ご報告とお詫び

ホームページ管理人の3年,冨田です.

いよいよ5セメになり,毎日授業やら実験レポートに苦しんでおります.サッカーをすることが生きがい,そんな生活です.

さて,本題のご報告ですが,何度もこのブログを通じて伝えていた部活動の正式名称が間違いであることが確認されました.我々は「学友会蹴球部」ではなく,「学友会サッカー部」でした.訂正してお詫びいたします.

この経緯ですが,大学側に名称が間違っていると指摘されたことが発端になります.今回の件は,規約に名称として「東北大学学友会サッカー部」との記載があることから発覚しました.私のミスなので,あまり大きな声で言えないのですが,今年の2月に大学側にロゴ申請のため,教務課へ申請用紙を提出しに行ったところ,名称が異なるため,正式名称である学友会蹴球部に名称を訂正して直してこいといわれました.おっと,声が野太くなってしまいました.こしょこしょ話のような小声は私には難しいようです.

 

さて,今回の原因をおさらいすると,私がサッカー部の規約を確認せずに,ホームページを作成してしまったことから起こってしまいました.申し訳ありません.心の中では,”誰が規約なんて読むんだよ!規約なんてあったんかい!そもそも主務とか会員の投票で選出されてないし!ってか正式名称を間違えてくる教務課どうなっているんだよ!”などというものには気づかないふりをしつつ,これからもホームページを更新していきますので,これからも閲覧していただければと思います.あ,また声が野太くなってる

 

写真は頂いた写真です.

DSC_1164DSC_1282

偉大なる田中先輩

 

天皇杯二回戦

ブログの更新が遅くなって申し訳ありません。2年の石川湧己です。

先週の試合の結果を報告します。

天皇杯二回戦   vs  中新田FC

4-3  得点者 門脇3 樫村

前半の立ち上がりに2失点してしまう苦しい展開でしたが、前半の終了間際に同点に追いつくことができたので、それからは落ち着いて試合を運べていたと思います。しかし、終了間際のフリーキックの場面では、簡単なミスから失点してしまったので、なくしていかなければなりません。お互い健闘したため、厳しい試合でしたが、まず勝てたのでよかったと思います。先週に内閣総理大臣杯を敗退してしまってすぐの試合だったので、モチベーション的に難しかったかもしれませんが、しっかり切り替えて次の試合も頑張りましょう!

話は変わりますが、個人的なことについて書きたいと思います。前回のブログでもありましたか、僕のあだ名は「ゆうくん」だったり「中学生」とかだったりで、2年生みんなから言われます。バカにされているのか可愛がられてるのかはわかりませんが、かまってもらえるのでなかなか楽しいです笑。でも、もう大学2年生だしそろそろ「高校生」くらいには上げて欲しいかな笑。顔が幼いとよく言われるので怖い顔してサッカーしようと思います。

次回のブログは、いろいろと飽きっぽい2年生の堀山輝にお願いしたいと思います。

うんざりsummer

こんばんわ。最近久美食のメニューの制覇を目論んでいる2年の堀込です。タイトルは気にしないで下さい。更新が遅くなってしまいすいません。まず先日行われた総理大臣杯の結果です。

image

総理大臣杯2回戦 対 秋田大学

6ー1   得点者 黒田4、高橋、冨田

総理大臣杯3回戦 対 東北学院大学

1ー3 得点者 樫村

上記の結果となり、東北大学はベスト8で敗退となりました。内容としては、秋田大学戦では試合開始早々先制することができ、ボールを持たせてしまう時間がありましたが、得点を重ね試合を有利に運ぶことができました。東北学院大学戦では相手選手の個の力、連携により押しこまれ、前半に2失点、後半に1失点後1点返すもそのまま試合終了となりました。2試合途中出場したのですが、学院大の選手との個の力の差を痛感しました。日々の練習から個人個人のスキルアップ、また上のレベルで戦えるように早いプレスを心がけていかなければいけないと思いました。今週も天皇杯があるのでまた引き締めて練習していきましょう。

 

今回の大臣杯を区切りに諸事情により休部、退部する人がいて、非常に寂しいです。しかしこれで縁がきれるわけではないので、気軽に部活に参加したりしてもらうとうれしいです。

次は2年生の間で圧倒的人気を誇るアイドル牧野につぐアイドル「ゆうくん」こと2年石川湧己にお願いしたいと思います。拙い文章となりましたが、お付き合いありがとうございました。

 

総理大臣杯予選開幕

こんにちは。経済学部2年の門脇蒔人です。週末に総理大臣杯予選の初戦とクラブリーグが開催されたので、まずその結果から紹介したいと思います。

クラブリーグ第3節
TOHOKU FC vs OCT愛子
3-2
得点者
戸澤 聖(3年)
相楽 翔(1年)
櫻田 尚大(1年)

image

前半は良い形で2点を先制し、2-0で折り返すことができましたが、後半に追いつかれ、試合終了間際に試合を決めるという展開でした。2失点してしまったことはしっかりと原因を特定して改善していかなければならないと思います。しかし、先制点を奪って試合のペースを握れたこと、追いつかれた後に気持ちを切り替えて勝ち越すことができたことは、この試合の良かった所だと思うので、どんどん伸ばしていくべきだと思います。
総理大臣杯予選1回戦
東北大学 vs 岩手県立大学
1-0

得点者
樫村 涼平(4年)

image

基本的に東北大学がボールを支配し、相手コートでサッカーをする時間が長かったものの、ペナルティエリア付近に密集している相手の守備をなかなか崩し切ることができず、前半の途中までは苦しい時間帯が続きました。そんな中、4年の樫村がFKを直接決めてリードを奪い、それ以降は試合の主導権を握ることができました。
追加点を奪えなかったこと、カウンターで何本か危険なシーンを作らせてしまったことなどについては、しっかりと話し合いをして改善しなければなりません。しかし、初戦を無失点で勝ち切ることができたことは、今後にも繋がる良かった点だと思います。

これから試合が続いていくので、苦しい試合でも勝つことができる強さを持てるように、日々の練習から気持ちを高めていきたいと思います。

 

 

 

天皇杯初戦

こんにちは。2年生の戸嶋健人です。

タイトルにある通り、昨日5月3日に天皇杯初戦がありました。その結果報告といきたいところですが、まず最初に4月29日に行われたIリーグの結果から報告したいと思います。image

 

vs仙台大学B1

場所:仙台大学グラウンド

結果:1-9

得点者:柴藪圭吾(2年)

完敗でした。終始防戦一方で、仙台大学との力の差を改めて見せつけられた試合となりました。この結果を引きずらないで次に切り替えていきたいです。

続いて天皇杯初戦の結果報告をしたいと思います。

image

 

vs塩釜ウィーゼ

場所:松島フットボールセンター

結果:2-0

得点者:黒田彬央(4年),門脇蒔人(2年)

初戦はその後の試合にも影響する試合なので、快勝できてよかったと思います。僕は試合を見ていないのですが、良かった点、悪かった点など確認して次に繋げて欲しいです。

 

最近は暖かくなってきましたが、気温の寒暖差が大きいので体調管理には気をつけましょう。以上、長文失礼しました。

次は天皇杯得点者の2年門脇にお願いしたいと思います。