おめでとうありがとう一部昇格(^^)

こんにちは!マネージャーの作山愛美です!(前回、最近必死にリフティングの練習をしていると紹介を受けましたが、やはり自分は腕を使うスポーツの方が向いてると悟ったので諦めました。どなたかテニスをしたいとふと思った方がいましたら、ぜひ私を誘ってください_(._.)_)

まず最初に、土曜日と日曜日に行われた試合の結果についてです!

◆東北地区大学サッカーリーグ一部入れ替        参入戦 VSノースアジア大学

3-2(得点者:門脇、柴田、堀込)

→これにより一部昇格が決まりました(^o^)

◆アイリーグ第12節 VS八戸学院大学

2-3(得点者:河村、加藤)

今回、私たち学友会サッカー部がブロック全勝優勝&一部昇格できたのは、自分たちの力だけでなく、応援してくださった方々、練習試合を組んでくださったりなど色々な面で協力してくださった方々のおかげでもあります。本当にありがとうございました。

日曜日のアイリーグをもって今年の試合は全て終わり、4年生と3年生の特に文系の先輩方が引退してしまいます。引退する先輩方の最後の試合が土曜日の入れ替戦、日曜日のアイリーグとそれぞれ個人で違いますが、結果はどうあれ、今まで3、4年間頑張ってきたことはいずれ何かの役に立つと思いますし、それに大学生活の中でサッカーに打ち込んできたことは自信にもなると思います。引退しても学友会サッカー部を応援していただきたいし、時間があったら、ぜひまた練習に来て下さい!

また、今まで一緒に切磋琢磨しながら練習してきた仲間が引退して次の練習から来なくなると思うと、私もプレーヤーもすごく寂しいですし、首脳陣も来週から新体制となり、今までとは違う雰囲気ややり方に戸惑う所もあるかもしれませんが、気持ちを早く切り替え、来年を見据えて、この試合のない間に自分の苦手を克服したり走り込みをしたり、基礎を固めたりなど、できることはいっぱいあると思うのでみんなで頑張っていきましょう!

最後に個人的な話をしたいと思います!

私は岩手出身なので寒さには強い方だとは思うのですが、一週間前に早くもこたつを解禁しました。やっぱりこたつがあるとダメですね。ベッドから枕とクッションを移動させてこの3日間くらいこたつで寝てる気がします。健康に非常に悪いことは十分承知していますが、ベッドに入って布団の中が温まるまでの時間が私には耐えられません。でも、女子力は生活習慣から!とも言いますので今日からベッドにカムバックして大人な女性を目指して生活していきたいと思います。

次はバイク姿、特にフルフェイスのヘルメットから見える目がかっこいい藤本洸太くんにお願いしたいと思います!(洸太くん、一年間副キャプテンお疲れ様でした✨)

拙い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

全勝‼︎

お疲れ様です。
工学部 化学・バイオ工学科 2年 河村一朗です。

では、先日の試合結果から報告いたします。

【秋季リーグ第9節】vs 東北大学医学 1-0
得点者: 柴田

自分達がボールを保持している時間が続いたものの、なかなかシュートに繋がらず、精神的に厳しい試合展開となりました。
しかし、試合終盤、蒔人さんのクロスに柴田さんがヘディングで合わせ、待望の1点が生まれました。

去年のリーグ戦では、手に汗握る接戦の末、引き分けや惜敗という形が多く、残念ながらリーグ昇格を逃しましたが、最近はどんなに競った試合展開でも勝ちきれるようになり、私もチームの成長を肌で実感しております。

今までチームを支えてくださった数多くの方々、お陰様で、ブロック全勝優勝を果たすことができました。本当にありがとうございました。残すは入れ替え戦です。今期最終戦も皆様の声援を力に頑張りますので、引き続き応援していただけると幸いです。

それと、なおひろくん、先日は最高のアシストを無駄にしてしまいすみませんでした。来週は点取ります。

真面目な文章はこれくらいにして、雑談に移ります。
今年度も半分が過ぎました。光陰矢の如しですね。そろそろ新一年生の実態が明らかになってきたので、私の独断と偏見によるコメントを添えて紹介をしたいと思います。
大久保 一輝
プレイの節々にセンスを感じるMF。最初、異様に無口だった印象があり少し心配だったが、今では皆と一緒に普通に話してるので安心した。

菅野 隼也
燻銀なトラップに渋いキラーパスを持った男。
私と似ているとかで、一時期「一朗の弟」と言われていた。
菅野、ごめんね。

坂井 響
情熱あふれるFW。前線からプレッシャーをかける時の威圧感が半端無い。あのIリーグで得点王(東北大学サッカー部内で)という得点力のある選手。

坂元 智行
ダブルタッチ、股抜きと足技に長けたボランチ。仙台一高出身であるため、仙台二高出身の先輩達に一目置かれている。

鈴木 港斗
強襲の一手を生み出すボランチ。当初は宇高衆を率いていたものの、最近は一年生全体をも支配下に入れ始めたらしい。

中村健太郎
東北大学には珍しい、西日本出身のMF。人好きで、同期にも先輩にもよく絡む。

中村 颯汰
とりあえず走る。来たボールは絶対追う。少年のように楽しくプレイするMF。

三輪 泰斗
フィードボールのキープや高身長から繰り出すヘディングが印象的なFW。しかし、プレイ中の安定感とは裏腹に、普段は基本的に不敵な笑みを浮かべている。

宗村 光太郎
体を張った守備が魅力のDF。大人しそうな見た目とは逆に、一年生の中では「こいつが一番やばい」と言われている。何がどうやばいのかは一年生に聞いて下さい。

柳 将陽
ポストプレー等、ゲームメイクができるFW。サッカーも日常生活も堅実な男。

山内 虎之輔
龍太郎も認めるイケメンディフェンダー。海城高校出身。尊敬する先輩は輝さんらしい。扇、どんまい。
他にも色々紹介したい内容はあるのですが、そろそろやめておきます。
来週は、最近必死にリフティングの練習をしている作山愛美さんにお願いしたいと思います。
拙い文章ですが、読んでいただきありがとうございました。

ブロック優勝!!!

お疲れ様です、石橋くんから適当な紹介を受けました相樂です。

まず、試合結果から報告いたします!

 

【秋季リーグ第8節】vs 山形大学  3-0

得点者:櫻田、堀込(2)

ブロック優勝をかけての山形大学との一戦。昨年の秋季最終節、今期の大臣杯のリベンジを果たす機会でもありました。そんな中で3得点、無失点での勝利は全勝優勝で一部昇格にぐんと近づけてくれたと思います。得点後に抱き合ったり、ハイタッチしたりしてチーム全員が喜んでいるとき、「あっ、今俺青春してるわ」って思いました。

【iリーグ第11節】vs東北学院大学SC 0-4

無得点で4失点。惨敗でした。なぜ点が入らないのか、なぜ失点してしまうのかは出場したメンバー各々が反省して修正していきましょう。

Iリーグでは、正直負けている時間帯がほとんどだと思います。負けている時ってチームの雰囲気が良くなかったり、チャレンジのリスクばかり考えがちになってしまったりします。そういう状況で、試合での課題を見失わずプレーをやりきることだったり、同サイドのこいつだけには負けないという気持ちだったりを意識しておきたいですね。

 

さて、ここからは個人的ブームについて書いていきます。そんなのどうでもいいよという方、お時間がない方はレポート書くなり、アニメ見るなり、Youtube視聴することをオススメします。

 

僕がはまっているのは、いや今真剣に取り組んでいるのは‘遊戯王’です。

ここで、「オタクやん」とか「いかとんかよ」とか思った方、その時点で僕とは分かり合えない運命なのかもしれません。本当に残念です、僕と分かり得ないことがではありません、遊戯王に出会えなかった、又は遊戯王と分かり得なかったあなたがです。遊戯王は勝利した時の喜び、負けたときの悔しさ、みるみる減っていくお金、全力でぶつかり合う決闘を経てできた戦友たちとの絆、挙げればきりがありませんがたくさんのものを与えてくれるのです。いわば遊戯王とは、人生の縮図であります。

現在、僕の周辺には決闘者が僕含め4人います。そして、週に1~2回僕の家が決闘場となり熱い決闘が繰り広げられています。非常に充実はしているのですが、石橋くんも悩みがあったように僕にも一つだけ悩みがあるんです。それは、大学で僕以外の3人の決闘者が決闘をしてくれないことです。彼らは社会的な目を気にしてしまっているのです。確かに大学まできて決闘してるとか、普通にきもいんですけど、その視線すらものともしないくらいの覚悟と誇りをもって欲しいものです。

まだまだ、遊戯王については書き足りないのですがそろそろ読み手の時間を奪うだけでなく、不快にさせてしまうかもしれないのでここでやめておきます。遊戯王やんないとか残念です的な発言は撤回し、謝罪いたします。

次週は、堅実で頼りになる男(妹からめちゃめちゃ慕われている)、河村一郎にお願いしたいと思います。ここまで読んでいただき有り難うございました!

 

 

悩み

こんばんは!

最近寒さが増してきましたね。体調管理には気をつけていきましょう。

工学部2年石橋です。

試合結果です。

10月9日  Iリーグ VS 富士大学  0-7

前線にボールが収まらず守備の時間が長くなり大量失点という結果になりました。技術面の差を痛感させられました。

 

10月10日 秋季リーグ VS 宮教 2-0

宮教のパス回しが上手く攻め込まれるシーンもありましたが、最終ラインでしっかり止められ、セカンドボールも上手く拾えていました。攻撃では堀込さんの技術の高いシュートで2-0と快勝できました!

 

さて、話は変わって

みなさんは悩み事がありますか?

それは人間生きていく中で悩みがないことなんてありませんよね。大小、軽重、悩みを抱えていると思います。

 

僕の数ある悩みの種の一角を担うのは、

 

親指です。。

image

ご覧の通り一般的な親指と比べてとてもワイドなのです。そして縦に短い。

この指で苦労する事は多々あります。

まずスマートフォンです。

押したいところが押せません

幅が広いのでタッチしたいところと違うところが反応してしまうのです。

 

ですがそんなことよりももっと厄介なことがあります。

 

そう、ボーリングです。。

穴に指が入らない事態が起きてしまいます

小さい頃、周りの友達とは別次元の重さのボールしか指が入りませんでした。

投げる度にすれて痛い重いをしました。

 

昔はあだ名が親指になってしまうんじゃないかとこのことを隠していましたが、今となっては笑い話です。

 

さて、とてもまとまりのない文章になってしまいましたが言いたかったことはこの一言です。

チーム一丸となって

悩みも試合も、かいしょうしましょう!

 

次回はクセ毛とふくろはぎが魅力的な相良君にお願いします。

 

 

もう10月かぁ

こんばんは。仙台の街中にも金木犀の香りが漂い、過ごしやすい気温となってきましたね。銀杏の匂いさえも愛おしく思える素敵な季節、皆さまいかがお過ごしでしょうか。文学部2年の駒形です。文学部らしい書き出しを試みましたがいまいちでした。反省しています。あと最近練習後についつい一口カツ定食を食べにどん屋に行ってしまうことも反省しています。ジュビロ磐田についてですが今週末の新潟戦に敗れたことで完全に残留争いに巻き込まれました。残る相手は名古屋、浦和、仙台・・・。どうなってしまうのか心配でなりません。。。一年での降格はなんとしても避けてほしいところです。

 

今週の試合の結果をお伝えします。

【9/28 練習試合】
VS 仙台二高 3-0 得点者:鈴木彰、佐久間、三橋
相手は高校生でやりづらさもあったと思いますが、しっかり勝ち切ることができてよかったと思います。三橋君はもう少しゴールの後喜んでもいいのではないでしょうか。

【10/1 秋季リーグ第6節】
VS 東北工業大学 7-0 得点者:石川(湧)、柴田2、石橋、藤本、櫻田、坂元
怪我や体調不良による主力メンバーの欠場という不安材料もありましたが、初スタメンや初出場の選手もゴールを決め、守備でも久々に無失点に抑えるなど満足のいく結果となりました。

ブロックの残り3試合の対戦相手は山形大、宮城教育大、東北大医学部です。3チームとも去年の秋季リーグでは勝利できなかったので、リベンジのつもりで頑張りましょう。

さて、明日から東北大の後期セメスターが始まります(もう始まっている学部もあったようですが・・・)。つまり夏休みが終わってしまうということなんですよね。悲しいです。この夏休み、北大定期戦に始まり、波崎遠征、泉練、秋季リーグ開幕、というように部活中心の日々を送ってきました。個人としてもチームとしてもレベルアップできる場がたくさんありましたが、本当にできたのでしょうか。チームは秋季では苦しい試合でもきっちりと勝利をつかめていますし、Iリーグでも前期よりは試合らしい試合ができているように思います。それは意識高く厳しく取り組んできた成果だと思うのでいいことですね。僕個人としては、秋季リーグの序盤は登録メンバー20人に選ばれていましたが、最近の試合ではベンチ外となることが多くなっています。原因は自分の力不足が一番だと思うので、気合を入れなおさないといけません。また、これまでの試合で何度か出場するチャンスがありながらも、それを生かすことができなかった悔しさもあります。再びチャンスをもらえるように、そして今度はそれを生かせるように、これからの練習を頑張っていきたいです。秋季も残りわずかですが、これからはチームの雰囲気もこれまで以上に重要になってくると思うので全員でチームを勝たせるんだという気持ちが持てるといいと思います。絶対昇格しましょう。

たまにはこういうのもいいと思って真面目に書いてきましたが疲れたのでそろそろキングオブコントでも観ようと思います。次回のブログは公式戦デビューからおそらく最速となるゴールを決めた石橋君にお願いしたいと思います。