る……上げ始めればキリがありませんね。個人で見てもキリが無いのに、50人に対して考えたら意識が下がる要素を抱えた人が1人もいない集団なんて奇妙ですよね。また、アメフトやラクロスとかと違ってほぼ全員が色んなサッカーを経験してきてそれなりのプライドと持論をもった個人の意見がぶつかるのは普通の事でしょう。じゃ集団がまとまることは不可能かと言えばそうでは無いと思います。古典力学と量子力学で違うように個人と集団それぞれに扱い方があると思います。マクロの集団を意識高くまとめ上げるのは幹部の腕の見せ所。ただミクロの個人の意識を少しでも上げたりするのはそれまた他のミクロの部員なきがしますね。友達同学年としであったり先輩としてであったり、その時々に意識高いやつが引っ張ってあげることを繰り返すと集団の意識の総和は増えますよね。

まぁ難しいのは意識高い時は自分の意識が下がることなんて一切考えないことと自分が一番意識高いと思いがちな事、意識低い時はその自覚を持てないことですかね。自分にもMaxで意識高い時より下がる時は来るしそれはしょうがない事と認めて、そーなった時に他の人の意見を素直に聞ける心を持てればとても素敵ですね。もしこの文を読んで、全員意識高くいるべきで低い奴なんて1人もいてはダメだと思う人は今とても充実していて中心の人だと思うので存分に引っ張ってください。まぁどう解釈されてもいいですが意識低い事を肯定して支持していると誤解されない事だけを願います。止むを得ずその層が常に一定数確実にいる事を無視せず認める事はチームとして大切だと思うだけです。

 

 

さて来週から公式戦が始まります。チームとしても個人としても真価が問われると思います。今シーズン一部のチーム相手に戦えるのか、一年で落ちたらどーしようなど不安に感じてしまう人もいるかもしれませんね。   そもそも人間は虚構を信じたり想像できる点が他の動物とは異なるらしいので人間らしく未来を想像するなら明るい未来だけを想像していきましょう!ちなみに僕は一切の心配はしていません。根拠といたしましては昨シーズン自分が下した決断で唯一の大成功を収めたのは、こうたを副キャプテンにした事だと確信しているからです。全幅の信頼をおいているこうたを最高学年の中心としてサポートしていきたいものですね。

めちゃくちゃ長々と駄文失礼しました。来週は色黒後輩から怖がられるでおなじみ堀山君が後輩に思っていることでも書いてくれると期待してお願いします。

 

 

 

あっという間に…

皆さんこんにちは‼︎工学部化学バイオ工学科3年の石川湧己です。ブログの更新が遅くなってしまい申し訳ありません。

練習試合が行われましたので結果を報告します。

VS 福島大学

45min×3   1-1 1-0 1-0

VS 富士大学

45min×4   1-0 0-1 2-0 0-4

覚えている限りなので間違いがあった場合はすみません。東北1部リーグの大学と練習試合をすることが出来たのでよかったと思います。今回の練習試合で通用した部分と悪かった部分を認識して、最初の公式戦である天皇杯に向けて準備していきましょう。

あっという間にもう3月ですね。私たち3年生は最高学年になり、大学生活もあとわずか1年となってしまいました。ここまでの3年間いろいろありましたが本当に短かった…。最後の1年を悔いが残らないように過ごしていきたいと思います。そのために前回のブログでまきとくんからもありましたが、今年の目標は得点力を上げることです。シュートをたくさん打って得点を積み重ねていきたいと思います。サッカー面でも私生活の面でも積極性を大事にしていこうと考えています。何と言っても今年は東北1部リーグでリーグ戦を戦えます。全ての試合が厳しい戦いになると思いますが、みんなで力を合わせて、楽しんで頑張っていきましょう‼︎

ここからは私の趣味について少しだけ書きたいと思います。私は大学生になってから、サッカー以外に趣味という趣味はありませんでした。しかし、去年の4月に乃木坂46のアンダーライブに参加して、乃木坂46のファンになりました。こちらに関してはまだ1年も経ってないのかという感じです。あれだけアイドルが嫌いだった自分がここまでハマるとは…笑。今まで嫌いだった反動がきているんだよと皆んなから言われます。毎週日曜日の深夜に放送されている乃木坂46の冠番組が楽しみで仕方ありません。ライブもめちゃくちゃ行きたいです。さらには乃木坂の公式お兄ちゃんであるバナナマンさんも好きになってしまいました。もはやバナナマンのお二人の名前を呼び捨てには出来ません。1年前の自分では全く想像することが出来ない変わりようです。最近の乃木坂46の大きな話題といえば、先日の2月20日に1期生の橋本奈々未さんが卒業、さらには芸能界を引退してしまいました。これまで乃木坂を引っ張ってきたとても大きな存在であっただけに、かなりのショックを受けましたし、悲しいです。しかし、一般人に戻るということは、私たちが将来就職する会社に橋本さんがいるかもしれないということにもなります。夢がありますね。今就活真っ最中の3年生は、こんなことを楽しみにしながら就活頑張って欲しいです。また、乃木坂46の3期生が本格的に活動を始めました。個人的に注目しているのは久保史織里さんです。なんと宮城県出身です。是非ともこれから活躍して欲しいと思います。

これ以上書くとやばくなりそうなので終わりにします。次回のブログは、乃木坂46について教えてくれた前主将の高橋佳亮君にお願いしたいと思います。