サッカー部のアイドル、あゆみちゃん

こんにちは、某大手企業から内々定をいただいた4年の高橋誠一郎です。

最初にこの場を借りて、サッカー部のみんなにお礼を言いたいと思います。

就活を終えて、突然泉練から練習に参加しだした僕を、嫌な顔ひとつせずに温かく迎え入れてくれてありがとうございます!これからもよろしく!

というわけで本題に入ります。

先週末の試合の報告です。

秋季リーグ  勝ち。

このまま全勝で終われるよう、気を抜かないで頑張りましょう。

iリーグ  惜敗

惜しかったですね。次は勝てるように頑張りましょう。

クラブリーグ  圧勝

やはり試合も就活も圧勝するに限りますね。昇格までマジック1のヤクルト状態だそうです。気を抜かずに頑張りましょう。ヤクルト、頑張れ。

次に去年から参加し始めたクラブリーグのことです。

噂によると来年からはクラブリーグには参加しなくなるかもしれないそうです。少し残念です。

私たち東北FCは現在はまだ仙台市のリーグに所属するに留まっていますが、社会人リーグは昇格し続けるとJFL,J2,J1へと繋がっていく夢のあるものなんです!(昇格するのに規定はあると思いますが)

こんなことを書いていると去年、角田譲さんをはじめとする1学年上の先輩たちと編み出した、バイエルンミュンヘンの倒し方を思い出したので書きたいと思います。ちなみにここからしばらくはかなりバカバカしい話なので、多忙な方は読み飛ばしてください。

去年、評定での練習を終えた僕と先輩たちは、社会人リーグでJ1まで昇格し、アジアチャンピオンズリーグで優勝してクラブW杯で当時世界一のチームであったバイエルンミュンヘンと戦う妄想をしていました。

戦術を討論した結果、CBのダンテはあまり足が速くなさそうなので、譲さんのスピードで抜き去る。SBのラームはベテランなのでいっくんこと渡辺郁海や怪獣まきとのスピードにはついてこられない。シュバインシュタイガーとの中盤でのバトルも國分ならば華麗なテクニックで勝利を収めることができるだろう。そしてゲッツェは僕が自由にさせないのでここも勝利。そして最大の問題はバイエルンのストロングポイント、ロッベンとリベリの両サイドをどう対処するかでした。しかしここも澤村さんと高橋佳亮のフィジカルディフェンスによって完全に抑えることが出来ます。監督のグアルディオラにコーチ鈴木翔太が戦術論でも毛髪量でもわずかながら勝っているため、バイエルンに2-1ぐらいで勝てるんじゃないかという妄想話を部室で2時間近くしていました。

このブログを見ているバイエルンミュンヘン関係者の皆様、大変失礼いたしました。ご無礼をお許しください。

話がそれ続け、一周して元のレールに乗ったところで話を戻したいと思います。とにかく皆さんこれからもサッカーを楽しみましょう!

続いて部員紹介に名前しか記載されていなかったので、最近一緒にプレーをする機会が多い1年生を、僕の独断と偏見をもって紹介していきたいと思います。

飯岡大暉  よっけに似ている。小さいけどめちゃ上手い。ナイスガイ。

櫻田尚大  私立大学にいそうな顔をした選手。同級生に敬語を使われている東北大学サッカー部には珍しいタイプの浪人生。東北大学サッカー部には一学年に一人は必ずいるというあの特徴を備えた選手の1年生代表候補。

藤本洸太   口もプレーも達者な選手。体は小さいがフィジカルが強い。あとゲジ眉。

田宮遼太  背が高く、足元の技術も高いMF。マンチェスターCのシルバのレプリカユニフォームを着ているがあまり似合ってない。お前はどっちかと言うとヤヤ・トゥーレだろ!

早坂裕真  多くのポジションをこなすことが出来る器用な選手。かなり親父くさいらしい。

扇隆介  堀山の高校の後輩と言われるとかなり納得できるディフェンダー。高橋の僕からすると扇という苗字はかっこよくてかなり羨ましい。

三橋孝平  第一印象は4年の富澤啓に似てる。早く怪我を治して練習に来てくれ!

佐久間遼  八幡TSUTAYAでバイトをしてるらしい。あまり会いたくないけど。あとユーチューバーらしい。あまり動画は見たくないけど。

駒形舜  ゲームの時に毎回同じチームだったため一番最初に名前を覚えた1年生。テクニックがあるのでいつも僕のカバーをしてくれる。あとなにげにもてそう。

河村一朗  ボールをキープでき、かなり頼りになるフォワード。スラムダンクで言うと牧みたいな感じ。でっかくてうまいんです。

加藤龍太郎  4年上田淳基を彷彿させる、かなり積極的なフォワード。点を取ってくれるので、ゲームで同じチームになるとかなり嬉しい。リア充の匂いがプンプンするのも淳基と似ている。

相楽翔  天然パーマと上手な縦パスのもらい方が2年のセルを思い出させるフォワード。僕が佐久間のことを笑っているのは大体こいつと話してる時。

豊田ゆういちろう(漢字がわかりませんでした、ごめん) 鋭い縦パスと激しいディフェンスがストロングポイントの高身長ディフェンダー。川越高校の先輩の戸澤と並ぶとどっちが先輩だかわからないぐらいのキャプテン顔。

水野くん(本当にごめん)柔道部からやってきたSGGK。柔道部時代には素人ながら黒帯の選手をなぎ倒したらしい。ラグビーからゴールキックのコツを得たということを、きいていないのに熱く語ってくれた。

作山愛美  天使のスマイルを持つ部唯一のマネージャー。みんなもっと彼女を手伝いましょう。

こんな感じです。書き忘れてしまった人、ごめんなさい。

最後に、今回のブログのタイトルですが、意味は全くありません。

なでしこJAPANの川澄選手がブログのタイトルを「鮫島彩」にしたところ、閲覧数が爆発的に増えたそうなので真似してみただけです。皆さんまんまとひっかかってくれたでしょうか。

あと4年生のみんな、部活を引退したら、途中で部を離れた人も含めて全員で卒業旅行に行きましょう!

image

最近、英語の勉強のために海外ドラマを見始めたのですが、ストーリーはとても面白くハマっているのですが、字幕を読み続けるのが面倒になってきたので、吹き替えで見ようかなという本末転倒な考えに至っています。

ということで次回のブログでは八幡TSUTAYAで働いている1年佐久間にオススメの海外ドラマを教えてもらいたいと思います。あと、自分の動画で一番自信があるものを見せてください!

Chromecast

3年冨田です.

現在サッカー部は主要な大会である秋季リーグを中心として,他にはIリーグ,クラブリーグを戦っています.前々回の東北工業大学に対する秋季リーグは14-1で勝利しました.この試合は他の大学との得失点との兼ね合いもあり,勝利はもちろん大量得点をすることが必要となっていたため,まずは大差で勝てたことはよかったと思います.ただ,不運な形でカードをもらったり,不用意なミスにより失点してしまったことは今後の課題だと感じました.今後は一戦一戦しっかり勝ち切り,日程が進んだ後の試合を見据え,怪我や戦い方について改めて考える必要があると感じます.

また先日行われた日本大学工学部戦は7-2で勝利しました.内容をより高めて,一試合ずつ勝ちましょう.

試合が多くあることから,部員は原付を使用して移動することが多いと思います.3年の佐藤が怪我をしてしまったこともあり,より一層交通法規を守り,自らの安全を確保しましょう.

 

以下は雑感です.とても長いです. 続きを読む

セブンイレブン

4年の永井です。
直近の試合、最近の雑感について書きたいと思います。
.
.
まずは試合結果からです。
9月13日 Iリーグ第11節
対 富士大学U-22
0-8 負け

自分個人の感想としては、GKというポジション柄、失点を無くしたい、ということに尽きます。
全体的な流れはというと、基本的に相手のパス回しの時間が長いゲームでした。ディフェンス面では自陣ライン際でのボール奪取、バイタルエリアでの球際の強さがもう少しあるといいかな、という印象でした。意図的なブロックと、押し込まれるのは違うと思うので。
オフェンス面では、ウィングやトップにボールを入れた後の選択肢が増えたら、もっと自由度の高い攻撃ができるのかな、と思いました。守る側からしたら、選択肢の多い攻撃は嫌なのかな、と思います。

とは言うものの、年度当初のIリーグの試合を思い出すと、いろんな面が改善されたとも思います。試合中にラインの高さをピッチ内の選手で調整したり、ロングフィードとショートパスを使い分けたりできるようになったのは成長したところだと思います。約半年、試合経験を積んで、成長した部分は確かにあるのでリーグ後半戦でもいろんなことを吸収できたら、と思います。
.
.
.
.
.
そういえばなんですが、この前中学時代の同級生に遭いました。近所のセブンイレブンで、8月の下旬くらいだったと思います。
最近連絡もとってなかったので、お互い近況報告をしました。ただの立ち話ですが。大学の4年なので、進路の話になるわけですが、その同級生は首都圏での教員採用試験からちょうど帰ってきたところ、ということでした。
来年になったら自分の同年代のほとんどの人が仕事しているだろうし、そのために今は必至で就活がんばっているんだな、ということを改めて気づかされました。
そりゃ考えたら当たり前のことなのですが、周りに就活生が多くない環境だったので、すっかり忘れていました。

あれ、自分はというと何をがんばればいいんだ?と、ふと考えさせられました。
・・・結論は、目の前のひとつひとつのことをこなすことに全力を注ぐしかないのかな、ということになりました。自分にとっては、部活の練習、試合、準備などなど。(もちろん学生なので学業もですが)。ひとつひとつは小さいことですが、大事なことだと、最近強く感じます。
疲れている日とか、やる気がいまひとつな日とか、コンディションが完璧じゃない日もあるけど、それでも残りの期間できることを積み重ねるしかないのかな、と思います。
いい結果が出るのか、悪い結果が出るのかは、終わらないとわからないですし。

4年の9月にもなって、ぼけっと考えました。
.
.
.
.
.
さて次回予告です。
次回は、体を張ったプレーでサッカー部屈指のカードコレクターとしての信頼と実績を盤石のものにしつつある、3年の冨田君が書いてくれます。
それでは。

外から見たサッカー部

速報です。秋季リーグ第1節 VS東北学院大工学部は20-0で勝ちました!

 

こんにちは、4年鈴木翔太です。まさか引退した自分にブログリレーが回ってくるなんて驚きと嬉しさが胸の中で高速ラリーを続けているような感覚です。指名してくれた涼平とはアパートの距離だけではなく心の距離も近かったと再認識することができ嬉しく思います。一方、1年生の初め僕が尾○ちゃんを部活に誘い、以降も部活での苦楽をともにした仲だと思っていたのですがブログでは僕の記事はなく、彼は遠い存在になってしまいました・・・(ゲームキャプテン頑張ってね)

 

さて、ブログの内容ですがせっかく引退してサッカー部から距離を置いた身なので、今週のサッカー部の雰囲気ではなく、引退してからの生活と後輩たちに伝えたいことを書きたいと思います。だらだら書きますがお許しください。

 

まず引退後の生活について、

私は3年の11月に引退しましたがほかの人よりは引退後のギャップは少なかったです。なぜならプレーヤーとしては5月に辞めていたため、引退=運動量の変化とはならなかったからです。また、引退したら暇になるんだろうなぁと思っていたのですが1週間の韓国実習や公務員試験の勉強などがあり時間ができたと感じることはほぼありませんでした。そんなこんなで12月1月2月は期末試験や公務員勉強、3月から7月までは公務員勉強と民間就活の両立があったため時間的にも精神的にも余裕はなかったです(私が要領悪いのもありますが・・・)。しかし、おかげさまで自分が納得できる進路を決めることができたのでよかったです。

引退して思うことは4年まで部活を続けたかったということです。怪我や試験勉強など引退すべき要因はあり、引退したことは正しかったのですができるのなら続けたかったなぁと思います。私自身大学生活のほとんどがサッカー部の活動を占めていました。大変なこともありましたが充実した日々を送っていました。そのためサッカー部以外でのつながりは薄く、引退してからは会話をする回数が減りました。そこでサッカー部の楽しさを再認識しました。また、多くの人は大学が本気でサッカーに取り組む最後の機会です。その期間を1年短くせず妥協しないで最後まで駆け抜けてほしいです。

 

 

次に、後輩たちに伝えたいこと

引退してからほとんど部活に顔を出すことがなかったのですが8月に入ってから何回か参加することができました。そこで感じたことが3つあります

 

1つ目、元気ですか?

挨拶その他もろもろ声が小さく元気がなかったように思います。部活動なので最低限のあいさつはするべきです。元気がいいと先輩たちも声をかけたりアドバイスをしてあげたくなります。ちなみにこの前は誠一郎が一番元気でした。

 

2つ目、先輩の威厳みせてる?

ちゃんと後輩の面倒見ていますか。3.4年生は自分のことだけではなく下のことも気にかけるべきです。怒ったり厳しくすることは嫌かもしれませんがチーム、個人が成長するためには必要なことだと私は考えます。

 

3つ目、怪我には気を付けて

練習前のアップと練習後のダウンはまじめにした方がいいです。せっかく練習30分前に来ているのだからアップをしっかりして100%で練習にのぞみましょう、そして練習後は時間をかけてダウンしましょう。僕は君たちの1年後を見ています・・・

 

 

最後に各学年にメッセージ

1年生 フィジカルを鍛えよう!

1部はほとんどフィジカルおばけなので来年闘うためにはフィジカル強化は必須です。また、フィジカルを強化することはプレーの幅を広げます。

 

2年生 もっと試合に出よう

君たちの学年はいわゆる「当たり年」なのでスタメンの半分以上が2年生くらいになってほしいです。来年は君たちが主役ですよ・・・

 

3年生 引退しないで

4年まで続けてください。一番楽しいのが4年生です。来年OBとして部活に顔を出したとき君たちがいないなんて寂しすぎます。

 

4年生 仲間外れにしないで

ご飯に誘ってください。君たちとご飯を食べるのが今の生活で1番の楽しみです。

 

 

犬や猫は生まれてから最初の1年で人間でいう20歳まで成長するといわれています。そして人間は20歳までで人生の半分を体感するといわれています。その最後の2年と次の2年を大学サッカーに費やすとはこれまた巡り会わせです。1つ1つに縁を感じこれからも生きていきたいものです。

 

これにて今週のブログを締めたいと思います。

来週は永井君よろしく!

遠征、秋季リーグに向けて

はい、このリレー形式のブログになって初投稿してから約1年半。やっと二回目の自分の番が回ってきて嬉しさと恥ずかしさと何書いていいかわからない気持ちと様々ですがブログ書きます。
まずは名乗りましょうか、お久しぶりです、四年目樫村です。ちなみに去年の主将です。今年は主将佐藤、副主将尾上、國分の相談役として活躍しているとかいないとか、、、なんだかんだいって結構自分もメンバー選考に絡ませてもらっていて、四年生は老害とか言われてて結構部内での立場が縮小傾向ですが今の立ち位置すごく美味しいなと思っていたりします。そんなこんなでほんとに今回のブログは何を書こうかと迷っております。。。
とりあえずは9月1日~4日まで石川県の和倉温泉というところで大学サッカー交流戦が開かれ、参加してきました。東北大学はA.B.Cの3チームで参加させていただきました。それぞれのチームで目標やどんなサッカーをするのか意思統一をし、試合後にはミーティングをして日を追うごとに良くなっていったのではないでしょうか?試合結果は3チーム分書くと量が多くなってしまうので割愛させていただきます。もし詳しく知りたい!という方がいらっしゃいましたら個別に主務の戸澤君に聞いてみてください。彼ならきっと迅速丁寧に教えてくれるはずです。彼はできる男なので。

遠征前日に主将佐藤が交通事故で今季絶望という知らせが届いたり、案の定出発日には一年生加藤が寝坊遅刻し、新幹線で現地集合するなどいろいろありましたが佐藤の穴を埋めるかのように活躍してくれる選手たち、遅刻を挽回するかのように加藤は今回の遠征でチーム最多ゴールを叩き出すなど全体としては内容のある充実した遠征になったのではないでしょうか。
そして四年生小関は遠征後の練習を風邪で欠席するという始末。
皆さん小関が風邪を引いたということはもう季節は秋ですよ。。。早い。。。

最近の仙台は雨の日が続いて評定グラウンドはぐちゃぐちゃで、満足のいく練習ができません。でも、安心してください、今週から泉練ですよ。
みんな待ちに待っていたことでしょう。人工芝のグラウンドで思いっきりサッカーができる喜びは言葉では表現できません。チャリ組の方々は毎朝大変でしょうが、いいアップだと思って頑張ってください。

そんなこんなでまとまらない話をつらつらと書いてきましたがここから真面目な話をします。ほんとに真面目です。

私は東北大学のサッカー部に入部してからずっと試合に出させていただきました。昨年自分がキャプテンの代で東北リーグ2部に降格という結果になってしまい本当に悔しい思いをしました。そして、それまで1部リーグで戦うことができたのは先輩方のおかげだと思い知りました。先輩方が積み上げてきたものを自分の代で崩してしまったという思いが強く残りました。今週から始まる秋季リーグではその思いを晴らすためにも必ず1部リーグに昇格したいと思います。これは自分だけの力ではできないと思います。試合に出るメンバー、応援してくれる部員、支援してくださるOB会、経済的、精神的に支えてくれる親、いろんな人たちの力があってのことだと思います。

四年生になり、本気でサッカーをするのは今年が最後だと最近になって実感が湧いてきました。泣いても笑ってもあと2ヶ月本当に悔いの残らないようにしたいと思います。

ということで真面目に書いたところで自分の番は終わらせていただきます。
みんな怪我だけはしないように練習頑張りましょう!

次回は昨年の副主将兼Cチームコーチの4年目鈴木翔太君にお願いします!
今日も1日を無駄に過ごしたとツイートしてたのでじっくり文章考えてくれるはずです!
では!