野球

まず試合結果です。

秋季リーグ   対山形大学医学部  ●2-3

アイリーグ   対FC SENDAI  ●0-3

秋季リーグは残念な結果だったので次は勝ちたいです。

では本題に入ります。今日はとりあえず野球について書きます。前回は田宮くんがJリーグについて書いていましたが、私は子供の頃からJリーグにはあまり興味がありませんでした。むしろプロ野球が好きでした。というのも、私の家庭は飲む方のヤクルトと密接な関係があるからであり、私の家庭は八割ヤクルトで成り立っているからです。それ故、私は生まれながらにしてヤクルトスワローズのファンでした。家に選手のサインがいっぱいあります。古田とか宮本とか稲葉とかラミレスとか青木とかのサインがあります。うちではよくテレビの前で応援していました。神宮球場にも一度行きました。それは14年前のこと。ヤクルトが近鉄を破り日本一になった日本シリーズを見に行きました。毎日応援していたチームが日本一になり、とても誇らしく思いました。しかし、それからというもの、ヤクルトは低迷します。日本シリーズの舞台からは次第に遠ざかり、「はたして私が死ぬまでに優勝するのだろうか?」と思うほど期待がもてないシーズンが続きました。そんな時間が10年以上も続いて、今年やっとリーグ優勝のチャンスが巡ってきました。最後は憎き巨人に打ち勝ち最高の喜びを私たちにあたえてくれました。正直死ぬまでないだろうと思っていたことが自分が20歳の年で起こってしまい、戸惑いを隠せずにいます。しかし、今年の選手を見ると「これなら優勝してもおかしくないな。」と納得させてくれます。そこでこれから私の愛するヤクルトスワローズの選手たちを紹介していきます。

1人目は館山昌平です。三村マサカズ似のイケメンで元々はヤクルトのエースでしたが、度重なる大怪我で手術を繰り返し、ここ数年は試合に出れていませんでした。挙げ句の果てにトミージョン手術を一回すると星が一個増える「トミージョンTシャツ」というロクでもない物を投手陣に配り始め、この人は復帰する気があるのか?と思っていましたが、今年完全復活を果たし、不安定なヤクルト先発陣に安定をもたらしてくれました。image

2人目はバレンティンです。何年か前に王貞治さんを抜いて1シーズン歴代最多本塁打を記録して話題になりましたが、怪我で長期離脱したり、妻ともめたり大変なことがありました。今シーズン終盤に帰ってきて、今もスタメンで頑張ってます。いつも陽気でかわいいです。守備が苦手なのもかわいいです。image

最後にオンドルセフとバーネットを紹介します。オンドルセフは中継ぎでバーネットは抑えなんですが、彼らまでつなげるとまずうたれません。どっちも引くぐらいヤバイピッチャーです。そして私が何よりも伝えたいのが、この二人…顔が同じです。image

ということでみなさんも日本シリーズはヤクルト応援してくださいね!

次はしつけのなってないワンちゃんみたいな藤本こうた君にお願いします。最後まで読んでいただきありがとうございます(・ω・)ノ

 

アントラーズ嫌い

こんにちは。櫻田尚大君から奇抜な紹介を頂きました、法学部1年の田宮です。

最初に訂正しますが、前回のブログで、まるで私だけホモかのように書かれていましたが、実際のところ、二高出身者のほとんどがホモです。8割ホモです。

冗談はさておき、今週の試合結果をお伝いします。

秋季リーグ   対宮城教育大  0-0

アイリーグ  対仙台大A2  0-8

クラブリーグ  対茂庭台FC  7-1

各々のチームでの課題・改善点が見つかったと思うので、残り数節、結果を残せるように、日々の練習に活かしていきましょう。

ここからは雑感ですが、皆さんは応援しているクラブはあったりしますか?ちなみに、私は幼い頃埼玉に住んでいたということもあり、大の浦和レッズファンです。1年生には鹿島、柏、新潟、磐田、大宮と様々なクラブのファンがいて、改めてレッズへの他チームからの嫌悪を感じています。そこで、プロのプレーを観てみると、華麗なテクニックに魅惑されると同時に、自身のプレーの参考になったりします。サッカーをするだけでなく、客観的に見ることも上達の1つの方法だと思うので、上手くいかないときは、プロのプレーを見てみたらいかがでしょうか?

ちなみに最近のオススメ選手はサガン鳥栖の鎌田大地選手です。プレーの創造性が豊かで、観る人を飽きさせません。

たいへん薄い内容でしたが、今回はこのような感じで終わりたいと思います。次回は高い得点力と多数の遅刻歴で知られる加藤龍太郎君にお願いしたいと思います。

とにかく明るい後藤翼

こんにちは、法学部一年のレオこと佐久間遼です。

まずは、試合結果から報告します。

10/3 秋季リーグ 対尚絅学院大 17-0 勝ち

10/4 秋季リーグ 対東北大学医学部 2-2 引き分け

二連戦を終え、リーグ戦も終盤に差し掛かります。一試合ずつ乗り切り最後に笑ってシーズンを終えましょう!!

さて、先週の誠一郎さんより一年みんな?が紹介を受けたんですが、実は誠一郎さんが一番気に入りそうなやつが抜けていたので、自分が紹介します。そいつはこちら!

IMG_1339

工学部の後藤翼です。裏へ飛び出すスピードと、足元の技術が武器のゴール前の狩人。そして何がいいって見てください、この写真いっぱいから伝わる明るさ!! この明るい自撮り写真、佐久間のiPhoneに相当連写されているらしく、軽く100枚は入っています… 肩の脱臼の手術を終え、この男今週中には戦線に復帰するべく部活へと戻ってくるそうです。こうご期待!!

そして、誠一郎さんからは二つほど宿題をもらいまして、一つ目のアメリカ帰りのTSUTAYA店員がお送りする海外ドラマの紹介へとまいりましょう!

一本目は「ホワイトカラー」

WHITE COLLAR -- Season:4 -- Pictured: Matt Bomer as Neal Caffrey -- Photo by: Robert Ascroft/USA Network

天才詐欺師が恋人のために司法取引を行い刑務所から出所。ただ、FBIからの監視付きと捜査チームへの全面協力が条件。極悪犯たちを犯罪者の視点から次々お縄へ。ニューヨークを舞台にした爽快なサスペンスアクション。

二本目は知ってる人も多いはずの「フレンズ」

images

当時アメリカ一番の人気を誇り、最後のシーズンでは主役六人のギャラが一本30分で数百万円とも言われた。ニューヨークを舞台に少しずつ変わった六人の日常を描くコメディ。90年代のドラマで少し古いが、一話30分、かつあまり難しくない会話が英語学習に最適なドラマ。

そして一押しは、「ザ・ホワイトハウス(原題:The West Wing)」

ダウンロード (3)

テレビのアカデミー賞、エミー賞の作品賞を初めて四年連続で受賞した政治ドラマ。元ホワイトハウススタッフの協力で忠実に再現されたセットで、世界一多忙といわれる合衆国大統領とその側近たちの波乱万丈な世界を描く。きっとこうあるべき政治の姿を、選挙離れした今の学生に教えてくれる至極の一本。

というわけで、三本いかがだったでしょうか? ゲームオブスローン等の最新ドラマや24などの有名どころは雑誌等で見る機会があると思うので、少し古めでかつ完結しているものを選んでみました。上の二本はTSUTAYA八幡店でレンタル可能、最後の一本は佐久間に言ってくれればDVDを全シリーズ貸出可能です。英語学習の一番の肝はリスニングです。センター試験前に死に物狂いでやったまったく役に立たないCD聞くよりも自分が気に入ったドラマを一本見てしまう方がよっぽどためになります。上から目線みたいで恐縮ですが、必ず役に立ちます!!

というわけで、すごく長くなってしまって申し訳ないです。二つ目の宿題の動画はこの後の一年生のブログの記事中に必ずあげます。それまでは話題のサクマチャンネルの動画をご覧ください。それでは、次は東北大の右サイドを支える一年工学部の櫻田尚大君にお願いしたいと思います。