報告

メリークリスマス!法学部一年の宗村光太郎です。早いもので2016年もあとわずかとなりました。僕は明日には帰省する予定なので、この一年仙台で経験したことをしみじみ思い返しながらブログを書きたいと思います。さて、まずは前回ブログを担当した菅野君に言われた通りクリスマスの報告からしたいと思います!一言でいうと、菅野君宅で鍋パーティーをしました!入学当初に想像していたクリスマスとは少し違いましたが、すっごく楽しくて、いい思い出になりました。クリぼっちにならなくて本当に良かったです(^^)v。まだクリスマス終了まで10時間あります!絶望を数字にしたような時間しか残されていませんが、世の中何が起こるか分かりません。35歳にして、突然現れた素敵な女性と契約結婚することだってあるんです!まだ楽しいクリスマスを過ごせていない方もあきらめないでください!

話は変わりますが、ここからはサッカーとマイブームの話をしたいと思います。まずはサッカーの話から。現在サッカー部は自主練期間を経て、1月15日までの本格的なオフ期間に突入しました。実家に帰省する方も多いと思います。正月はおせちやお餅などのおいしいものをたくさん食べることと思います。ゆっくり休んで心身ともにリフレッシュすることももちろんですが、過度な食事で太りすぎてしまわないようにすることが大切です。自主練期間で付けた筋肉を最低限維持できるようにしたいですね。また、あまりに長い間全く体を動かさないでいるとオフ明けにケガをしてしまうリスクが高まるので、風呂上がりにでもストレッチや体のケアを行いたいですね。

部活がないのであまりサッカーの話題がありません…ここからはマイブームの話をしたいと思います。それは将棋です!4月に買った将棋盤でひまな時にコンピューターと対戦しているのですが、毎回熱い戦いとなっています。でもやっぱり人と対戦するのが一番盛り上がりますね…以前坂元君、阿部君と対戦し、激闘の末に敗れてしまったので今度その雪辱を晴らしたいと思っています。正直僕はかなり弱いので、暇な人はぜひうちで対戦しましょう!

この辺で締めたいと思います。拙い文章でしたが読んでいただき、ありがとうございました。次回は深夜バイトで命を削って稼ぎまくっている、坂井響君にお願いしたいと思います。響よろしく~

感 動

どーも、経済学部1年の菅野隼也です。智行君からブスケツみたいだと最高の誉め言葉を頂きましたが、今は柴崎みたいって言われた方が嬉しいです。

決勝はほんと激アツでしたね!僕は一応鹿島ファンなので今年はチャンピオンシップから決勝まで本当に楽しませてもらいました。感謝です。オークランドシティに負けそうだったのがなつかしいです。来期から1部で戦う我々にも希望を与えてくれたのではないでしょうか。最近の鹿島の試合について語りたいとこですが、今週の活動報告的なことに移りましょう。

今週から自主練期間に入りましたが、みなさんどうお過ごしなんでしょうか?僕含めて多くの人がきついきついと言いながら取り組んでいるように思えます。みんなで一緒に筋トレなどをすることは僕のように高校時代まったく筋トレをしてなかった者からしたら正しい方法を教えてもらえるのでありがたいです。また、みんなでやるから厳しい筋トレにも耐えられるようにも感じます。残り回数は少ないですがみなさん頑張っていきましょう‼

あと、日曜日には1年生で部室の大掃除を実施しました。部室の汚さには改めて驚かされました。こんなゴミどっからでたんだって感じでした。みんなで力をあわせて(?)頑張りました。本当に大変でした。掃除後の部室の写真を撮ったんですが、投稿の仕方がわからないので、どんな様子かは自分の目で確認してください。

はい、そんでもってあと2つほど、書きたいことがあるので暇な人はお付き合いください。

1つは今シーズンの振り返りについて。
自分にとって今シーズンはほんとあっという間に終わってしまったと感じています。自分自身振り返ってみると、特に何も考えず、ただただサッカーをしているだけで終わってしまったように思えます。それについて今まで気にしたことはなかったんですが、秋季飲みで引退する先輩らの話を聞いて考えが変わりました。少し前の話なので記憶があいまいなんですが、サッカーに関しては後悔が残ったという話を聞いたと思います。その話が何か心に残ったので、なんでかなーって考えてみたら、きっと原因は、もし自分が今シーズンで引退したとしたら同じように後悔したからじゃないかと結論にいたりました。何言ってんのか理解できないかもしんないですが、自分自身でシーズンを振り返ってみると、自分のプレーに関して今までから成長を感じることはなく、今シーズンと今まで何も考えてこなかった自分にとても後悔が残りました。せっかくサッカーを真剣にやっているのに成長した点がないことは本当にもったいないと思います。自分がこれから成長していくためにはもっと色々考えることが必要だと最近よく思います。まとめると、自分自身としっかり向き合い、サッカーをより考えて行うことの重要性を、シーズンの最後に知ることができました。先輩たちには本当に感謝しています。来シーズンはこの経験を生かして、成長できるように頑張りたいと思います!

長々とすいません(-.-) 普段あんましゃべんない分この機会に自分の考えを表現しようとしたんですが、書くほうが難しいことに気がついたんでこれからは口を積極的に使いたいと思います。 

で、最後に、余談なんですが、先日初めて大久保君の家を訪問したことで、だいたいみんなの家を訪問したことになったので、1年生の家事情を評価、行ったことない家に関しては予想をしていきたいと思います。

大久保 ロフト付きな点はすばらしい、家具が少なくきれいな印象、ただ心霊スポットの八木山橋が近くにあるのが難点

坂元(予想) 忘れ物の多さからきっと、いや、確実に部屋が汚いであろう、部屋に何が置いてあるのか想像がつかず興味深い

そうた いつでも訪問できることが売りであったが最近はバイト・教習・体育会等で開いていないことも多い、マニアックな漫画やWOWOWで人を呼び寄せる

たいと 秘密基地感が強い、漫画・ゲーム・ゲーム実況等でワクワク感を与えてくれる、家にこもりたがる気持ちも納得、おいしい料理を頂けることもある

ちゅうそん(予想) そうたの家で彼の私物をよくみるので、家には物があるのか少し心配、得体の知れないものを家に隠しもっていそう

とら 顔にひけをとらない広くてゴージャスな家、トイレとキッチンが特にgood、来年引っ越してしまうのが残念

響 一人暮らしにはちょうどよい広さだと彼はいう、ETUの椿のユニフォームはうらやましい、得意のしょうが焼きをご馳走してくれる

みなと ホテルのような印象、最近はオシャレを意識した家具を増やそうとしている、個性的なものは特にないが、そこは家主のユーモアでカバーしている

むね 友だちが多くて定期的にホームパーティーを開くような人にはオススメの物件、家の所々に彼らしさを感じられとてもおもしろい

柳(予想) 絶対にきれいだろうと思わせつつ実は汚いことを期待、音楽がかかってそう、泉練の後にいきたい

この辺で締めさせて頂きたいと思います(^-^)v
そんでもって次回は、来週の土日がクリスマスということもあり、きっと色々忙しいであろう宗村君にクリスマス🎄🎅の報告をしてもらいたいです。
宗村、よろしく✌

サッカーとドッペルゲンガーの話

どうも、経済学部一年の坂元智行です。
今回はタイトルにもあるとおり、サッカーとドッペルゲンガーの話をしたいと思います。まずはサッカーの話から。

12月10日 練習試合 vs東北学院大学
新体制になってから初の試合ということで、一部で戦うための戦術を初めて実践で試す機会になりました。慣れないポジションをやる人も多い中、チーム全体としては内容も結果も悪くなく、一部での戦い方が少し見えたのではないかと思います。しかし、やはり課題も多く残り、冬の自主練習期間の体力面や筋力面のトレーニングを意欲的にする必要があるなと感じました。頑張ってトレーニングしましょう!

12月11日 学年別対抗戦
学年別対抗戦は想像以上にどの学年もガチでやっていて驚きました。やはり勝負事はガチでやるからこそ面白く、盛り上がるものだと実感しました。表彰式では学年別に賞品がもらえるのですが、僕達一年は便利グッズみたいな物をもらいました。嬉しかったです。今年はこの道具を使って一年を締めたいと思います。

サッカーについてはこのぐらいにして、次はドッペルゲンガーに関する少し怖い話をしたいと思います。僕が実際にドッペルゲンガーに会った話です。
それは一ヶ月ほど前のことでした。雨が降っていて、時間に余裕もあったので、久しぶりに地下鉄で登校していました。地下鉄に乗っているとどこからか視線を感じ、やだなぁー、怖いなぁーと思いながら顔をあげました。するとそこには自分と瓜二つの顔をしたドッペルゲンガーがいたのです。まるで鏡を見ているかのようにそっくりな容姿はもちろんですが、それ以上に彼がじっとこっちを見つめていたのが死ぬほど怖かったです。その日は他になにもなく終わったのですが、本当の恐怖はそこからでした。というのも、その日以降様々な災難が僕の身に襲いかかるようになったのです。具体的に言うと、風邪をひいたり、足首にひびが入ったりというようなものです。ドッペルゲンガーは見ると死ぬと言われているので、そのせいではないかと思わざるを得ません。非常に怖いです。
ネットで調べてみると、ドッペルゲンガーを見ると死ぬと言われているのは、ドッペルゲンガーを見た恐怖で精神的に追い込まれてしまうから、らしいです。そこで、この場を借りて一言、ドッペルゲンガーに言いたいと思います。

おい、俺のドッペルゲンガー、見てるか
俺はお前なんか怖くないんだからな、俺はお前に負けないぞ

次はそろそろ宇高を挟んどきたいので、同じ経済学部の、ブスケツみたいなプレーが得意な菅野くんにお願いしたいと思います。

ありがちなゲーム紹介記事

こんにちは。工学部化学バイオ工学科1年の大久保一輝です。ブログは2年生になってから書くものだと思い込んでいたので、こんなにも早く自分に回ってきて、正直戸惑っています。けれどもこのブログを書くことによって自分も正式にサッカー部の一員になれた感じがして嬉しくも思います。

さて、このブログはサッカー部のブログなのでその活動について書くのは当然ではありますが、シーズンオフに近づいていることもあり、特に変わったことがありませんでした。敢えてあげるとするならば、一年生は水曜日にiリーグの全国大会の主幹をしました。全国の強豪校の試合を間近で見ることができ、とても良い機会であったと思います。

この大会、利府町のめぐみ野サッカー場で開催されたので免許の持っていない僕は、行くだけでも大変です(片道20kmの道程を自転車で行きました)。早く免許を取らなければとは思っているのですが、11月29日にそれを大いに阻むものが発売されてしまいました。それは “FINAL FANTASY XV”です。主人公であるルシス王国の王子、ノクティスは敵国であるニフルハイム帝国を倒すため、3人のお供と共に力を手に入れる旅に出る…。今作はナンバリングタイトル初のオープンワールドが採用されており、超美麗グラフィックで描かれる広大なフィールドには思わず息を呑みます。また戦闘システムはFFの代名詞であるATBシステムが採用されておらず、アクション要素が強いアクションRPGとなっております。ですので、RPGは苦手なんだよねーっていう人にもオススメです。発表から10年の時を経て発売されたFF15。製作者の本気が感じられる良作、いや、神作です。ps4を持っている方は是非やってみてくださいね。

ちなみに主人公が着ているジャケットは実際に「Roen」というブランドがデザインして販売しています。お値段は162000円でお高いですがかっこいいので、ダサい、イカトンと呼ばれる方は買ってみてはどうでしょうか?笑

というわけで次回は僕の家によくゲームをしに来て、かつファッションに全く興味の無い坂元くんにお願いしたいと思います。